« 平日夜は7時半でも・・・ジェフvsガンバは水野DAY | Main | 失点が多すぎる(BlogPet) »

2005.05.02

決められたカウンターとアイディアのない攻撃

2005.5.1   等々力陸上競技場

フロン太&ピーカブー

川崎フロンターレ vs ジェフユナイテッド千葉

   1        ―      0

得点者 フロンターレ  長橋

 前半0-0で、後半勝負と言うことになった。お互い自分の良いところを生かすサッカーをしようとしていたが、ピンチを一転カウンターで決めたフロンターレのほうが良かったとしかいえない。ジェフについてよく研究していて、守備についてもうまくやられてしまった。フロンターレの厚く固めた守備をジェフの攻撃陣がどう崩すのかが問題となったが、どう見てもアイディアが不足していた。動きも不足していた。巻が勝ちきれていないのに単純にサイドからハイボールを入れても無駄だし、相手のDFラインに張り付いているのもつまらなかった。もっと縦の動きで相手を揺さぶらなくていけないはずだし、スペースを作る工夫もほしかった。そのためにも速い攻撃をする必要があったはずだ。せっかく林を入れても効果的な展開にはならなかったし、山岸は周りとの連携もうまくいっていなかった。動きの質についてもっと考えなくてはならないだろう。もうひとつ気になったのは、得点はいつでも取れる的なぬるさを感じたこと。特に終盤のあせりでも逆にその感じを強く感じてしまった。強く勝ちたいと思ったのは、フロンターレの方だったのにちがいない。

 あの失点の場面は、長橋の飛び出しを感じていない左サイドへの意識が薄かったことに直接的にはなるのだろう。でもディフェンスも攻撃参加するジェフのスタイルでは、シュートがキーパーにキャッチされるか外にはずす場合以外の場面では背負っているリスクだと思う。ある意味では仕方ないとも思えるし、追いついて止めるプレーがかけていたのだからそこを何とかするべきだったともいえる。

 阿部と大輔が試合後審判に詰め寄っていた場面は、何を言っていたのかわからないが、終了直前の倒された場面のファールをとってもらえなかったことについてなら、なんか違うなぁと思う。ましてやあそこで詰め寄っても、負けた責任を審判に押し付けようとしているようにしか見えず見苦しい。それで余計にがっくりきてしまった。あそこで何をしようが結果が変わる事はないしのだから、得点を挙げられなかった事実に怒りを表してほしかった。

« 平日夜は7時半でも・・・ジェフvsガンバは水野DAY | Main | 失点が多すぎる(BlogPet) »

スポーツ」カテゴリの記事

ジェフ」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

観戦記」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 決められたカウンターとアイディアのない攻撃:

» 蕪が登場した川崎フロンターレ戦 [ジェフリスダイアリー]
■いきなりですが、雑録です ▽蕪(カブ)登場…左端の子供が蕪を見ていて笑える。なんだったんだろう、これ。と思っていたら 「今年から川崎のユニフォームスポンサ(背)になった「日興コーディアル証券」のキャラクタ「ピーカブー」です。最近はなぜかいつも等々力に居ます(^ ^;)」だそうです。 ▽ピーカブー氏については現実逃避でなくてもカブを愛でる@すかーさま漫遊記様に詳細が掲載されております。ぐ�... [Read More]

« 平日夜は7時半でも・・・ジェフvsガンバは水野DAY | Main | 失点が多すぎる(BlogPet) »

March 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ