« 空虚さと大勝と(神戸戦) | Main | オシムとかU-31とか »

2004.11.23

あきれた引き分け(FC東京戦)

2004.11.23   味の素スタジアム
164903.JPG

   FC東京   vs    ジ ェ フ

     3     -      3

   得点者  FC東京  9. ルーカス 15. 鈴木 規郎 23. 梶山 陽平  
         ジ ェ フ  18. 巻 誠一郎 18. 巻 誠一郎 7. 佐藤 勇人
 このところ引き分け続きのこのカードは、ジェフが先行するも追いつかれてしまった。
そんな今日の写真はこちらで

 前半の立ち上がりそうそう、FC東京の意識が整わないうちに巻が得点を決めた。こういうシュートが見たかったんだよ!!と思わず声が出た。でももっと凄かったのは2点目で、あんなかわし方が出来るのなら今まででもやれたはずだろうと思った。帰ってビデオを見るとなんかトラッピングの失敗気味が良い方向に流れたようにも見えてしまった。でも、巻がしっかりとボールを追いかけている姿を見ると、良いときの巻に戻りつつあるのかなと思う。
 2点先行した後油断したのか、集中が切れたプレーが目立ちだした。水本と結城、ミリノビッチのDFラインは不安定で特に水本のミスが目立った。前半24分の結城のラフプレーでのPKはいろんな意味でよけいだった。
 前半のロスタイムのファールって、巻のことなんだろうか。あまり審判に文句を言いたくないのだけれど、ビデオを見ても写っているのによくわからないファールってどんなのだろう。もし巻の接触プレーのことなら、ヘディングで競れなくなってしまうよ。結局試合を左右したのはこのホイッスルと言うことだ。

 後半勇人の得点は良かったが、3点取っても勝てそうな感じにならなかった。
攻め込まれてしまって、全体が下がる、するとこぼれ球を拾えなくなる、また攻め込まれると言った繰り返しが多かった。FC東京の2点目なんか下げたボールに誰もついていけずにシュートを決められてしまった。こんな時ほど押し上げて、しっかりボールをつないでリズムを作っていくことが必要なのに、中盤からずるずると下がってしまう悪い癖が出た。この試合の控えが中島、市原、芳賀と言った面々では交代で流れを変えることも出来なかった。中島と市原が出てきたが、これなら変える必要もないのではといった感じだった。特に中島に運動量を期待するのは酷だったのかもしれない。中島を使ったことでおいらは室蘭の試合を思いだしてしまった。3点目の失点はGKの櫛野のセービングミスも絡んで、FC東京の梶山の失敗をフォローするあり得ない動きから決められてしまった。今日の櫛野は不安定なプレーが多かった。そんな悪い流れの中結城が2枚目のイエローで退場すると、相手の攻撃をこらえるので精一杯となった。

 もう今日の試合はひどすぎ。集中は欠ける、特に守備に軽率なプレーが多い、しっかりボールをつながなくてはいけないところでパスミス。これじゃ前の神戸戦の良い感じなんてどこかにいってしまったよ。怒り疲れたのでもう終わり。
 

« 空虚さと大勝と(神戸戦) | Main | オシムとかU-31とか »

ジェフ」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

観戦記」カテゴリの記事

Comments

はじめまして!マイブログリストに登録ありがとうございました!
FC東京戦は、かなり荒れましたね。
前半2-1で勝ってると情報をきき、
急い家に帰って観てみると後半3-3・・・
やっぱり守備は課題ですね。
攻撃は悪くないんですけどね、巻も2ゴール?
だったみたいですし。最終節はどんな試合をするんでしょね。また覗かせていただきます^^

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference あきれた引き分け(FC東京戦):

« 空虚さと大勝と(神戸戦) | Main | オシムとかU-31とか »

March 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ