« August 2005 | Main | October 2005 »

2005.09.26

しびれた巻のゴール(vs清水)

2005.9.24       市原臨海競技場
P1110348

       ジ ェ フ 千 葉   vs    清水エスパルス

          2       ―        1

   得点者  ジェフ   阿部   巻

        エスパルス チョ ジェジン

 この試合も大宮戦のイメージのままの流れのようになってしまった。この日は、坂本や羽生の調子が悪そうだったのも一員だったのかもしれない。清水の右サイドの市川・太田に坂本だけじゃなくて羽生も引っ張られているようで、下がりすぎになっているようだった。それでいてしっかり見きれていないから、簡単にクロスを入れられてしまう場面が目立った。チョ ジェジンのゴールもこの市川のクロスに合わせる形できめられた。前半の間に巻がPKをもらい、阿部が決めて同点にできたことは大きかった。
 
P1110375
後半は清水の交代の太田に代えた高木純平がアクシデントで機能しなかったこともあって、ジェフにかぜが向いてきたかなという感じがした。でも、得点には何か足りない状態だった。その何かを山岸に代わってはいった要田がもってきてくれた。巻の89分の得点は、工藤→水野→要田→巻と途中交替の選手がつないでつくったものだった。テレビの解説でジェフには途中交代で流れを帰ることのできる選手が何人もいるが、清水には澤登しかいないといわれたのが印象に残っている。工藤が入るとボールの流れが前向きになるし、水野のクロスや突破、要田のがむしゃらな動き、こういったものが積み重なっている。また、選手交代によってフォーメーションも変化する。運動量もある程度はキープできるのも、ここ数試合の勝利の強みになっているかもしれない。

 ただ守備的に入ったときの動きの悪さは、この試合の前半でも解消されなかった。あまり引き気味になってしまうと、こぼれだまが拾えず流れを変えるのが難しくなってしまう。FWとの間が開きすぎると、攻撃に移るのが遅れがちになり、手数をかけすぎてチャンスをつぶしがちになる。特にボランチの阿部が攻撃参加できるかどうかが攻撃の鍵を握るだけに、スペースを作る動きが必要になる。やっぱりこの試合では羽生に前目で頑張ってもらえたらなという場面が多かった。特にこの数試合は阿部をつぶしにくるチームが多く、そのことが苦戦を生む原因にもなっている。巻に対するマークのきつさとあわせて、ここをどう打開していくのかが重要だと思う。

 


2005.09.21

巻が指を骨折

 
 PICT0004
 19日に相方がチームショップに用があるというので、久々に姉崎の練習を見にいった。着いたときにはもう練習が始まっていて、ハーフの7対7のちょっとディフェンス重視的な練習をしていた。攻撃陣に巻と林がいるなと思いなんとなく見ていた。遠くのほうでマリオが普通にやっているのが見えて、こっちのほうが重要かななんて思っていた。すると、巻がサイドのほうでもつれて転がってしまっていた。立ち上がった巻は手をぶらぶらさせて、練習を引き上げてしまった。このときは現場から遠めだったこともあって、そんなに深刻に思っていなかったなぁ。でも出待ちの時とか巻の手やばいかもと言っている人がいて、すごく気になっていた。でも巻が出てくるまで待っていなかったので結局は新聞で知った形になった。まぁ「使わないので大丈夫」といっているので大丈夫なんでしょう。それにしても巻は怪我も多いけど丈夫だなぁとつくづく思う。骨折の後遺症の顔面の麻痺も持っているのだから、気をつけてくださいよ。

ミスとワンチャンスで勝利をゲット

2005.9.17     大宮公園サッカー場
P1110143

  大宮アルディージャ    vs    ジ ェ フ 千 葉


       0          ―         1

  得点者  ジェフ    佐藤

 後半36分の勇人のゴールでどうにかこうにか勝利できた。それにしても、前半は致命的になりかねない信じられないミスをたくさん見せられた。この試合にトゥットがいなくてよかったとつくづく思う。水本の横パスをカットされたときには、かなりやばいと思った。水本があまりにも自信なさげにプレーしているので、野次を飛ばすよりも頑張れと声を出してしまったくらいだ。もっともピッチが荒れきっていて、パスを回すジェフには不利になることは予想された。
 それにしても大宮のプレスはポイントを抑えていて、ジェフにはかなりきつかった。ただ友人の指摘で、中盤で押さえにかかって抑えきられてしまうことは少ないということだけは前向きに考えるきっかけになった。ジェフ的には藤本を勇人がマークに付くと思っていたのが、勇人が逆に高い位置にいたのが守備の面で気になった。実際藤本はフリーになることが多く、結構好きにやられたかなと思う。ただ後半目立たなくなってしまったが。
 この試合のように押されながらも、ワンチャンスをものにして勝ててしまうのは強くなったと喜んでよいのだろうか。運だけでは勝ち続けられないよとちょっとネガティブになってみる。


2005.09.13

オシムも喜ぶ勝利(vs東京V)

  2005.9.11    市原臨海競技場
P1110102

  ジェフ千葉   vs    東京ヴェルディ

    1       -      0      

  得点者  ジェフ    林

 ジェフがヴェルディの3トップにマンマークなら、ヴェルディも巻にしっかりマークをつけるマーク合戦で始まった。特に阿部がジウのマークに付き、ストヤノフが余る形になっていたので全体的に下がり気味になってしまった。しかも攻撃の時には羽生が相手のDFラインに入ってしまって、切り替えの遅いときには中盤の広大なスペースを勇人で見なくていけないこともしばしばあった。このスペースをヴェルディも利用しようとしたが、フィニッシュの精度も悪くというかフリーなのにシュートを打たない場面もあって助かったというべきかも知れない。

 思うようにシュートにもっていけない攻撃陣と、マンマークしつつ攻撃参加することで相手のDFをかく乱させてきた守備陣という感じだった。これで両サイドから一工夫されたクロスがあがるともう少し面白くなるはず。工夫といえば相手のDFラインに何人も入ってしまったままの状態でボールをもらおうとするのもどうかと思う。人が多すぎでボールを相手DFにカットされるとカウンターを食らうリスクが大きくなってしまう。この試合でもそんな場面が結構見られた。もっとちらしていく工夫をしてほしいと思う。

 林の81分のゴールが決勝点となったこの試合、勝利の立役者はGKの立石だった。もう駄目だと思った場面も何回もあったがことごとく立石がセーブしてくれた。そうやって勝ち取った完封試合だった。マンマークで相手のFWを押さえ、リスクチャレンジでDFがあがり、中盤でつなぎもぎ取った1点、守りきったことなどで快心のゲームだったのか、オシム監督が挨拶を終えた選手に握手を求めた場面が一番印象に残った。


2005.09.12

臨海不敗記録終了(vsセレッソ大阪)(BlogPet)

今日は市原臨海を得点したはずだったの♪
gu-pinは、ジェフ千葉など言ったよ
と、QooQooは思ったの♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「QooQoo」が書きました。

2005.09.08

ナイトゲームは今年はこれだけ(フクアリ運営シミュレーション)

 P1100867
 このシミュレーションは運営側だけでなく、サポ側にも言えること。自分も職場から6時30分に間に合うかというところが問題だった。運よく乗り継ぎがうまくいったものの、着いたのはキックオフ後だった。残念。おまけにBAY FMも聞き忘れていて、光永亮太の歌も聴き損ねてしまった。蘇我の駅を降りて歩道橋をわたりながら、照明の輝くスタジアムが目に入ってくると気分は最高。思わず駆け出してしまった。
P1100820メインスタンドのアウェー側に陣取って、観戦することにした。見学会で思っていたよりも、プレーを体で感じながら見ることのできる近さだった。かける声もかなり届くだろう。ただメインとバックの屋根のふちについている照明は、選手が見上げるとちょうど目に入ってしまう高さかもしれない。瀬戸とかがちょっと気にしているように見えた。もうひとつ欲を言うと、ヴィジョンについている時計の表示が見難かった。ヴィジョンの方で表示をするか、蛍光塗料のようなものがつくといいのになと思った。
P1100806試合が進んでくると初ゴールの行方が気になってきた。やはりホームなのでジェフが取らないと、と思っていたら林が決めてくれた。高橋もチャンスがあったのだから、決めてくれないとトップで使われないぞ。水野とか水本も調子が戻ってきたかなというプレーを見せてくれて安心した。サテライトの試合をほとんど見ないので、中牧とかダニーロといった選手を見ることができて楽しかった。トップの選手たちは3階の貴賓席で観戦していて、阿部ちゃんがサポの声にあわせて手拍子をしているのがみえた。監督は記者席のはじにいて、試合終了後のぞきに行ったら笑顔も見えた。
P1100896レイソルの谷澤や李に決められて苦労した時間もあったが、要田、水野がゴールを決めて3-2での勝利。練習試合とはいえ初試合で負けるわけにはいかないので良かった。ここで臨海以上の不敗記録をつくらなくてはいけないのだから。試合後のでんぐりも見ることができてとても満足した。10月16日の杮落としが待ち遠しい!!

2005.09.02

ブーイングも楽しんでプレーを(ナビ杯 vs浦和)

 2005.8.31     浦和駒場スタジアム
P1100717
 
  浦和レッズ   vs    ジェフ千葉

     1      ―      3

 得点者  レッズ  ポンテ

       ジェフ  巻  巻  ポペスク

 巻の1点目についてかなりにぎやかだが、メイン・アウェー側にいたおいらには当見えていないので、この得点には当然喜んだ。家に帰りついてテレビを見て苦笑してしまったわけだが、これもサッカーだといってしまおう。この失点が試合のプランが狂うほどのものだったと、ブッフバルトのコメントを読んだときには変じゃないかと思わざるを得ない。試合は始まったばかりで、早すぎる先制点は守りの意識を高め、バランスの面で重荷になりかねない。また時間はいくらでもあるわけで、立て直すチャンスはいくらでもある。気持ちを切り替えることの大変な、ナイーブなチームには浦和レッズはとてもじゃないが見えないのだが。
 
 P1100696

2点目の巻のゴールは申し分のないものだった。と、ゴールシーンばかり目がいってしまうが、この試合のポイントは巻をワントップに残し、マンツーマンによるディフェンスから入りそれをやり通した事にある。ちゃんとサッカーをしていたわけだ。前にレッズvsFC東京を見たときに、レッズ戦のポイントはボランチの対応だなと思った。この試合ではFC東京の梶山は駄目だったが良いヒントをくれた。その時に思ったことをジェフはしっかりやってくれたので、やればできるじゃないかと感動した。
  
 ポンテのゴールの場面はよくわからない負傷退場と田中達也投入で、マークの確認と守備の混乱が起きても仕方の無い状況だったので、仕方が無いと割り切ってみていた。このながれが後半へとつながっていくのはいただけない。田中達也のいけいけ状態に守備が後手にまわってしまうと、流れはレッズに傾いた。いろいろジャッジにうるさく言うのなら、この時間帯のジャッジにもいってほしいと思うのだが。ここでもらったチャンスをレッズはいかせなかったのも、この日の結果に結びついている。

 P1100697

ジェフはこの一番苦しい時間で、カウンターでゴールを決めた。この得点が試合を決めることになった。しかもそれまでこの試合の中で頭の痛い存在になりかけていた、ポペスクが決めたのは大きかった。ポペスクのプレーの中で一番腹がたったのは、セルフジャッジでプレーをやめたこと。もういいや、さっさと代えろといった選手が得点してしまうのも、これがサッカーというものかと思う。この得点で流れがジェフに戻り、ばたばたした時間帯から前半の雰囲気にもどった。動き続けていたジェフのほうがまだ走れて、そんなに動いたっけという感じのレッズのほうが足が止まった状態になった。もう、本当にやればできるじゃないかとまたもや感動。後はブーイングに負けないボール回しをしてくれれば、言うことないといった状況だった。

 P1100726

仕事でちょっとミスをしてへこみ、帰り道でもトラブルがあって波乱万丈な一日だったが、駒場の大多数な赤の中、孤軍奮闘で得た勝利は格別。監督も満面の笑みでGMと握手していたのを見て、ゲームプランどおりの試合ができたのかなとうれしくなった。

« August 2005 | Main | October 2005 »

March 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ