« ハンガリー戦 | Main | 失望と歓喜(;_;) »

2004.05.03

千葉ダービー

 やっぱりダービーマッチは違う。ここまで調子のでなかった柏レイソルがガチできた。なんとなくやれていると思ったおいらもレイソルのラフプレーや転び方にめちゃくちゃむかついた。
日本代表の玉田と茶野のマッチアップはすごかった。しかし阿部勇樹のプレーに緩慢さが目立ったし、坂本のプレーの精度にがっかりするなどジェフの方も調子がよいとは言えず、引き分けなのは仕方ないかなと思ったりもした。でもジュビロが負けた。こういうときこそ、勝たなくてはいけないはず。

 立ち上がりからジェフがゲームを支配できていた。レイソルの方がかなりカウンターを意識して引き気味だったというのもあったかもしれない。結構簡単に相手のゴール前に行けてしまっていた。しかしなかなかシュートを打ってもレイソル守備陣に跳ね返されてしまっていた。プレー自体も雑でラストパスの多くが意図がよく分からない状態だった。このままでは攻め疲れてレイソルに持って行かれるのではないかと思った、前半30分勇人のシュートがはいった。入った瞬間それると思っていたのでよく分からなかった。でもよく見るとゴールの中にボールが転がっていた。
 しかしずっとショートパスはミスが多いし、ロングパスを巻にあわせているもののうまくキープができない。どこかぎくしゃくしているなぁと思いながら観戦していた。そうしていたらまた
問題点が出てきた。DFが下がりすぎているし、ボランチもサイドもディフェンスに吸収されて2列目からの攻撃に対処が遅れていた。もう少し前からプレッシャーをかけていって欲しいなぁと思いだしていた。そんなディフェンス面での後手後手ぶりがはっきり出てしまったのが後半の失点場面だったかもしれない。
 この試合勝たなくてはいけない。そういうジェフの意識の空回りを誘うように、レイソルのラフプレーが増えてきた。ジェフも流れを変えるべく林を入れたがうまくいかなかった。林にも再三のチャンスがあったが、なぜかきちんとシュートにならなかった。あそこで決めていたらという場面も多く、なにより追加点を取れなかったことで引き分けという結果になってしまった。頭の中にジュビロが負けた、ここで勝てば勝ち点差が2となり後で楽になるということが浮かんでいた。もしかしたら相手のレイソルではなくてジュビロと戦っていたのかもしれない。臨海に漂っていた生ぬるい雰囲気がオシム監督の言う勝者のメンタリティーをもてないままでいさせているのだろうか。

« ハンガリー戦 | Main | 失望と歓喜(;_;) »

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 千葉ダービー:

« ハンガリー戦 | Main | 失望と歓喜(;_;) »

March 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ