« 完敗(こうさぎ) | Main | マリノス戦での新潟支援活動 »

2004.10.31

勝負所での弱さは痛すぎる引き分け

2004.10.31   市原臨海
165024_filtered.jpg
  
     ジ ェ フ  vs  ガ ン バ

       2    -    2

    得点者  ジェフ   羽生  オウンゴール

          ガンバ   遠藤   二川

 優勝争いに首をつっこむためには、絶対に勝たなくてはいけない試合だった。
阿部の粘りから前半2点先制したものの、後半追いつかれ引き分けてしまった。

 前半立ち上がりはちょっとかたさが見られた。それでも中盤から裏を取る動きを見せていた阿部がうまくうごき、ガンバDFのミスを突き羽生にパス、先制点を取った。この試合、ガンバが立ち上がりからジェフのサイドを押さえるためか4バック、対するジェフは巻のトップ水野と羽生の2シャドウといった形を取っていた。高いガンバのDFにプレッシャーをかけるには羽生の動きと中盤からの飛び出しがポイントだと思っていたので、この形の得点はうれしかった。そのあとは危うい場面も多くこのままで行くわけないなという気分だった。とくに守備の基本がマンマークのジェフは全体的に下がりすぎて、バイタルエリアを明け渡しがちだし、シジクレイのといった選手に上がられたときの対応も問題になる。
 緊張した流れの中で、またも阿部からチャンスを作った。阿部のボールが巻にわたりシュートしたがそのコースじゃ入らないよと思ったそのとき、ガンバの選手がゴールを手伝ってくれた。ゴールに戻ろうとした宮本の足にうまく当たったのだ。この得点は44分と良い時間に取れて、気持ちがゆるんだのかもしれない。
 
 後半は最悪な形だった。2点を守ろうとしたのか、攻撃にリズムがなくなってしまった。しかも下がりすぎてDFラインに入りすぎ。中盤でボールを取ることもままならなくなっていた。バランスが悪く間延びした状態。こぼれ球も相手に取られてばかり。これではいつ失点しても不思議じゃなくなってしまった。せめて、村井でももうすこし前でプレーしてくれないかなと思ったとき橋本から遠藤にボールがわたり、競りきれないまま決められてしまった。この試合の一番のポイントはこの後訪れた。
 後半27分ぐらいの混戦からのシュートがゴールに入ったものの、オフサイドの判定。選手やサポーターの意識がこのゴールに残っているうちにガンバがリスタートした。我に返ったときはすでに遅くシュートに持ち込まれてしまった。
この時きちんと指示を出せる選手がいたらなぁと混乱していた自分への自戒も込めて言ってしまおう。スタジアム中で「やったぁ~」というところから「どうして?」とうまく切り替えられない中冷静だったのはガンバの選手達だったということだ。ここできちんと下がって守備に切り替えていればと思わざるを得ない。ここが勝負弱さのポイントなんだろう。その後猛攻したものの得点できず引き分け。中盤の運動量が落ちたところで替えられる選手がいないし、簡単に変えられる流れでもなかった。けが人がこんなにでなかったらなぁという泣き言もせんのないこと。

 来年に目を向けなくては行けないのかなと思いつつ、とにかく次からすべて勝てば何が起こるか分からないじゃないかと強気に出てみる。とにかく1戦1戦目の前の敵をたたけ。

« 完敗(こうさぎ) | Main | マリノス戦での新潟支援活動 »

スポーツ」カテゴリの記事

ジェフ」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 勝負所での弱さは痛すぎる引き分け:

« 完敗(こうさぎ) | Main | マリノス戦での新潟支援活動 »

March 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ