« August 2004 | Main | October 2004 »

2004.09.27

勝ち点3が頭にちらつくと・・・

2004.9.26  柏・日立台
    レイソルvsジェフ
     0   - 0
    得点者 無し
185149.JPG
あれやこれやで、頭に来てほとんど写真を撮らなかったので今日はこれだけ。白井市デーということで来ていた梨坊。
頭に来たことと言えば、審判!!!。まぁジャッジの基準があいまいだったとか言われているようだけど、その辺は仕方がないといってもいい。だが、PKの時マルキーニョスが蹴る前にレイソルの選手がペナルティーエリアに入っていた事実はどうよ。明らかにおかしいだろう。と吠えてみる。
 それにしても、レイソルはアグレッシブに動いてきてジェフ的にヤバイと思った。気持ちで来るチームに非常に弱いんだなぁ。ジェフもうけに回って出だしはどうなるかと思ったけど、レイソルは結局玉田だけじゃないかという状態だった。羽地もがんばっていたけど。
 問題は中盤にあるような気がする。今日はトップ下に羽生が入ったが、羽生はなんであんなにサイドライン寄りにポジションを取るのだろう。今日の前半は村井の動きにふたをしてしまっているように見えたし、他の選手のサポートに行くのも時間がかかりすぎる。工藤の方がまだ中で勝負する分だけおもしろいかなと思う。後半サンドロが下がってから特にパス回しの時に実感した。後は巻がボールキープすべきところで、ことごとく失敗していたのにはがっかりした。後半のロスタイムのピンチは巻のボールキープ失敗から始まっていたし、他の所ではチャンスを潰していた。FKのグラウンダーもありえないだらけで、監督は練習するほど下手になるから練習しないというコメントをしていたっけ。
 PKは南にやられたというか、南の方が一枚上手だった。ボールをセットしたマルキーニョスにあれこれ言って、セットをし直させている。キックをするまでにいろいろあると、気持ちの上でGK有利になることがある。ちょうどそんな状態になってしまったようだった。
 対戦相手を見て何か勝てるさと思うと、足元をすくわれる気がする。やっぱり平常心で行くべきだ。
次は1位2位の対決浦和レッズ戦だ。その前にマルキーニョスが左足のアキレスけん断裂で今期絶望。全員で頑張らないと行けない崖っぷちにたたされた。このあとも苦手のチームが続く。厳しすぎるなぁ。
 

2004.09.24

大分を完封

2004.9.23  市原臨海

   ジェフ    vs   トリニータ

    2      -     0

 前半無得点で先日のセレッソ戦が頭をよぎり、嫌な感じがした。後半トリニータのサンドロが1発レッドで退場し10人になったところを攻め2点取り勝利した。
今日のアルバム

Continue reading "大分を完封" »

2004.09.21

Today is bad game

 2004.9.19  長居スタジアム

    セレッソ  vs   ジェフ

     3     -    0

 得点者  セレッソ  大久保×3
        ジェフ

  立ち上がり攻め続けたジェフだが、30分過ぎの大久保の得点をきっかけに流れはセレッソに。その後も攻撃のチャンスはあったもののシュートがゴールの枠にほとんど行かず得点ならなかった。
 そんな今回の旅は神戸ウイングのヴィッセルvsガンバ&Lリーグ宝塚vs田崎もあわせてこちらのアルバム

Continue reading "Today is bad game" »

2004.09.14

ぴあジェフユナイテッド市原トークバトル

P1000006_filtered.jpg
 9月12日に行われた「ぴあトークバトルジェフ市原」というイベントに行って来た。阿部・茶野コンビに目新しさを感じなかったが、ちょっとした義務感とわずかな期待を持ってとりあえずというくらいの感じ。試合会場の優先販売があったからというのが一番の要素かなぁ。
 会場内で80個限定の福袋が販売されていた。この福袋にはこの日の打ち上げに参加できるなどのプレゼント抽選券付きというのですかさず購入。抽選券の番号が”中島”でそれだけではずれた気分(実際はずれた)。中身も目新しくなかったが、買っても良いかなと思っていた犬のぬいぐるみが入っていたので良しとしよう。
 会場は小さいホールに変更になったという話もあったが、予定通りの1,000人収容のホールだった。そこに340人程度だったので後ろの方はちょっと寂しかった。
 トークの内容は、最初に11問のクエスチョンにイエス・ノーで答えてゆき、その内容をネタに発展させていこうという流れだった。この辺のトークの話題の主役はオシム監督と坂本。特に坂本は前日の試合で退場しているのでその辺の話題からつっこんで行っていた。茶野は試合後のドーピングで坂本と一緒だったので悔しがっていた様子なんか結構話してくれた。監督の話では、阿部が先輩の選手に言われて休みをくださいと言いに行った事件などがおもしろかった。最初はその休みが欲しいと言えと行った先輩は誰?というつっこみで中西哲生が自分の後輩?みたいなことをいったので、たぶんほとんどの人が望月の名が浮かんだところ、斎藤大輔も後輩に当たることが判明。ここではうやむやだったのがあとで、本当に言いに行ったという話を阿部がした。ここで「あっ言っちゃった。」みたいな感
じで顔が赤らんでいた。言いに行ったとき、監督は相手にしてくれなくてあっち行けというジェスチャーで撃沈だったそうだ。
 茶野の話では最初監督の臨機応変さにコーチがついていけなくて切れそうになっていたというのが印象に残っている。代表の話もあったが、あまりつっこみがなくて物足りなかった。
 やっぱり阿部はしゃべることが苦手なんだなぁという感じで、その分茶野がうまくしゃべっていた感じ。阿部のおしゃべりをみたいならファン感の方がいい。でも見た感じ当人比120%という感じ。そういう姿を見れただけでも楽しい時間だった。忘れてはいけないのは茶野の1位じゃなかったら2位も最下位も同じという発言。たぶんあの場にいてサイトを持っている人ならみんな書き込む言葉なのでお願いしますよ。

2004.09.13

坂本の連続記録は切れても・・・

 2004.9.11  市原臨海

          ジ ェ フ  vs  ヴェルディ
    
            2     -    1

  得点者     ジェフ   サンドロ  坂本
          ヴェルディ  桜井

  ジェフは2点先行するも、2点目を取った坂本が直後のプレーで1発レッドで退場。ヴェルディの桜井にPKを決められた。1人少ない中何とか守りきり、臨海での不敗記録はのびたが、坂本の3年越しの連続出場記録は89で途切れることになった。今日のアルバムはこちら

Continue reading "坂本の連続記録は切れても・・・" »

« August 2004 | Main | October 2004 »

March 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ