Main | 2-0は怖い »

2004.04.16

ロスタイムの使い方

 14日に万博で行われたガンバ大阪vsジェフユナイテッド市原をテレビ観戦した。
ジェフが先行し、ガンバが追いつくという展開になったこの試合、どうしても気になるのがロスタイムで最後になるかという時間帯での巻のプレーだ。新聞などのコメントで林が自分にボールを出してくれれば何とかできたのにと言っていた。

確かにこのプレーは巻が上がり気味だったガンバのDFを抜けキーパーと1対1のような形になったが、シュートとも言えないキックでキーパーに取られ、その後の速攻でマグロンに決められ同点終了という実にもったいない形で終わった。
この巻が抜けたところで林も逆サイドにいてフリーだったというのがポイントでガンバのDFを引きつける時間稼ぎの仕様もあったし、戻ってこようとしていたDFをぬけてゴールすることもできたというのが林の怒りの理由だった。
たしかにここで落ち着いて賢くプレーすることが勝ち点3につながっただろう。
ドーハのプレーといい試合を決める重要な要素なのは間違いない。

 ただこの試合、阿部勇樹、サンドロ、マルキーニョスと言ったメンバーがいない中で頑張ったのかもしれない。でもだからといってこれでOKといったら勝利のメンタリティーはいつでも掴めないままになる。

Main | 2-0は怖い »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ロスタイムの使い方:

Main | 2-0は怖い »

March 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ