« December 2004 | Main | February 2005 »

2005.01.31

「ぼくのJリーグライフ2005」

 さて、2005年シーズンの日程が発表になった。この時期になると思い出すのが「僕のプレミアライフ」の一場面だ。以前ジェフ系ブログの人のところでも話題になっていたのだが、おいらの場合は映画ではなく本でしか読んでいない。友達からの誘いを受けると、まずサッカーのスケジュールを確認してからでないと答えられず、重なるとサッカーを優先させてしまうので、友人が減っていくというような感じだった。この場面だけでも他人事ではないと、共感してしまった。

  そういうおいらも学生時代の友人から、久しぶりに遊びに行こうと誘われたが、まずJの日程が出るまで返事を待ってもらった挙句、会えるのはこの日ぐらいという注文をつけてしまった。それでも、いつも誘ってくれる友人たちに感謝。でもその傍らで、遠征計画を着々と練っている。今年の遠征第一弾はナビ杯大分かな。開幕の瑞穂は行かないことにした。

2005.01.30

日本VSカザフスタン

スコアボード

 試合内容としてはそんなに良いものではなかった。相手のカザフスタンのチーム事情の問題が大きくて、得点を決めているのになんだかなぁと思いながら見ていた。日本の選手もコンディションがまちまちで、この時期の試合は去年と同じで難しいなと思った。後半は阿部が福西と交代で入ったことで、見方が変わった。今までジェフの代表選手を見てきたが、ユースから見ているのは違うんだなぁという妙な感慨にふけっていた。フリーキックのときゴール裏からずーっと阿部コールなのはやりすぎとは思ったが、やっぱり見たかった。で、フリーキックの場面には見事にだまされて写真は撮れないは、しっかり見ることはできないはでがっかりした。それでも、4点目のお膳立てで小笠原にナイスパスを出したときやった~と騒いでしまった。大黒も投入されたし、見に来てよかった。

フリーキック

2005.01.23

新加入選手の事その2

 新ユニをオフィシャルで見たときには、びっくりした。紺色ではなくて黒にしか見えなかった~よ。ほかのところで、本当に紺色なんだと確認したときにはほっとした。とはいっても、ユニはたぶん買わないし、着ないのでテレビ栄えがするかどうかが問題なのだが・・・。
 新加入選手といえば、びっくりしたのがユースからの竹田君。目指せFIFA会長か。その頃まで古河閥があるかどうかわからないけど、学業もがんばらないといけないんだよなぁ。でも、ジェフの選手で大学入って卒業できた人がいない。何より通えるのだろうか。心配事ばかりだけれど、今までにないタイプなので楽しみだ。
 広島からの高橋泰選手。まずは、フルで巻とポジション争いをしてくれるといいなぁと期待している。そうなれば、結果がついてくる選手だというのが、広島時代の印象だ。
 あとは、外国人の補強が残っているし、お楽しみはこれからだ。
 久々にスーパーサッカー見ていたら、ジェフの新体制発表と因縁対決になるかとしてジュビロの発表へというリンクになって笑えた。その後数秒だけ、ジェフの選手の施設訪問の場面がでて、楽しそうに遊んでいる姿がみれてよかった。あれって坂本だったのかなぁ。

Continue reading "新加入選手の事その2" »

2005.01.21

新加入選手の事その1(こうさぎ)

penpenは、気持ちをオシムしなかったー。
というのもgu-pinの、実感しないです。
というのもきょうpenpenはgu-pinは気持ちとかサポしないです。


*このエントリは、こうさぎの「penpen」が書きました。

新加入選手の事その1

 瀬戸春樹の加入は、ちょっと感慨深い。というのも、ジェフだけでなく横浜フリューゲルスを応援していた時代がある。今は縁遠くなってしまった当時の友人から、フリエ最後の練習にいたほとんどの選手のサインの色紙をもらった。あれは貴重なお宝だ。とはいっても、当時のプレー振りって印象に残っていないなぁ。大分のプレーも気にはしていたけれどビミョウな感じ。右のボランチとか守備的な選手でいいんだよね。選手層がこっちはちょっと厚くなって期待。4バックもありかななんて思っている。
 こういう状況下で期待しているのは、滝沢。グラ系ではねたの宝庫とかいわれているようだが、ぜひともそんな声を忘れさせてくれるような動きを見せてほしい。正確だがぼよよ~んなクロスとかではなくね。ジェフの命運を握っている選手かもしれない。
 高卒では、堀川だろうか。セレッソの苔口みたいな使い方もありかな。足の速い、背の高い選手というのは素材的に魅力的。
 とにかく、しつっこく、今年のテーマはタイトルゲット目指してWin By All
 

2005.01.19

ジェフの2005始動!

 茶野と村井のジュビロへの完全移籍が発表された。これで、仕事が終わっての携帯チェックから開放される。あれだけ年末からいろいろ言われていると、気持ちの準備もできてやっときたかといった感じ。特に昨日オシム監督が、帰ってきてくれたので気分的には楽だった。
 オフィシャルでの村井のコメントを読むとサポのことなめてるのかという気分になる。選手としての村井を応援していたのはジェフの選手だからで、ジュビロの選手としての村井には代表戦以外には興味がない。代表入りしてもトルシエに呼ばれた広山のときのようにビミョウ~としかいえない気分になるだろう。これからは、つぶすべき相手となるわけで、こちらも新しい環境を用意するべきだろう。ジェフサポ的には下手なブーイングよりも沈黙のほうが良いと思う。茶野の「結果を出しての恩返し」というのもつっこみどころがあるが、果たしてジェフサポに対する恩返しとは?新天地でがんばってもらっても、ジェフというチームを応援している身には意味はない。茶野の実家のあるところと遠くないところにすんでいるので、個人後援会結成の話を聞いて入ろうかと思ったが結果論的に入らなくてよかったということになる。
 なんて、文句ばかり言っても仕方ないので、滝沢・瀬戸・高橋といった今まで伸び悩んでいた選手たちの覚醒に期待したい。特に滝沢の
 「自分が成長できるチームだと思い市原を選びました。チャレンジする気持ちで、チームに貢献できるように頑張りたいと思います。」
     このコメントに救われた感じがした。ガンバレ!!
    今年こそタイトル!!の気持ちは変わらない。おいらはうえを向いていくぞ。

2005.01.18

いよいよ明日・・・

 オシム監督が無事帰ってきてくれた。監督に関してもう大丈夫だろう。(心配してなかったけど・・・)それにしても今日のオシムの提言は意味深なタイミングだ。ユースの役割について述べている。昨年けが人が出たときに、ユース出身やアマからの選手を即戦力で使うことができたという点で、いい育成が続けられたという事実が意味を持ってくるとして、

全員自分たちのユース出身でないとだめだというわけではないが、生え抜きの選手ならサポーターとの心理的なきずなも深いだろう。

                                                       そうあってほしいものだ。 

 さて明日ジェフの2005が始動する。明日は平穏に終わってほしい。本当に平穏だったら今年は本当に期待してしまうぞ。

2005.01.12

これでちょっと一息ついて

 イヌゲノムのFriskさん、Yellowdogblogのwaxworkさんありがとうございました。ネット上とはいえサポのパワーを実感できたのはある意味収穫だったのでは。そういった意味ではリーク新聞も悪くないと思えました。今度はいい話で活動できたら良いですね。そのまえに、動員キャンペーンかな(^^;

 そういうおいらは今はやりのというのとは違うはずだけど、胃腸の具合が絶不調となっている。飲む機会が重なったのが原因のはずと思っている。それでも週末は初詣に行き、鎌倉の鶴岡八幡宮におまいりしてきた。何で神奈川県という感じなのだが、いい感じになるのでここしかないという状態。で、思わず手に取ったのが「勝守」(^^;きっとこれでいけるはず。

 あとは、チームの始動のはなしを楽しみにしよう。(ちょっと逃避入っているかも)

2005.01.08

頭の中がぐちゃぐちゃなので

 村井の移籍決定か・・・という報道にはここでも気持ちを書いたので決定までは静観します。でもイヌゲノムさんや黄色犬さんのところのリンクを右のサイドバーに張りました。ぜひともメッセージを寄せてください。今のこの辺で優勝を見ることができないのなら、何のためにきつい時代を乗り切ったのだろう・・・。  りんじさんの横浜刹那主義とJ.B.Antennaでのご協力ありがとうございます。

Continue reading "頭の中がぐちゃぐちゃなので" »

2005.01.07

舞浜スクールの閉鎖に思うこと(こうさぎ)

penpenがgu-pinは東京でbloしたよ♪


*このエントリは、こうさぎの「penpen」が書きました。

2005.01.04

舞浜スクールの閉鎖に思うこと

urayasu_papaさんのblo・blo・blogを読んでいたら舞浜スクールの閉鎖の話があった。

 おいら的にはJEFの市川・船橋・東京方面の戦略的施設として舞浜って重要だと思っていたのでちょっとショックだった。この方面はスポ少とかサッカークラブも数多くあるし、盛んな地域だと思っている。何よりも子供がいたら入れたいなぁという気持ちもあった。自前の施設が無理なら、NPO法人化して市の施設の管理を請け負うようなことも考えてみてはなんて考えてみたりする。ぜひぜひ、今のジェフの中心選手(阿部とか勇人とか村井とか)を送り込んだ伝統をつなげてほしいと思う。

2005.01.03

高校サッカー

 

 高校サッカー2回戦 市立船橋vs東福岡を見に市原臨海に行った。着いたのが試合開始直前でメインとバックの2階はほとんど埋まっていた。入場者が1万3千とかあっちこっちでジェフよりも入っているよねという声がした。ここ数年の市船の選手にそんなに魅力を感じていないが、愛着を感じてもらうためにもスカウトの必要があるかもしれない。

 1点目を市船が先制すると、やっぱり全国大会だと攻撃の意識が違うのかなと思ったら、その後東福岡に攻められっぱなしだった。東福岡の得点を決めた伊藤君はなかなかいい選手だなと思った。予想していたとおりPK戦となり市船が3回戦に駒を進めた。青森山田の試合も前半だけ見たが、攻撃的なチームの印象を持った。とすると、また同じような展開になるのかなぁ。済美がまけたこともスタジアムで知った。これで、うわさがどうなのかもはっきりするだろう

2005.01.02

元旦は全日本女子&天皇杯決勝

 さて、元旦には国立でサッカー観戦ということで。
 今年は10時から全日本女子の決勝でベレーザvsレイナス。昨日の雪の影響もあり寒さには万全の対策をしていったが、思ったよりもずっと暖かくてよかった。試合内容はコンパクトにやっていたレイナスだったが、荒川のカウンターによるゴールをきっかけに下がり気味になり、できたスペースを有効に使ったベレーザが得点を重ねた。特に2点目の大野のシュートはびっくりする程すごかった。結果3-1でベレーザが優勝した。
 天皇杯はヴェルディvsジュビロ
 こちらもカウンターで勝負がついた。ヴェルディの飯尾がカウンターからのこぼれだまを決めて先制した後、ジュビロもヴェルディもほとんど肉弾戦状態になったのが残念だった。そんな中での小林(慶)の退場は残念だったけれど当然の成り行きだった。10人になって1-0での折り返しはかなりつらいものがあったが、ナビ杯での東京ダービーでも劣勢の中同点まで持ち込んだ経験があることを思い出した。後半の平本の得点でずいぶん楽になったが、守備の乱れから西に得点を決められ、1点差となってからは防戦一方になった。それからの時間は長く感じたが、タイムアップ。ヴェルディの優勝となった。
 成り行きで肩入れしたヴェルディだがやっぱりジェフで優勝したい!!!

Continue reading "元旦は全日本女子&天皇杯決勝" »

« December 2004 | Main | February 2005 »

March 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ