« September 2005 | Main | November 2005 »

2005.10.31

大分を堪能!(vs大分トリニータ)

2005.10. 29                                   大分スポーツ公園総合競技場ビックアイ

ゆりかごダンス

大分トリニータ    vs   ジ ェ フ 千 葉

     0               1

得点者  ジェフ  佐藤

 シャムスカとオシムという監督対決で話題を集めたこの試合、結果的にジェフが勝てたのは手駒の違いだったのかもしれない。 あるいはやっているサッカーに関してジェフのほうが一日の長があったからか。それくらい内容的にも五分で、緊迫した試合だった。 相性というものも重要なファクターだったのだろうか。

 システムもやりたいサッカーもほとんど同じ対戦で、 見て面白い試合になるかつぶしあいになるか一見してつまらなくなっても仕方ないと覚悟した。中盤のつぶしとしては、 阿部が吉田に付くかボランチなのかその辺が見所かなと思っていた。個人的には阿部対吉田でDFがマグノアウベスと高松を抑えて分断できたら、 勝ち目があるはずだった。この点でジェフはうまくやった。ただ序盤では大分のほうがサイドの上がりが良くて、 お願いだからサイドで負けないでくれと叫んでしまった。実際ピンチも多く、 立石のセーブやぎりぎりのとこでのクリアーという場面が多く見られた。DFの集中力と攻撃参加がジェフの生命線だと実感させられた。 結城のドリブルでの上がりや、相手の交わし方の進歩はびっくりするものがある。 あとはフィニッシュに持ち込むときの思いっきりの良さが出れば、言うことなしというのはほめすぎだろうか。

 得点の場面の阿部のFKからストヤノフのクロス、勇人のヘッドでのゴールは、見ていたほうも見事としか言いようの無いプレーだった。 テレビであらためて見ると選択肢をいろいろ作っているのがわかった。とっさの判断で結果をもたらしたのは、 阿部のFKの印象が大きいからなのだろう。気がついていたという、吉田のあたふたぶりからも相手に脅威を与えていたのがわかった。ただ、 林がいないことで手詰まりを解消する手段が少なかった。ナビ杯には間に合ってくれないと困る。

試合前には結婚式が行われて、スタジアムがほんわかした幸せな雰囲気になった。式の後場内を一周するときにジェフサポからも祝福が行われて、とても良い感じだった。そのとき出された”祝”の文字は”祝100試合出場”の弾幕の一部だったのね。このとっさの判断にもGJ!

Continue reading "大分を堪能!(vs大分トリニータ)" »

2005.10.23

フクアリ初勝利!!\(^o^)/

 2005.10.22      フクダ電子アリーナ
P1120060

   ジ ェ フ 千 葉   vs   ヴィッセル神戸

      4                0    

  得点者  ジェフ   ポペスク  巻 誠一郎  ハース  中島 浩司

 今日も記念グッズを買うために優先入場開始時間に間に合うように行った。先週と比べて人の数は多くなかったが、沿道は同じくらい熱気があって、今日はJリーグの日ということが実感できた。列に並ぼうとすると看板なども整備されていて、先週の教訓が生かされていて良かった。今日きちんとできないと、フクアリの残りの試合では大変なことになる。入場もスムーズに出来て無事欲しかったフォトスタンドや先週買わなかった記念グッズも勝ってしまった。フォトスタンドのシリアルナンバーが168だったが、いくつ作られたのだろうか。

 試合内容は前半マークがしっかり出来ずに、後ろから上がってくる佐伯や遠藤、ポジションを変えてくる平瀬・ホルヴィ・イヴォといった面々に少してこずっていた。それでも修正が出来てだんだんとマークできるようになると、ジェフのリズムが作れるようになった。ただ次の対戦の大分のことを考えると、この調子では立ち上がりに混乱すると付け込まれそうな気がするので、ここのところを十分注意するべきだ。山岸の突破から折り返されたボールが、ポペスクにピンポイントであったところは文句なしにいただきのゴールだった。ポペスクの得点に絡む動きはすごい。巻にも追加点のチャンスがあって、決めてほしいところだったが、GKの飛び出しもあってしょうがないことだろう。
 後半はヴィッセルが前半飛ばしたのが効いたのか、足が徐々に止まりだした。そうなってくると速攻から裏を取るプレーが効きだして、追加点が取れるようになってきた。ポペスクに代わって入った工藤は、パスや運動量で下がり気味だった中盤をたもたせる良さが出ていた。巻のゴールは先週に引き続きホーム側で、ゴール裏に対するパフォーマンスは盛り上げにものすごく効果的になっていた。この姿が名物になって欲しいと思う。マリオ・ハースや中島も決めて4-0となった。後は無失点で行くことが大事なのだが、失点する気がしなかった。そして試合終了。せっかくのフクアリ初でんぐりだったのだが、千葉マリンスタジアムの日本シリーズ第1戦の観戦のため、急いで後にした。
 こちらの試合も勝利して、かなり疲れたが良い一日になった。去年は埼玉の年といわれたが、今年は千葉の年になるように、ジェフはナビ杯で優勝したい。

2005.10.18

ここフクアリは約束の地か(vs横浜Fマリノス)

2005.10.16       フクダ電子アリーナ

ホームゴール裏

    ジ ェ フ 千 葉   vs   横浜Fマリノス

        2               2

 得点者  ジェフ   阿部   巻

       マリノス  ドゥトラ  坂田

やっとやぁっとこの日が来たー!!。フクアリ杮落とし~。

 とにかく記念グッズが欲しかったので、12時前に着くように頑張った。列並びの要領は良かったとはいえないが、 聞いた整理の人がみんなきちんと教えてくれたので、無事優先入場の列にたどり着いた。あまりにも人が多かったので前倒しを期待したが、 予定通り12時15分開場。なんとか自分も30分前には入れたので、売り場に急いだ結果クリスタルキューブゲット!。 ジェフランチボールも駅で買えなかったが、フクアリでゲット成功。ちょっと量は少な目かなと思ったが、おいしかった。ただ、 もうセレモニーが始まってから食べたので、ちょうどジェフの歴史のビデオで胸いっぱいだったのが残念。弾幕が張られ、 人が入ってくるとシミュレーションで感じた近さが、別の意味を持ってきた。選手を見る近さだけでなく、 ゴール裏とバックスタンドのサポの距離も近づいて、独特の雰囲気ができてきているようだった。

 光永さんのOVERや選手入場前のアメージンググレイスはみんなで歌っている感じがすごく良かった。 あとはもう少し歌詞を覚えてくれば鳥肌ものになると思う。試合中の拍手もジェフの場合メインでもやる人が結構多いので、 ぐるっと音がするようになるのではないか。ただ今日の選手はこの雰囲気に少し飲まれてしまって、前半飛ばしすぎたかなと思ってしまった。 出だしマリノスの攻勢にはファーストゴールがぁと思ってしまうところがあってちょっとドキドキした。 そこらへんは阿部がしっかり決めてくれてよかった。ただドゥトラの動きに山岸がてこずっているのがよく見えたので、、 頑張れーと声をかけ続けた。結構頑張りも見えたので、後半の水野がやられっぱなしになっているのが気になった。 ここをうまく抑えるかちょっと邪魔ができたら、良かったのになぁと思った。がんばれ水野。

 後半の巻の得点で、フクアリの盛り上がりも最高になって、ここが待ち望んだ場所なんだと改めて感動した。・・・のに最後の失点、 あの涙を返せというかやっぱり現実を見ろということなんだろうな。そのあと大混雑の道のりを経て、蘇我駅近くの店で飲んだ。ただここの店が、 今日の人の入りについていっていなかったので、帰り際にジェフサポがきているというアピールと今後の事も考えて、 手元にあったチラシを渡してスケジュールを知ってもらうようにした。せっかく電車で来ているのだから、帰りには飲んで気持ちよく帰りたいよ。 ということで、蘇我駅周辺のお店の方々よろしく!

2005.10.11

オールスターサッカーin大分

 大分ビックアイで行われたオールスターを見に行ってきた。
 
スタジアム以外でもサッカーパークと銘打ったイベントがあったが、ちょっと人多すぎで覗くだけにとどめた。例年だとゲームのひとつも体験してみるのだが、残念。開場時間だったので入り口を覗くと、マスコットたちがお出迎えをしていた。これでもう、まさにオールスター気分全開。席について、オールスターの両軍弁当・鶏飯・トリニータなべ(ちゃんぽん麺)を食す。おなかいっぱいになったところで、場内を散策。マスコットサミット会場で、やっぱりジェフィを持ってくればよかったとおもった。
PICT0061マスコットサミットの写真






P1110620さてお待ちかねのマスコットアトラクション。パルちゃんはおけと手ぬぐい持参で入場して、相変わらずの芸達者ぶりを披露した。グランパス君もつぼを押さえたいい味を出していた。綱引きではロープぐるぐる巻きになったり、ゴールキーパーとして大活躍。われらがジェフィは、綱引きでこけて敗因になったり、ゴールキーパーに指名されて大活躍と思いきや、ロビー君のシュートを顔面に食らってピンチとなったりと大変だった。

 P1110718試合は前半EASTの巻が先制して、巻の大分確変キターと思ってその後も楽しみにした。特にこの得点のアシストをしたヴェルディの相馬とのコンビがすばらしかった。巻はこの後も宮本をかわしてでのシュートなど見せ場を作ったが、ゴールを決めることができなかった。しかも前半で終わりだったので賞にも絡めず残念だった。櫛野も失点こそ許したが、好セーブを見せてくれた。阿部はちょっと守備に回る時間が長くて、アピールという点では不満があったが、堅実なプレーで悪くは無かったと思う。EASTのほうは選手によってモチベーションの違いが鮮明で、ちょっとチームとしてちぐはぐに見えた。ほかに田中達也のドリブルも盛り上げてくれて、楽しかった。後半巻や田中達也が引っ込んでしまうと、ばらばらさが目だってちょっとつまらなくなった。

P1110754WESTのほうは、マグノアウベスの動きのよさが目立った。1点目の福西へのアシストも、パスが通った時点でいけると思わせるものだった。高松のゴールのアシストはもちろん、中盤のスペースを生かしたプレーは見ていて楽しかった。中山のアピールプレーもオールスターならではだが、MVPはマグノだろうなと思っていた。

P1110817もちろんオシム監督の様子も時々チェックした。入場のときの照れ隠しの様子とか、試合中のリラックス&間瀬さん手持ち無沙汰な様子は普段なかなか見ることができないのでこちらも楽しかった。表彰式終了後はほとんどの選手と握手していたし、監督も楽しめていたのではないかと思った。


 

2005.10.10

巻が指を骨折(BlogPet)

きょうはgu-pinで練習した。
きょうQooQooがハーフが練習するはずだったの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「QooQoo」が書きました。

2005.10.06

みんなで頑張ってとったナビ杯決勝!!

 2005.10.5       市原臨海競技場
P1110529
 
   ジェフ千葉     vs      浦和レッズ


     2        ―        2

  
   ジェフ    阿部  阿部

   レッズ   闘莉王 田中達

  今だからいえるのかもしれないが、レッズの前半は飛ばしすぎだと思った。このまま持つわけが無いようなもうチャージ振りに、ジェフのほうは気合負けしていた。ガツンとこられると受けてしまうジェフの弱い面が出てしまった。そんな中での失点は、またミスを生み失点をかさねることになった。ただレッズのほうはラフなプレーが多く、突っつきどころはたくさんありそうだった。ただそれを生かすには、下がりすぎの態勢を前向きにしていかなくてはいけない。そしてこれ以上の失点をしないこと。

 前半0-2で何とか折り返せたのは、まだ神様が見捨てていない証拠だと思った。レッズ側は「去年の悔しさを忘れるな」といっていたが、ジェフだって去年松本でのレッズ戦引き分けでトーナメント進出だったはずが、やられてしまってものすごくむなしかった。ここでまた同じことをやるわけにはいかない。林の後半頭からの投入は前に出る良い流れを作っていた。レッズのDFにプレッシャーを与えれば、ファウルで止めに来る可能性もあるし何かが起きるという感じになっていた。コーナーキックも林のボールはニアにうまく落ちればゴールにつながるところも期待につながった。阿部の1点目はこの良い流れから生まれた。スタンドと選手の気合の入ったヘディングシュートが決まった。運動量がが落ちだした上に闘莉王のシミュレーションによる自滅の退場でいけそうな雰囲気になってきた。ただここで気が緩むとまた同じことを繰り返しそうだ。下がるな、前に出ろと叫び続けた。

 マリオハースがいよいよ投入された。マリオが巧みにキープしてくれるので、林や阿部、勇人が前に飛び出しやすくなった。レッズの危なっかしいタックルをたくみにかわし、キープするプレーに思わず歓声が上がった。やっぱりマリオはすごいと実感した。阿部の2点目は執念から生まれた。これで決勝だと飛び跳ねながら声援を送る。その分マリオのイエローカードは残念だった。決勝の舞台でこそ見たかったよ。3枚目の工藤の交代も削られては大変と、いつなのかドキドキしながら見守った。心配が杞憂に終わってよかった。それにしてもレッズのプレー振りには、格闘技の香りがした。ジェフはもっとボールを動かして、これがサッカーだというプレーをもっと自信を持ってやってほしかった。決勝こそしっかりやって、しっかり勝とう。

 試合後のスタジアム全体での喜びは、みんなで戦った証だ。涙は優勝してからと思ったが、あふれてきてしまった。臨海では悔し涙もかなり流してきたが、喜びの涙で区切りをつけるのもよいだろう。


2005.10.04

いよいよ明日・・・

がんばれ~

いろいろな気持ちがあるけど、平常心で、臨海らしくがんばろー。

2005.10.02

悔しいがこれも現実(vsアントラーズ)

 2005.10.1   鹿島スタジアム
P1110497

    鹿島アントラーズ   vs    ジ ェ フ 千 葉

        2        ―       2

    得点者  鹿島   アレックス・ミネイロ   アレックス・ミネイロ
           千葉   佐藤勇人   佐藤勇人

  試合が終わっての帰り道ずーっと胸のもやもやが取れなかった。工藤の交代があのタイミングで認められていたら、一息つけて流れが変わったかなとか、もうちょっと繰り返し違反をとってくれればやりやすかったなんていろいろ考えていた。勝負事にもしもは無いけど、勝てても良かった試合だったというのが、頭を離れなかった。でも試合後の挨拶で、阿部がずっと頭を下げているのを見てわかっているんだなと思い、少しは楽になった。

 この試合ジェフはフォーメーションをいじってきた。巻のワントップ、羽生トップ下、阿部・勇人・坂本のトリプルボランチというのは、巻が孤立して得点できるか、羽生の運動量はどうかとちょっと心配になった。試合が始まってみると、DFとボランチのマンマークに鹿島の攻撃陣がびっくりしているのがわかった。小笠原に阿部が付ききっちりやっている分、いつ攻撃参加するのかが鍵になりそうだった。DFもラインを高く保ち狭いゾーンでボールをカットし、攻撃をする速さはここ数試合では見られなかった積極性で、攻撃面の心配が少し減った。

 P1110488と、思っているところで中盤のプレスの甘さからDFの裏へボールを出され、抜けられてコーナーキックをとられた。そのコーナーから失点。この失点でいかにもゲームプランが狂いましたといっているようなあわてぶりで、落ち着いてプレーしろよと思わず叫んだ。そんな中での勇人の阿部のFKからの得点は流れを取り戻すのに良い機会だった。もっとも鹿島のDF陣は巻に対する意識が強いので、2列目からの飛び出しが得点のポイントになる。2点目はその点でも完璧だった。アシストが誰だったのかTVを見るまでよくわからなかったが、巻がボールを落としたところに勇人が走りこんできて、これで頂きというゴールになった。

 後半早めに選手交代の手を打ってきた鹿島に、マンマークのジェフの守備は明らかに苦労しているようだった。しかも前半のハードワークがきたのか、羽生をはじめとして運動量が落ちてきてしまった。その分押し込まれて下がるという悪循環におちいったのが後半の30分過ぎだった。せめてクリアーははっきりさせて切ってしまうとか、ルーズボールをしっかり追いかけようとかこの時間の反省点は大きい。マイボールになってもあわててパスして、相手に出してしまうとかあり、自分で首を絞めているようなところもあった。みんなが浮き足立っている中での大輔のクリアーミスはあってはいけないことだが、ゴールを決められてしまうのは時間の問題というかんじだった。ここを踏ん張りきれないのはやっぱり甘いのだろう。その後もせっかくのチャンスをつぶした、水野のペナ内の無駄な突っ込み(ここでコーナーを取ってくれ)やFKをストヤノフに蹴られたことなどももったいないなと思わずにいられなかった。

 いろいろなところでなんだといわれていた立石のキックの精度のことだが、多少ポイントを狙いすぎなところもあっただろうが、ピッチコンディションとの相性が悪すぎに見えた。芝がふわふわしていてゆるかったのが原因かなと曽ヶ端もミスしているのを見ておもった。

« September 2005 | Main | November 2005 »

March 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ