« ジェフも大志を抱く | Main | よく追いつけたなぁ »

2004.05.22

臨海無敗記録は勝てなくて続く

2004.5.22     市原臨海
            ジェフ  vs  セレッソ

              1   -    1

          得点者  ジェフ  山岸
               セレッソ  森島
 
 う~んなんだかなぁ。5月に入ってから歯車があってないというか、走りながら考えるはずのチームが立ち止まって考えてしまっている。そんな感じの試合だった。 

 出場停止の茶野がワンコイン企画の売り子になって、代役は坂本となった3バック。大久保のマークにつく形が多く、あまり競り勝てていない感じで不安が先に立った序盤だった。それでも何とかチャンスだけは多く作れたが、良い形のシュートはほとんどなかった。ここ数試合の相変わらずのぐだぐだぶり。ただそれだけではなく、動けている選手がほとんどいない状態。サイドに押し込まれてせまいところを通そうとする、センターの方ではマルキーニョスが結構フリーになっているというのに。視野は狭く、パスにはミスが目立った。
 後半すこし動きがよくなったかなと思ったら、逆にセレッソの方が細かいパスをつないだあげく森島がシュートを決めた。こういうプレーはvジェフの方が得意ではなかったか。それに棒立ちのままファールすらできずにシュートされるなんて、あきれて怒る気すらならず見とれてしまった。追いつくためには動いた方が良いなと思いだしたときに、ベンチも動いた。びっくりしたのは、比較的動けていて、対面の佐藤悠介を結構押し込んでいるように見えた山岸も交代させるボードが見えたことだった。そんなときに山岸がサイドから切り込んでシュート、ゴールを決めた。思わず山岸の交代やめろと声を出した。ここで林がサンドロに変わって入ってリズムをかえたが、ゴールには結びつかなかった。結局山岸にかえて巻も入ったがほとんどなにもできなかった。1-1の引き分け。臨海では負けはしないが、勝ちもしないそんな試合が続くのか。
 この試合の中で気になったのは、羽生の動きだった。左サイドにいることが多いのはまぁいいとして、村井がボールを持って駆け上がっているときにすらサイドの狭いところにいて、そこにボールを出せというプレーが多いことだ。その内側にスペースがあって、そこに走り込んだ方がいくつもの選択肢があるのにサイドにいたまま。ニアーでもっと勝負するべきなのに、それができるのは林しかいないという現実。去年から羽生の出来に左右されることが多いが、もう羽生と心中は嫌だ。早く羽生の競争相手を作る必要を強く感じる。

« ジェフも大志を抱く | Main | よく追いつけたなぁ »

ジェフ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 臨海無敗記録は勝てなくて続く:

« ジェフも大志を抱く | Main | よく追いつけたなぁ »

March 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ