« スタンプラリーイベント | Main | オシムの提言??監督??(こうさぎ) »

2004.12.09

オシムの提言~監督~

 さて、火曜日の「オシムの提言」から、今回は監督についてだった。
監督は「サッカーを教えていればいいものではない。選手の心理を観測分析する学者、メディアに対する広報官・・・。様々な役割を求められ、大きな責任も絡む、本当に難しい。」「Jリーグにも印象深い監督がいる。チームを見ればどういう指導者かわかる。」と語っている。
 これを読みながら、Jスポーツのフットボール・アンチクライマックスを見ていた。この回は、原・FC東京VSハン・ベルガー・大分の試合だった。試合前の練習から、試合中、試合後と監督と戦術、選手に関するコメントを織り交ぜていく番組だ。フォーメーションについてでもお互いの監督の違い、似ているところがはっきりしてくる。選手交代の意図についても、選手はどういわれてたのかなどわかって、試合中のあの?がわかってきて好きな番組のひとつだ。残念ながらジェフが登場することはほとんどなかった。といっても、出てくるチームに偏りがあるので、チームがどこまで協力できるかにかかっている気がする。この試合は、両監督が仕掛けて、それぞれ成果を出し、ミスもして引き分けに終わった試合だった。局面の分析を通して監督の個性とチームカラーの関係が鮮明に見えてくる。
 ・・・で、後半部分は、ジーコ監督にも触れられていた。ジーコの放任主義について

何も言わない方が、時には言葉をより伝えることもあるものだ。

 監督といえば、今月号の「UNITED」でベングロシュ氏についての記事もあった。ベングロシュ氏の招待でヨーロッパコーチ連盟のシンポジウムに社長と井上ユース監督が出席した。このシンポはユーロ2004の検証で”IMPOSSIBLE IS NOTHING”がテーマだったとのこと。会合の合間を縫ってジェフを「決してビッククラブではないが、若い選手を育てて成果を出しているチーム」と各方面に紹介してくれたそうだ。そして「ジェフの結果もまいしゅうチェックしてくれている」とのこと。この人脈をもっと有効に使ってほしいなぁ。ベングロシュ・アカデミーの選手を借りてくるとか、ジェフから送り込むとか。いろいろ考えはあるけどお金がないという話も聞いたけど、進歩はないんですかぁ~。

« スタンプラリーイベント | Main | オシムの提言??監督??(こうさぎ) »

ジェフ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference オシムの提言~監督~:

« スタンプラリーイベント | Main | オシムの提言??監督??(こうさぎ) »

March 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ