« いよいよ明日・・・ | Main | 巻が指を骨折(BlogPet) »

2005.10.06

みんなで頑張ってとったナビ杯決勝!!

 2005.10.5       市原臨海競技場
P1110529
 
   ジェフ千葉     vs      浦和レッズ


     2        ―        2

  
   ジェフ    阿部  阿部

   レッズ   闘莉王 田中達

  今だからいえるのかもしれないが、レッズの前半は飛ばしすぎだと思った。このまま持つわけが無いようなもうチャージ振りに、ジェフのほうは気合負けしていた。ガツンとこられると受けてしまうジェフの弱い面が出てしまった。そんな中での失点は、またミスを生み失点をかさねることになった。ただレッズのほうはラフなプレーが多く、突っつきどころはたくさんありそうだった。ただそれを生かすには、下がりすぎの態勢を前向きにしていかなくてはいけない。そしてこれ以上の失点をしないこと。

 前半0-2で何とか折り返せたのは、まだ神様が見捨てていない証拠だと思った。レッズ側は「去年の悔しさを忘れるな」といっていたが、ジェフだって去年松本でのレッズ戦引き分けでトーナメント進出だったはずが、やられてしまってものすごくむなしかった。ここでまた同じことをやるわけにはいかない。林の後半頭からの投入は前に出る良い流れを作っていた。レッズのDFにプレッシャーを与えれば、ファウルで止めに来る可能性もあるし何かが起きるという感じになっていた。コーナーキックも林のボールはニアにうまく落ちればゴールにつながるところも期待につながった。阿部の1点目はこの良い流れから生まれた。スタンドと選手の気合の入ったヘディングシュートが決まった。運動量がが落ちだした上に闘莉王のシミュレーションによる自滅の退場でいけそうな雰囲気になってきた。ただここで気が緩むとまた同じことを繰り返しそうだ。下がるな、前に出ろと叫び続けた。

 マリオハースがいよいよ投入された。マリオが巧みにキープしてくれるので、林や阿部、勇人が前に飛び出しやすくなった。レッズの危なっかしいタックルをたくみにかわし、キープするプレーに思わず歓声が上がった。やっぱりマリオはすごいと実感した。阿部の2点目は執念から生まれた。これで決勝だと飛び跳ねながら声援を送る。その分マリオのイエローカードは残念だった。決勝の舞台でこそ見たかったよ。3枚目の工藤の交代も削られては大変と、いつなのかドキドキしながら見守った。心配が杞憂に終わってよかった。それにしてもレッズのプレー振りには、格闘技の香りがした。ジェフはもっとボールを動かして、これがサッカーだというプレーをもっと自信を持ってやってほしかった。決勝こそしっかりやって、しっかり勝とう。

 試合後のスタジアム全体での喜びは、みんなで戦った証だ。涙は優勝してからと思ったが、あふれてきてしまった。臨海では悔し涙もかなり流してきたが、喜びの涙で区切りをつけるのもよいだろう。


« いよいよ明日・・・ | Main | 巻が指を骨折(BlogPet) »

ジェフ」カテゴリの記事

観戦記」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference みんなで頑張ってとったナビ杯決勝!!:

« いよいよ明日・・・ | Main | 巻が指を骨折(BlogPet) »

March 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ