« 2ndステージ開幕!! | Main | 嵐の中での勝利 »

2004.08.23

新潟では選手も監督もサポもヘロヘロ

2004.8.21 新潟ビックスワン

   アルビレックス  vs  ジェフ

      3      -    3

   得点者 アルビ エジミウソン ファビーニョ オゼアス

        ジェフ サンドロ マルキーニョス マルキーニョス

204938_filtered.jpg
 写真は終了直後の選手達そのほかの写真はこちら

 サンドロの先制でリードしたものの追加点がなかなか取れなかった。1stの新潟戦の苦戦も頭によぎり追加点が必要なのだがと思った。そんなときオゼアスからエジミウソンが決めてしまった。4万人の後押しはすごいやという声援で流れが新潟に傾いたり、焦られるのはつらいなと観察してみた。その後ジェフはマルキーニョスが追加点、すると前半終了前に新潟のファビーニョが同点弾を決めた。結果を見れば追いつ追われつといった感じだが、新潟のエジミウソン・オゼアス・ファビーニョのスピードにジェフのディフェンスが後追いになって失点している感じだった。この3人へのパスの出所をうまく押さえる中盤での守備がうまくいっていない感じがした。それでもDFは前半の途中からしっかりマークするように修正をしていたし、もうこうなると頑張れ工藤!!と言うしかない。
 後半開始直後新潟のオゼアスが勝ち越しゴールを決めた。林を入れて点を取るしかなくなってしまった。ここから神経がひりひりするようなプレッシャー戦になった。ジェフはDFのラインを上げて前線からプレスをかけ相手の裏をつく攻撃をしかけていった。うまくボールをつなげて攻撃が出来ているうちはいいが、DFの裏にボールが出るとキーパーと1対1になってしまう。実際何回か危ない場面があって駄目かとなってしまったことがあった。そんなピンチをなんとかかわしてせめるが、新潟もディフェンスを下げて対応してくる。きついなぁと思ったとき、マルキーニョスが決めてくれた。これで少しは楽になった気もするが、ジェフの方もここまでの試合運びで明らかに運動量が落ちてきている。交代で入った巻や楽山には前線からプレスをしてうまくいけば得点に、そうでなくてもディフェンスに貢献して欲しいところ。楽山はちょっとうまくいかなかったところもあったが、まぁこんな感じだろう。というところで流れが新潟に傾いたかなとおもったが、時間終了。引き分けで終わった。
 サポゾーンにはいなかった自分も思わず声を出してしまう、ひりひり感。睡眠不足から来る頭痛もアドレナリンで治まってしまった。引き上げてくる選手達も疲れ果てていたし、監督は他会場の結果を聞きながらコーチ達と語っていて、引き上げてくるときに疲れたよというジェスチャーで答えてくれた。
新潟の方は4万人の声援をうまくエネルギーに変えられていないなぁという気がした。

« 2ndステージ開幕!! | Main | 嵐の中での勝利 »

ジェフ」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

Comments

コメントありがとうございます。
写真を見て頂くとだいたいの場所が分かりますよね(^^;
まぁこの日はメインにおりました。潜入系なので結構おと
なしかったつもりなんですが・・・。
 これからも、よろしくお願いします。

初めまして。時々拝見していました。

鹿島戦でなく新潟戦にコメントしてしまって、すみません。写真を見ていたら…どうも自分の席と近かった方のように思えてしまって…。通路挟んで…って感じで(笑)。勝手な思い込みならごめんなさい。

カシマスタジアムも行きましたが、雨でびしょぬれでした。勝利でよかったです。お疲れ様でした。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 新潟では選手も監督もサポもヘロヘロ:

« 2ndステージ開幕!! | Main | 嵐の中での勝利 »

March 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ