« 東アジア選手権・韓国旅行編その2 | Main | ブーイングも楽しんでプレーを(ナビ杯 vs浦和) »

2005.08.28

得失点はすべてロスタイム(vs新潟)

2005.8.27      ビックスワン
P1100518

  アルビレックス    vs    ジェフ千葉

      1        ―      1

  得点者  アルビ   エジミウソン

         ジェフ      林

 いや~疲れた試合だった。いらいらかりかりして、ぐだぐだなままロスタイム。このまま行くのか行けないのかと思ったとたんにエジミウソンのシュートがゴール。もう駄目かと思ったら、林のオーバーヘッドシュートがゴールに吸い込まれた。そうして試合終了。まぁ勝ち点を拾えて、連敗しないでよかったかなという感じだった。

 試合の始まりはジェフサポからの「柏原丈二」コールだった。このコールを聞いたレフェリーたちは、くすくす笑いながらUPしていたので十分届いたはずだ。メインスタンドにいたおいらもびっくりのコールだった。

 布陣としては水野が復帰して右サイド、左に山岸という形で、形式上1トップの巻を勇人がトップ下にはいってという感じだったがうまく機能しなかった。水野のクロスやパスはかなり正確性を欠き巻になかなか合わない。山岸はかろうじて前への意識があったようだが、パスが横か後ろしか回らず良いタイミングでの飛び出しはできなかった。しかも時々前目のボールが出ると守備を固めた新潟側にインターセプトされ、あっという間にゴール前につめられる始末だった。良くない形のポゼッションサッカーになっていてジェフはボールを持たされている状態を打開できないでいた。チャンスらしいチャンスは新潟のほうが多かった。

 後半は水野に代えて工藤を入れた。これで少しは前向きの動きができるかと期待した。確かに下げる場面は減ったが、巻に収まるとか動きの中でシンプルにいくところまではうまくいっていなかった。相変わらず新潟はカウンターを仕掛けてきてゴール前に攻め込んできた。それを立石がどうにかセーブするというパターンになっていた。このままじゃいつ失点してもおかしくないし、ジェフは得点できそうも無いという感じがして、オレンジの中ではつらかった。後は林を入れてどうなるかという点ぐらいになっていた。後半30分すぎに林が入ったが、なかなか良い形で前へボールがこない。それでもCKをとり大輔のヘディングシュートという場面もあったが、野澤も良いセーブを見せていた。ロスタイムにはここまで良いセーブを見せていた立石もエジミウソンにゴールを決められてしまって、勝負あったかとほとんどあきらめに入った。そのすぐ後のプレーで林がオーバーヘッドでシュートを決めたときには、本当にすごくてものすごくびっくりした。もう後はこのままいってくれればとはやくホイッスルがなるのを待つだけだった。

 ここまでロスタイムで試合が動くことになったのは、4分もあったからだ。新潟サポからはジェフの選手倒れすぎといわれるくらい阿部と大輔が起き上がるのに時間がかかってしまった。代表効果かなと思ったのは、近くにいた新潟サポが、倒れている選手が誰かわからない状態ではさっさと起きろいつまでも寝てるなと言っているのが聞こえた。ゴール裏のコールで阿部だとわかったら、無理して起きなくてもいいよとか阿部ならいいやとか言い始めた。これには思わず噴出しそうになった。おいらの周りのオレンジ色の女性はそんな人が結構いて、相手のチームの良い選手は野次って・いじって当然と思っていたおいらはやっぱりわかんねぇとつぶやかざるを得なかった。

 試合後はもう習慣になっているへぎそばを食べに行った。近くの席で競馬ツアーらしい人たちが新潟に来るとへぎそば食わないといけないといっているのを聞いて同類じゃないかと親近感を持った。このお店売り切れ直前のへぎそばはやっぱりうまかった。

« 東アジア選手権・韓国旅行編その2 | Main | ブーイングも楽しんでプレーを(ナビ杯 vs浦和) »

ジェフ」カテゴリの記事

観戦記」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 得失点はすべてロスタイム(vs新潟):

» 新潟戦 [ジェフサポな日々]
今回は後援会のバスで遠征してきました。 渋滞で少し到着が遅れるも5時過ぎにはスタジアムに到着。 高速からすでにビッグスワンの姿を見ることができ、 徐々に近づいてくるスタジアムに妙なワクワク感を覚えました(笑) スタジアムの周りにはユニをまとったアルビサポがわんさかいました。 新潟らしく(?)やはり親子づれが目立ちました。 毎回4万人ともなると混雑は避けられませんね。 ジェフサポに割り当てられたゾーンはかなり狭く、アウェー側ゴール裏の1/4程度。 選手がピッチのチェックに姿を現... [Read More]

« 東アジア選手権・韓国旅行編その2 | Main | ブーイングも楽しんでプレーを(ナビ杯 vs浦和) »

March 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ