« April 2005 | Main | June 2005 »

2005.05.30

ナビ杯レイソル戦は1-5でジェフの勝利

2005.5.28     日立柏サッカー場

得点を喜ぶポペスク

得点者  ジェフ  9. 林 丈統(×2) 18. 巻 誠一郎 3. 斎藤 大輔 8. ポペスク

     レイソル 19. 宇野沢 祐次

 レイソルは代表で玉田、怪我で明神・リカルジーニョ等を欠いていたが、ジェフはU-20代表で水本・水野を欠いたこの試合、最近レイソルに勝っていない事もあってぜひとも勝ちたい試合だった。チームの状況の違いもあって、このグループの首位対決のわりには一方的になった。レイソルの得点は、結城のクリアーミスが宇野澤に当たったジェフ的にはオウンゴールみたいなもので、ものすごくもったいなかった。最も結城はDFのみんなからおこられていた。そんな結城が3点目の斎藤の得点のお膳立てをしたのだから、ある意味ほっとした。でも結城はパスミスも多くてみていて大変だった。次の試合ではストヤノフもいないので誰が来るのか楽しみだ。藤田あたりあるかもしれない。サイドバックの決め方の話はかなりびっくりした。平山の対面に坂本と羽生どっちが当たるべきか、という選択を誤らなくて良かった。そう思うくらい、この日のレイソルの選手では平山は良かった。

 レイソルはついていないところも多かった。巻の得点も守備の明らかなミスからだったし、中澤の負傷退場は対戦相手ながらかなり気になった。巻と中澤のどっちのゴール前でもガチンコ勝負という対決は、なかなかみものだっただけに大変なことになっていないければよいが。ただ後半ラフなプレーが多くなって、ジェフにもけが人が出るのではないかとびくびくしながら見ていた。

Continue reading "ナビ杯レイソル戦は1-5でジェフの勝利" »

2005.05.28

キリンカップは最下位

 キリンカップの聖火

キリンカップの第1戦新潟の日本vsペルーと第3戦国立の日本vsUAEの2試合とも観戦した。2試合ともこの前のナビ杯のFC東京戦みたいなイメージだけれど、この試合のFC東京を引き合いに出すのも失礼な感じのした動きのない試合だった。テストをしているわけでもないのに、修正点はどうしたの?という感じで成熟もしない不思議なチームだ。最も基本的な戦術の共通理解も見えないので、どこをどうすればおもしろくなるかというわけでもない。個人の能力だけでやっているので、守備には穴があいてもカバーする人がいないし、今日の後半みたいに点を取るとなったときには俺が俺が的に見えて、無駄にゴール前に人数がかかったりする。人数がかかっているから、かぶっているところもあるし、そんなところに固まっているくらいなら動いてポジションチェンジすれば~と思う。あまりにも動きがなくてつまらないので、これは明日の試合を楽しく見るための準備なんだと思うことにした。

 2試合とも同じような試合の流れで、同じように失点して、組み合わせの発表の時にはキリンカップは優勝して気持ちよく最終予選に行くんだなと思っていたのに、優勝どころか最下位ということになった。間違いなくここ10年では最悪の結果だろう。

Continue reading "キリンカップは最下位" »

2005.05.23

練習試合見学した(BlogPet)

きのうは順天堂大がポが練習したいです。
そこできょうQooQooがここへ順天堂大がペみたいな練習すればよかった?
それにしてもきょう順天堂大の、人練習したいなぁ。
それにしてもここへ順天堂大でクに試合したいなぁ。


2005.4市原臨海競技場ジェフユナイテッド千葉vsサンフレッチェ広島1―1得点者ジェフ阿部...


*このエントリは、BlogPetの「QooQoo」が書きました。

ポペスクキター!!ナビ杯 FC東京戦

2005.5.21       味の素スタジアム

FC東京   vs   ジェフ千葉

  0     -     1

 得点者  ジェフ  ポペスク

 

 いよいよ秘密兵器ポペスクがベールを脱いだ。これからしばらくフルメンバーがそろわない試合がつづくので、この試合での出場は良いタイミングだと思った。

 それにしても前半の展開にはびっくりした。FC東京の選手が仕掛けてこないなんて想像もできなかった。ジェフ側はDFラインからボールをまわしてチャンスをうかがうが、FC東京の選手は前に来ないのでスペースができない。ジェフの中盤はスペースを作るためにうごいて、仕掛けようとした。そんな心理戦みたいな流れの中で、ポペスクが得点できたのはよかった。ただ、この得点の後もFC東京は前に出てないので、前半温存、後半勝負なんだと思った。

 後半やっぱりFC東京は攻撃に移ったが、ここぞという場面で雑になって得点にならず助かった。ジェフのほうは特に交代で中島が入ってからバランスが悪くなり、防戦一方になってしまった。4バックなんだから、水野が最終ラインにいることないよなぁとか、中盤でもう少し守備して、相手の選手見てくれないときついとかぼやきながら見る状態だった。頭の片隅には0-1で勝てるわけないという思いがあったからなんだろうけど。しかし、このまま行ってジェフの勝利。今度はFC東京の戦いぶりのほうが気になってしまった。引きこもりで結果的に相手にうまくやられてしまってどうなのか、ということだ。けが人が戻るまで、ナビ杯は実験場ということなのだろうか。

2005.05.16

終了の笛ははっきりとお願いします (vsFC東京)

2005.5.14   市原臨海競技場

踊るユニティ

ジェフ千葉  vs  FC東京

   2     ―     1

得点者 ジェフ   ハース  巻

     FC東京  ルーカス

 試合開始当初ジェフは、かなりFC東京に押されていた。そんな時間に羽生のねばりのボールキープから、ハースがゴールを決めたのはこの後の試合運びを有利に進める上でよかった。ハースからのクロスを巻がヘッドで決めたときには、ゴールに入るまえから決まるのがわかるすごいコースだった。巻はFC東京戦ではいいプレーが多い。この試合で不安だったのが、水本でボールを持ったところをつめられて、横パスという場面が目立ったことだった。DFラインでの横パスはカットされると失点につながる。監督もそのことにおこっていたように見える。つめられたことを利用する位の余裕を持ってプレーしてほしい。  3点目が入ればポペスクが出てくるかなと思ったが、追加点を奪えずそういう流れにならなかった。

 FC東京は勝ちたい意識とプレーがかみあわないところが、勝てない要素なのではと思うところの多い内容だった。どこか守備がかみ合っていなくて生まれたのがハースのゴールのような気がする。試合の中ごろには攻撃の3,4人と残りの守備という2ライン状態になって、これで縦パスを使っていくのかと思うとそういうわけでもなく、かといって中盤ではジェフにパスカットされる場面が目立った。

 このまま行けば、完封かなとおもったのに、ルーカスに決められてしまった。ちょうどこの時間帯FC東京の攻撃に受身になって下がってしまう状態になっていた。もう少し前に出て中盤で守備ができなければ、攻撃のリズムも悪くなるし、バイタルエリアを自由に使われてしまう。いつもの悪い癖が出てしまった。ここまでの試合運びが良かっただけにこの失点は残念だった。

 レフェリングについては、基準にばらつきがあったし、特にハンドについては甘いと思っていたら急に取ったなんてことがあって不満も多い。一番の不満は、試合終了の合図がきちんとしていなかったこと。櫛野がセーブした時点で終了だったのだろうが、笛の合図がしっかりしていなくて、その後ゴール裏から勘違いした歓声も上がって、勝った事が実感できなかった。選手もぐだぐだな状態で整列させられてというように見えた。これじゃ気が抜けてつまらなくなってしまう。笛はレフェリーの基本だろう。

Continue reading "終了の笛ははっきりとお願いします (vsFC東京)" »

2005.05.15

平日夜は7時半でも・・・ジェフvsガンバは水野DAY(BlogPet)

きょうQooQooはここに臨海が競技するつもりだった。


2005.4.28市原臨海競技場ジェフnbsp;バ大阪n...


*このエントリは、BlogPetの「QooQoo」が書きました。

2005.05.11

練習試合見学した

 いろんな人にポペスクってどうなってるのと聞かれることが多かった。そこで今日の稲毛での練習試合のトップの順天堂大戦を見に行ってきた。それにしても寒かった。

 前半は要田、高橋、滝澤、工藤、ポペスク、山岸、勇人、中島、藤田、斎藤、立石といったメンバーだった。これはポペスクを見ることができるというので来た甲斐があった。印象としてはヘッドで得点を決めたものの、はずした場面のほうが印象に残った。まぁシュートが枠に行かないのはポペスクだけじゃないのだが。あとはまだまだ連携に難ありといったところか。ただ思ったよりもよく動くのだが、積極性に欠けるかな。囲まれたときにもう少し前を向いてプレーしてほしかった。

 後半は、林、ハース、滝澤、工藤、ポペスク、山岸、羽生、中島、坂本、阿部、立石 という形で、連携を深める必要のある選手が、90分やるという感じだった。ただ帯同のメンバーでストヤノフが出てこなかった。この後半でもシュートの枠に行かなさが印象に残った。オフサイド崩れで林がキーパーと1対1になった場面は決めないといけないだろう。このフレーズって同じこと最近書いたよなぁ。誰かのヘディングシュートがころころと横に転がる場面はレッズ戦のリピートみたいだった。2点目のポペスクが決めたプレーはこの試合で一番の崩してでのゴールだった。3点目のハースのシュートはころころとうまく転がってゴールに入った。

Continue reading "練習試合見学した" »

2005.05.05

あんな終わり方って・・・vsサンフレッチェ広島

2005.5.4  市原臨海競技場

勇人は談笑中

ジェフユナイテッド千葉 vs サンフレッチェ広島

      1        ―       1

得点者 ジェフ   阿部

     サンフレ 佐藤

 広島の駒野からクロスが入ってという場面は、まるで川崎戦のリプレイみたいだった。中だけじゃなくてサイドのケアをしなきゃと思ったときには遅かった。決められたくない選手の佐藤寿人にきめられてしまった。ああいう場面でもう少し櫛野とかサイドを見ろと言う声って出ないものか。GKのミスという声もあるようだが、ここでフリーにしたことも重大なミスだと思う。

 前半のぐだぐだは風向き云々を差し引いても動けていなかった。後半は林の投入が効いたのか動きが良くなってきた。結城の怪我の時には水本だと思ったし、ベンチに呼ばれていたのが見えた。でも下がっていて、結局代わって入ったのが滝澤だった。だんだんフィットしてきたようにも見えたが、あまり信頼されていないのも見えた。攻撃のときをよく言われているが一番印象的だったのが、ストヤノフがジェフのゴール近くでボールを持っていた時相手の選手に囲まれてしまった。そのときちゃんとサポートできる体勢で滝澤がいたのに自分で切り抜けるほうを選んだことだった。もうこうなると練習の中で連携を深めて信頼されるしかないだろう。期待もしているのでがんばれ滝澤。

 一番この試合で不満だったのが、最後の水野のショートコーナーだった。ロスタイムもかなり経っているのに、ボールが止まるショートコーナーをするなんて、時間稼ぎをしてどうなるというのだろう。勝っている時のプレーで、もう一点を狙っている同点でするプレーではないだろう。なんか最後まで戦うという気持ちが見えなくて残念だし、怒りを覚えた。最後まで戦う姿勢を見せてほしかった。とはいっても審判に文句言いはやめろ。写真は審判に言っている選手たちの後ろで、森崎(どっち?)と談笑する勇人。

失点が多すぎる(BlogPet)

きのう、結婚式失点したの?


*このエントリは、BlogPetの「QooQoo」が書きました。

2005.05.02

決められたカウンターとアイディアのない攻撃

2005.5.1   等々力陸上競技場

フロン太&ピーカブー

川崎フロンターレ vs ジェフユナイテッド千葉

   1        ―      0

得点者 フロンターレ  長橋

 前半0-0で、後半勝負と言うことになった。お互い自分の良いところを生かすサッカーをしようとしていたが、ピンチを一転カウンターで決めたフロンターレのほうが良かったとしかいえない。ジェフについてよく研究していて、守備についてもうまくやられてしまった。フロンターレの厚く固めた守備をジェフの攻撃陣がどう崩すのかが問題となったが、どう見てもアイディアが不足していた。動きも不足していた。巻が勝ちきれていないのに単純にサイドからハイボールを入れても無駄だし、相手のDFラインに張り付いているのもつまらなかった。もっと縦の動きで相手を揺さぶらなくていけないはずだし、スペースを作る工夫もほしかった。そのためにも速い攻撃をする必要があったはずだ。せっかく林を入れても効果的な展開にはならなかったし、山岸は周りとの連携もうまくいっていなかった。動きの質についてもっと考えなくてはならないだろう。もうひとつ気になったのは、得点はいつでも取れる的なぬるさを感じたこと。特に終盤のあせりでも逆にその感じを強く感じてしまった。強く勝ちたいと思ったのは、フロンターレの方だったのにちがいない。

 あの失点の場面は、長橋の飛び出しを感じていない左サイドへの意識が薄かったことに直接的にはなるのだろう。でもディフェンスも攻撃参加するジェフのスタイルでは、シュートがキーパーにキャッチされるか外にはずす場合以外の場面では背負っているリスクだと思う。ある意味では仕方ないとも思えるし、追いついて止めるプレーがかけていたのだからそこを何とかするべきだったともいえる。

 阿部と大輔が試合後審判に詰め寄っていた場面は、何を言っていたのかわからないが、終了直前の倒された場面のファールをとってもらえなかったことについてなら、なんか違うなぁと思う。ましてやあそこで詰め寄っても、負けた責任を審判に押し付けようとしているようにしか見えず見苦しい。それで余計にがっくりきてしまった。あそこで何をしようが結果が変わる事はないしのだから、得点を挙げられなかった事実に怒りを表してほしかった。

« April 2005 | Main | June 2005 »

March 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ