« February 2005 | Main | April 2005 »

2005.03.27

臨海不敗記録止まる

2005.3.26  市原臨海競技場

1-2ボード

ジ ェ フ   vs   レイソル

  1      -    2

得点者  ジェフ  6 阿部

     レイソル  10 クレーベル  12 増田

 ジェフはストヤノフ、ハースが代表選出、水本・水野はU-20合宿、斉藤が怪我?と前試合のスタメン5人が欠ける事態に結城・中島・市原のDFラインといったメンバーで対応した。阿部のFKから先制したが、PK、守備のミスから失点を重ね1-2で負けた。これで27戦で臨海不敗記録が止まった。でも最初の予想からすると善戦といえるのではないか、といったら甘いだろうか。

Continue reading "臨海不敗記録止まる" »

さて次だ次(BlogPet)

きょうgu-pinの、最終は守備されたみたい…
ここで感じもミスされた。
ここへ失点した。
きのうはここまでgu-pinがここにgu-pinが感じとか失点した?


*このエントリは、BlogPetの「QooQoo」が書きました。

2005.03.26

さて次だ次

ワールドカップ最終予選
イラン 2   -   1 日本
 守備のミスというか隙をつかれたという感じの失点で負けてしまった。とはいってもボールポゼションでも負けていたし、どうなのかなという感じだった。イランはパワーと高さがあったな。それでも福西の得点で引き分けられると思ったが、甘くはなかった。この期に及んでジーコの采配がどうのといっても仕方がないので、(それでも負けたときに目を赤くするのが見えたときにはあららと思ったが)ホームのバーレーン戦は頑張ろう。
ようはホームですべて勝てばいいんだよ

2005.03.24

遠征先でお金を落とすこと

 巷では、「突破」が話題になっているが、件の文章で気になったのはアウェイでの遠征で相手チームにお金をおとしたくないというくだりだった。おいらの場合逆で、共存共栄なんだから少しだけれどお金を使うようにしている。Jのチームのある町はサポーターが来てお金を使うから、その土地にメリットがあるんだと大仰かもしれないが思ってほしいという気持ちがある。特にそういう気持ちになったのは、横浜フリューゲルスの事件があったからだ。あの時ジェフと掛け持ちで応援していた身にはとてもつらい出来事だった。そのせいかスタジアムやチームショップに行ったときなるべく買い物をしようと心がけている。

 おいらにとってはJのホームスタジアム制覇という夢があるし、お土産、グッズを買うのは趣味なのでだからどうこういうつもりはない。でもお金は天下の回り物。サポートチームにも回ってくると思えばいいじゃなかなぁ。もっとも買い集めたグッズたちはそのチームに対する思いが変わるごとに扱いが変わっていく。お休みグランパス君はいまや放置プレーだし、水色のチームバスのチョロQはへんな使われ方をしている。甲府や水戸のはどうしたかなぁ。きちんと整理をする必要もありそうだ。

2005.03.20

無事帰還しました(気持ちは大分高すぎ!旅費が・・・)

 まずは、被害にあわれた方へお見舞い申し上げます。

 う~んこのアウェイ遠征は最初からけちがついていた。羽田から福岡に飛行機で入り、大分へJRで行こうとしたら架線故障のため特急の運休もあるというアナウンスが。あまり遅くなると大分でうまいものが食えなくなる?!というピンチ。それどころか試合に間に合わなかったらどうしてくれるという気持ちもあった。ただそれでもほぼ予定通りに博多の駅を出発し、最初は途中までしか行かないという話しだったのも大分まで行けたし、自由席でも座れたし、良かった。

 大分に着いていつも行く郷土料理のお店で大分名物のだんご汁、鳥天、関さば、関アジをいただく。女将さんからどちらからときかれて、つい千葉からと言ってしまい、それじゃぁサッカーで?という会話も相変わらずだなぁとおもう。千葉には大分から選手が行ったでしょうとか、お手柔らかになどとの会話をしてお店を出た。このお店選手が出入りする店と某誌に紹介があって、実際に選手を見かけたこともあるトリニータびいきのお店なのだ。それにしてもおいしかった。

 だんご汁ととりめし

 スタジアムではトリニータ屋台村というコーナーがあって、ここでまただんご汁と鳥飯をたべた。試合もまぁ良かったしやっぱり大分はすきだぁ~という気持ちを強くしてスタジアムを後にした。

クラブトリニータ

途中のトリニータのオフィシャルショップクラブトリニータによった。LOVEトリニータTシャツのファンなので品揃えをみてまた感動。お店の設備もある意味理想形なのでまたまた感動。2階の大きなビジョンとおしゃべりスペース、いろいろな備品は利用価値がありそう。インテリアのセンスもなかなかな感じ。スタジアムへの通り道なのだが、バスの本数が少なく車でないと不便なのが残念。

 夕食は別府駅のレストランで鳥天定食、相方は地獄なべというキムチチゲみたいなものを食す。でも別府駅リニューアルでいつも行っていたお店がなくて残念。ここのだんご汁好きだったのになぁ。(まただんご汁を食べるつもりだったのか自分?)

 問題の20日、目標は下関!!だったので9時過ぎに博多行きの特急に乗った。行橋で止まっているソニック

座れて順調だったのに11時ちょっと前に着いた行橋で足止めを食らった。走行中の車内だったのでゆれは実感がなかったので、1時間もすれば徐行でも動くのではと思ったが甘かった。帰りの行程を考えてやばくなりそうな2時前くらいであきらめて、新幹線が動き出しているという話と近くから小倉行きのバスがでているのでそちらに変更することにした。バスは超満員でせっかくの温泉効果もなくなる腰痛悪化状態だったが、どうにかこうにか小倉に到着。通り道や小倉の駅前は拍子抜けするほど普通に見えた。ただ地元の人の地震がすごくて怖かったという話が耳に入ったくらいだ。帰宅してテレビの話からすると、博多のほうが大変だったようだ。行きに一緒だった知人はバスで博多-大分を往復する話だったので、高速の閉鎖と大分を出る時間の問題もあってこちらのほうが心配。

 ちょうど新幹線が動き出したところで良かったのだが、下関が震源地に近いということもあって無理をするのはやめて新山口に向かった。ふぐが駅弁・駅そばに化けてしまった。小倉の駅そば屋で荷物を忘れそうになるアクシデントもあったが、新山口に到着。新山口で山口宇部空港へ行くのにどうしようかなとおもったら最寄り駅に行く宇部線が時刻表どおりにすぐ出るというので飛び乗った。単線のワンマン列車に揺られる貴重な体験だった。降りる駅を間違えて一駅あるくことになったりしたが、空港に到着できた。このままでは帰れないので、空港のレストランでふぐ刺しをたべて、つじつまを合わせた。本当は赤間神宮とか源平合戦ゆかりの地や海響館(水族館)に行きたかったのだがまた今度ということになった。

ナビスコカップ第1節 トリニータvsジェフ

2005.3.19  ビックアイ

アウェー側

トリニータ  vs  ジ ェ フ

  1     -    3  

得点者 トリニータ 13. 高松 大樹

     ジ ェ フ  6. 阿部 勇樹 20. 工藤 浩平 9. 林 丈統

 前半からジェフのプレスがゆるく、トリニータのトップ下の吉田の動きにかき回されてしまう場面が目立った。途中から ゾーン的に阿部が見る形になったが、それでもスペースができたりして受け渡しもうまくいっていなかった。もしかしたらマグノアウベスに意識がいきすぎたのかもしれない。それにしても中盤でしっかり守備ができていないことで、失点してしまうのは何とかしてほしいと思う。攻撃面ではマリオハースはCFとしてどうなのかという疑問もでてきている。トップ下の選手との距離感という問題もあるのだろうが、シュートの場面でもどこかちぐはぐだった。ゴール前ではワンツーとかして、相手にシュートを打たせるほうが好きなプレーヤーに見えるし、この試合のアシストの場面を見てなんか確信もした。そういった意味では、開いてボールをほしがる羽生よりもまだ真ん中でプレーのできる工藤のほうが相性が良いはずだ。

Continue reading "ナビスコカップ第1節 トリニータvsジェフ" »

2005.03.17

JEF PRESS Vol.2

 16日はJEF PRESSの配布日ということで、新浦安へ。ラックは駅の中のシュークリーム屋の隣に移動していた。ここなら少しはいろいろな人の視野に入りそうな気がする。職場の人の息子の友人がジェフサポなんだが茂原では配布していないので、千葉でもらって渡しているという話をきいた。配布地域が総武・京葉線方面中心と説明して、今日ぐらいから新しいのが出ているのでよろしくと宣伝をしてみた。記事は26日のナビ杯についての説明が中心。懐かしいものとしては、98年のナビ杯準優勝のときの写真が載っていた。あの時スタンドに居た身には、かなりつらいものでもある。もしもを期待したのに、結果は最悪。おまけにこのシーズンはつらかった。なんて話はおいといて・・・。このJEF PRESSの目玉は、グッズの紹介なんだろうな。ユニ型マウスってどうよ。

寄せ集めとジェフチームの2種類のファンタジーサッカーチームをやっているのだが、寄せ集めの方の成績がよくってびっくり。エントリーリーグの千葉ではベスト5入りしている。ジェフのほうは勝っていない事もあるし、出ていない選手を入れる失敗もあってぱっとしない。去年の今頃はウハウハだったのになぁ。今の上位はFC東京系じゃないかな。

 19日は大分戦を観戦のため遠征するのだが、どういうわけか腰と背中が痛くてピンチ!とは言っても38度の熱でも観戦する人間なので、温泉でも入ってリフレッシュしてくる予定。ただし経費節約のため飛行機で福岡入りでJRかバスで大分へ。宿泊は別府温泉。帰りは下関あたりによって、なぜか山口宇部から羽田にかえるというプランなので不安と興味がいっぱい。

2005.03.13

寒かったホーム開幕戦(vsレイソル)

2005.3.12  市原臨海

たなびくフラッグ
ジ ェ フ  vs  レ イ ソ ル
2    ―     2
  得点者 ジ ェ フ  巻  阿部(PK)
       レイソル  クレーベル OG
  それにしても失点が悪かった。レイソルの1点目は、玉田がするするとあがる時なんかチェックに行けとつぶやいていたのに、阿部がちょっと見に行った感じがしただけであっという間にゴール前のクレーベルにパスが出されて決められてしまった。2点目のオウンゴールは不運もあったけれど、もうすこしセーフティーにできなかったかなとも思う、結果論だけれど・・・。

Continue reading "寒かったホーム開幕戦(vsレイソル)" »

2005.03.07

愛犬家宣言?!

 水瀬さんの白目がちの犬のエントリーで西部さんのスポナビの「 犬の生活」を知った。すごく笑える記事だったなぁ。メディアの人でジェフサポという感触の人といえば、あとはサカマガのコラムでもかカミングアウトしているのも同然の武智さんだろう。大宮との練習試合でもみかけて、普通今日はこっちじゃないでしょうという目でみつめてしまって失礼かなという行動をとってしまった。翌日の味スタへ向かう京王線車内でもみかけて、たぶんお互いに見合ってしまったのも一興か。この日だって普通は味スタじゃないでしょう。武智さんには実はお話を伺ったことがあって、千葉県民だということで、ジェフに親近感があるということだったが、それにしてもあれっと言う試合で見かけることが多くておいらの中ではジェフサポ認定している。ということで、こういうblogやっているひとたちも頑張って切磋琢磨といきましょう。

 ちなみに大宮との練習試合を取材していた正式なメディアらしい人は、スポニチの記者だけだったので実はちょっと見直している。というか、今ではあの記事のおかげでいい経験をさせてもらったと思っている。

2005.03.06

ジェフは引き分けスタート

名古屋にも行かず、かといってテレビもニュースでしか見ることができなかった。2-0になったときはかなりがっかりしたが、後半ぎりぎりのところで追いついたのは評価できる。苦手名古屋にアウェイで引き分けなんて、上出来でしょう。1点目の坂本は、良くぞそこにいてくれたというヘッドだったし。2点目の滝沢のクロスはピンポイントで、決めた巻きもかっこよかった。ミスったGK楢崎はがっくりだったかもしれない。
次はホームでレイソル戦、こちらは勝利と行きたいものだ。

江尻コーチ

 味スタに行っていたので、アルビのコーチの江尻氏の姿でも・・・

 

 

 

 

 Fマリノスvsジュビロの日刊スポーツの福西の得点(その他)っていうのが笑える。本人もどこに当たったか言いたくないらしいし。

Continue reading "ジェフは引き分けスタート" »

2005.03.04

Jef Press 創刊号

 ジェフプレスボックス

ジェフプレスを今日ゲットしてきた。新浦安駅に行ってみたのだが、こんなところじゃわかんねーよというところにあった。蘇我方面行き側の階段下じゃ、そこの階段使う人しか気がつかないよ。いろいろ見たつもりだったけど、見つからなくて違う駅に行こうかなとしたらそこにあったという状態。こんなかんじでおいてあった。内容では、舞浜スクールが新習志野の千葉工大の奥のほうに移転したニュースが目を引いた。次は3月16日発行。

2005.03.03

いよいよ開幕、準備はOK?

 2日のBayFMのスペシャル番組で、やっとや~っと2つのあいていた外国人の発表があった。イリヤノフは練習試合を見ていると欠かせない存在になっているので、開幕に間に合わないと大変だという気持ちで見守っていた。「ポ」の人とずっといわれていたポペスクもやっと表に出ることができた。この番組の中ではオシム監督のテーマも決まったので、臨海でどのように流れるのか楽しみだ。オシム監督はすべての人を一定の目線で見ているので、怒ることができるというような話も出ていたが、「怒る」ということでは忘れられないことがある。2年前の2ndの西京極で負けた試合、選手がほとんど引き上げた状態でベンチの脇でオシム監督が真っ赤な顔で怒鳴っていた。おこられていた相手は今はなき(青いチームに行った)左サイドの選手。彼の今にも泣き出しそうな顔は忘れることができない。もっともこの試合でこの選手はとんでもないことをしでかしていたので、当然だと思ったのだが。もしかしたら・・・とも思ってしまうところもあった。だから残った選手は負けるわけはないとも思っている。

 開幕特集もいろいろやっていて、BSジャパンのサッカーTVのランキングでは7位となっていた。采配が20点満点の19点、選手層が10点、ほかの面ではそこそこという感じだった。大きな見出しとしては未知数のチームといわれていた。いろいろあったものの中では一番納得できた。でもまだ外国人がフルには言っていない状況だったようだ。まぁあまり評価が高くても困ってしまうので、見てろよ的なきもちでいけるので良いと思う。気持ち的には高まってきたのだが、雪なんだよなぁ・・・。たぶん味スタにいると思うけど。

« February 2005 | Main | April 2005 »

March 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ