« 日本代表・ドイツ戦 | Main | 来期の日程&開幕カード »

2004.12.22

サッカー界のチトー イビチャ・オシム

 今度のアエラの現代の肖像にオシム監督がくるよという話を聞いて、ちょっとうれしかった。一応かなり愛読している雑誌で、このコーナーにオシム監督取り上げてくれないかなとずっと思っていた。
 出だしはホーム最終戦での社長の挨拶から、あの「うちにはお金がない」にふれて、サポーターの必死な慰留の姿。でもどうして必死なのかもふれて欲しかった。旧ユーゴの監督時代の話を軸に、ジェフでの話と周辺の話題といった感じ。出てくる話は初めてといったものはなかったが、こうやってもまとまった読み物になると感動する。
 とくに旧ユーゴのいろいろな民族の人に最高の監督はと聞くとオシムだと答えるひとが多いという話。これは同じことをサラエヴォで活動をしている人にも聞いたことがあった。政治とスポーツが絡み民族というデリケートな壁がふさぐ中作り上げた最高のチームの指揮者、そして崩壊した国家と幻に終わったチーム。ユーゴスラビアという民族の連合体を愛し、まとめた監督というので「チトー」ということなんだろう。
 一連の話の中で印象的だったのは、タイトルにもなった「真実ははなさない、真実に近いことをはなす」という言葉かな。
 サポーターが必死になって色々動いているのは、オシム監督がお金で動かないのがわかっていて、情熱を伝えることが重要だと思っているから。フロントも向上心が見えるようにやってほしい。来年は勝負の年だ。
 火曜日恒例の朝日新聞の「オシムの提言」はお休み。また来年らしい。監督の方も来年の1月18日再来日、20日チーム始動とサカマガにも書いてあって安心した。
しょうさんのジェフ夢 時々現実のところとかジェフリスさんのジェフリスダイアリーのところなどいろいろなところでおすすめになっている。

« 日本代表・ドイツ戦 | Main | 来期の日程&開幕カード »

ジェフ」カテゴリの記事

Comments

おはようございます。しょうです。TB,ありがとうございました。

えっと確認なんですが、当方の記事「高松に行こう」からTBされているんですが(^^;、もし、オシム監督関係の記事「真実に近いことを話すことにしている」の方に貼るつもりでいらっしゃったならば、もう一度TBしていただけますか?最初にTBいただいたほうは削除いたしますので。

AERAの「現代の肖像」は読んでいる人も多いと思うので、これがまとまって単行本にでもなれば、いいなぁと期待しています。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference サッカー界のチトー イビチャ・オシム:

» 真実に近いことを話すことにしている [ジェフ夢 時々 現実]
ああ、写真が曲がっている~(朝職場に到着するなり、携帯で撮影)。職場への餞別品などで大荷物だったのだが、駅売りAERAを通勤途中に購入。この記事を書いた木村... [Read More]

» アエラ「オシム特集」お勧め! [ジェフリスダイアリー]
■アエラにオシム特集おすすめです。「最高の監督が格安弱小の市原へ」ってことですね。 サッカーうんちくというよりは、ユーゴスラビアの歴史とオシムが歩んできた人生を... [Read More]

« 日本代表・ドイツ戦 | Main | 来期の日程&開幕カード »

March 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ