« November 2005 | Main | January 2006 »

2005.12.21

Jリーグアウォーズ・ベスト11おめでとう!!

P1130640

 毎年恒例のJリーグアウォーズに今年も行ってきた。今年は特にベストイレブンにストヤノフ、阿部が選出されるのではないかという下馬評の高さもあって例年に無く楽しみだった。それに新横浜にこれだけのサッカー関係者が集まるのも、この機会だけなので目いっぱいミーハーになれる。とはいってもここのところ出足が早めなので、ラ博によらずまっすぐ横浜アリーナを目指した。入り口のところでジェフの淀川社長を見かけたり、スカパーの撮影中の野々村さんを覗いたりしたので、かなりwakuteka。
 入場してピンズやお菓子・プログラム入りの袋を受け取り、見やすそうな席を探して落ち着いた。ジェフサポとしての表明用のタオマフを用意して準備完了。選手の入場を待つ。開演30分前ぐらいから、男の子のリフティングが始まりずーっと続いているのを見て、すごいと感動する。ダンスパフォーマンスの後ジョン・カビラ、石山愛子の両司会者が挨拶をして、選手入場。タキシード姿の選手達のぎこちなさを見て和んだり、かっこいいなぁと思ったり。阿部の頭がすっきりしていてびっくりしたかと思えば、名古屋の中村直志もすっきりしていて別人のようだった。さすがに降格組の表情はかたかった。最後に優勝チームが中央の後方から登場。このセレモニーを見るたびに、優勝しないと駄目なんだなぁとつくづく実感する。
 チェアマンの総括から功労者表彰へと。この功労者表彰のモットラム氏にはいろいろ複雑なものもあったけれど、勇退する人なんだからと拍手でおくった。もう一人のビスマルクは太ったなぁというのが正直なところ。優秀主審の松村氏は無難な選出という気がする。フェアプレー賞はチームとしては今年もなし、個人賞で茂庭と大黒だった。大黒はTVの撮影中に怪我して不参加、茂庭は記念品をスピーチの後で落として笑いをとってしまった。今年は高円宮妃殿下がプレゼンテーターをされて、いよいよ名誉総裁として本格的に活動されるようでうれしかった。新人王は自分的には西川のほうにあげたかった。GKの新人王なんてこれからもなかなか生まれそうも無いだろう。優秀監督賞の西野監督も当然だろう。びっくりしたのが特別賞で、セレッソの小林監督とオシム監督が受賞した。オシム監督がいなかったのがものすごく残念だった。スピーチは小林監督だけだったが、代理で受けた淀川社長がスピーチをしようとしていたように見えてちょっとおかしかった。社長にもスピーチさせて欲しかったな。
 そしていよいよベストイレブンの発表。GKの吉田はちょっと意外だったが良かったと思う。DFでストヤノフ、MFで阿部が選出されて、とうとうジェフから選出されたとめちゃめちゃうれしかった。それにしてもストヤノフはずっと表情が硬いままだった。ものすごく緊張していたのかもしれない。古橋の選出もびっくりした。2年でここまでかけのぼってきたんだなぁとちょっと感慨深かった。それにしても日本人得点王でFWの選出の寿人のコメントの優等生ぶりには、できすぎだよと思うしかなかった。
 

また、今まで育ててくれた市原(現千葉)、C大阪、仙台、広島に感謝の気持ちを申し上げたいと思います

でもこのコメントはものすごくうれしかった。MVPアラウージョで文句なしでしょう。
 みどころも十分で、今年は楽しかった。来年はアリーナ席でみたい。

Continue reading "Jリーグアウォーズ・ベスト11おめでとう!!" »

2005.12.12

お前ら鳥取砂丘で罰走しろ!

P1130523
 得点者 ジェフ千葉   林    マリオ・ハース
      セレッソ大阪  森島  ブルーノ 黒部  古橋  前田 

 0-5になった時どうしようもないむなしさでいっぱいになった。動き出しが悪い、中盤のプレッシャーの甘さからDFの裏を取られるフィードを簡単に出される、パスコースの少なさと足元でしか受けようとしないところを見抜かれて、簡単にボールをカットされる、ドリブルが多くなってリズムが悪い・・・。どれをとっても見ていてきつくなる場面ばかりだった。そんな悪いリズムのときに視野の広いプレーで、変化をつけてくれる阿部がいなかったし、DFラインからしっかり支えてくれていた大輔がいなかった。今日ほどこの二人の不在がきついと思ったときは無かった。
 ジェフがチャンスを作るなら、お返しとばかりにすばやくセレッソDFの裏を付くこと、リズム良くボールをまわしてサイドからニアサイドを使うことだと思っていた。そんな攻撃が見られたのが0-5になってからとは・・・。せめてもの意地を見せろよと、さすがに怒鳴ったのは0-3になったときだったが、気の無いようなプレーが目立っていた。動け!なんて怒鳴ったのは何年ぶりだろう。それくらい最悪な試合だった。ボールが多少まわせるからって、変なポゼッションサッカーになってしまっているうえに、積極的にシュートに行かないから、カットされてカウンターをくらってしまうというのはどうなんだろう。
 P1130532
試合後ゴール裏の挨拶に行ったストヤノフとの間に何があったのだろうか。聞こえなかったのでこのやり取りを知りたいな。うつむいて引き上げてくる選手達を見送って、監督が引き上げるのを待った。セレッソ側のベンチが片付けられてもまだ、オシム監督はベンチで話をするのをやめなかった。祖母井さんもその中に入ってしばらくして終わった。そのオシム監督に来年はリーグ優勝しようと声をかけた。渋い表情のまま答えて手を振ってくれた。帰りのバスが混んでいるからと、選手の出待ちをしようかとも思ったが、気が乗らないのでやめた。おいらは、砂丘観光のために鳥取に来たわけじゃない!といいたい気分を押し殺してホテルで不貞寝した。


2005.12.05

今季最悪?負けるべくして負けた感じ(BlogPet)

今日は、広いジェフ千葉とかを得点したかったの♪
今日味の素スタジアムとか、広い味の素スタジアムとかを得点したかったの♪
今日味の素スタジアムや、大きい味の素スタジアムなど言ったよ
今日は、千葉で大きい味の素スタジアムなど言ったよ
2005.21得点者...........................................................................................................................................................................................................................................................................................................................................
だって♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「QooQoo」が書きました。

勝ち点1の重み

    2005.12.3        フクダ電子アリーナ
P1130381
 5チームに優勝の望みのある状態での最終戦。ジェフはまず勝利、そのうえで上位チームがこけるのを祈るという展開だった。試合が始まり、上位陣が得点する中、動きの無いのがフクアリだけだった。そうはいっても、ジェフもかなりチャンスを作り、シュートを打つがゴールの枠の中に飛ばない。特に巻にきっちりとシュートを打つ姿勢が見られなかったのがすごく残念。ゴール前で3人ぐらいでボールをまわすようでは、スペースをつめられてカットされて当然。ゴールに対してもう少し強引さが欲しいと痛感した。
 ディフェンスも2バックとは言っても阿部がグランパスの鴨川をみるかたちで、実質的には3バックの時間が長かった。後半ポンと裏に出たボールに櫛野もつりだされ、無人のゴールにボールが入っていくのが、スローモーションのようにみえた。結構優勢に試合を進めていただけに、この失点はショックだった。しかも点を取りに行く形で、山岸から林の交代をして3トップ気味にしていた。その後羽生に代えて工藤を入れるといった手を打っても、じりじりと時間がすぎていった。ただグランパスの楢崎と山口が衝突をしてその後の処置に時間がかかっているので、ロスタイムはながい。他会場はとかの話もあるがレッズが優勝するくらいなら、頑張れガンバだとか言いながらも、他会場はいいや目の前を勝つんだとつぶやいた時、斎藤大輔が倒された。PKだ。これを阿部が決める。ボールがなかなかセットされず、野次が飛ぶ。そしてスタートいい攻撃の形になったとき飛び込んできた坂本のシュートが決まった。これで逆転。だがまだ時間がある。集中を切らすなと思わず声が出た。そして試合終了のホイッスルがなった。このときセレッソが引き分け、ほかのチームは勝利ということでガンバ優勝が決定。ジェフは4位に浮上した。試合後の挨拶では相変わらずウルウルしている阿部に、泣くな!という声が飛んだ。天皇杯の勝利も約束してくれた。臨海と違いサポとの握手がない分すんなりと終わった場内一周など変わったところもあったが、選手とサポの距離感の撮り方はほのぼのとしている。
 勝ち点差1と得失点の関係で4位に終わった今年、勝ちきれなかった試合、引き分けられなかった試合、ここぞというときにできなかった得点の重みを思い知らされた。来年こそ勝たなくてはいけない試合を必ず勝つチームに成長して欲しいと思う。
 試合後友人達との飲み会を終えて、地元の改札を出ると、そこにアマルコーチとオシム監督、祖母井GMたちがいてびっくり。相方とこそこそ相談して、握手をしてもらうことにした。そのとき、今日の試合を応援していたこと、来年も頑張ってというと祖母井さんが通訳してくれた。来年も、のあたりで怪訝そうな表情もちょっと見られたが、うれしそうに握手をしっかりしてくれて、もうめちゃくちゃうれしかった。来年もお願いしますよ、オシムさん!!

« November 2005 | Main | January 2006 »

March 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ