« February 2006 | Main | April 2006 »

2006.03.27

チャンスの神様を取り逃がした夜(vs鹿島)(BlogPet)

こないだ、gu-pinが
2006.3.18Jリーグ第3節フクダ電子アリーナジェフ千葉2-2日本平福岡得点者ジェフ巻要田日本平.
とか思ってたらしいの。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「QooQoo」が書きました。

チャンスの神様を取り逃がした夜(vs鹿島)

 2006.3.25  Jリーグ第5節  フクダ電子アリーナ
P1150039

   ジェフ千葉   vs   鹿島アントラーズ

      0     ―        1

  得点者  アントラーズ   アレックス ミネイロ

 とうとうフクアリで敗戦となってしまった。そもそもスタジアムに着くまでに、いつもの事ができなくていやな予感がしていた。特に蘇我の駅で万葉軒のカツ弁当が買えなかったことが気になっていた。とりあえず「ハーフタイム」のカツサンドを買ってスタジアム入りした。このカツサンドでは縁起かつぎができなかったようだ。ぜひ蘇我駅での駅弁コーナーを常設化して欲しい。それとも、千葉駅まで行くか。

 試合内容は、思ったよりも下がり気味でポゼッション重視かと思われるような鹿島と、サイドからひたすらボールを放り込んだように見えたジェフの攻防となった。しかもレフェリーが高山氏で、厳しいぶつかり合いが予想されるだけに不安も大きかった。特に立ち上がりのルーズさでこれじゃけが人が出るよと叫んだのが、現実となるとはねぇ。ただしジャッジとは関係が無かったが。けが人という点でも運が無かったのはジェフのほうだった。マリオハースの負傷交代は、だましだまし使っていくしかないという話もあったので仕方が無いと思っていた。坂本のほうは、密集の中でのオーバーヘッドキックの着地失敗での負傷で、飛び上がった瞬間やばいと思ったのでなかなか立ち上がれないのを見てあきらめるしかなかった。この坂本の交代が、後半も終盤になっての守備の混乱になって失点の遠因になったような気もする。柳沢の怪我は気がつかなかった。ただ全治2ヶ月と聞いて、W杯に影響するとなると残念なことだ。
 この日のジェフの攻撃で気になったのは、ラストパスの精度の悪さだった。クロスはただ放り込むだけに見えたし、ペナ前でしっかりまわす場面で相手にパスをしてしまうので簡単に反撃されてしまった。クロスを入れるにしてももう少しえぐってからにしたり、ニアで勝負することも必要だろう。パスにしてももっと裏を突く動きがあって、速攻を仕掛けるとかしないと単調なものになってしまう。ここまで無得点試合が無かったので、どこか取れるのではというゆるい気持ちがあったとしたら残念だ。どこかで得点をする執念が、鹿島のほうが上回っていたのかもしれない。その執念の差が、チャンスの神様の前髪をつかむかどうかの境目になったように思える。
 それでも攻撃のときに勇人がしっかり上がってきたり、山岸のペナ前での動きとか、ジェフの良いときの動きが戻ってきたように思える。とくに斎藤大輔がゴール前まで上がってきて、シュートを打った場面は変わってきたなと実感できるものだった。クルプニにしてもパスミスは目立ったが、かみ合えばいままでにないプレーが見られる予感もした。あとは失点の不安と戦いながら、もう少し前でプレッシャーを掛け、前線からの攻撃的な守備ができれば、面白い試合ができると思う。ただ、ストヤノフの「内容がよくて負けるよりも、内容が悪くても勝つほうがいいに決まっている」という言葉は胸に刺さった。

 写真はこの日発表された黄色い人のパーセンテージ。でも、なんかもっと少ない気がする。スタジアムではもっと黄色くなろう!!


2006.03.22

鬼門日本平で今季初勝利(vs清水)

 2006.3.21  Jリーグ第4節   日本平スタジアム
P1140889

    清水エスパルス vs  ジェフ千葉

         1     ―    2

  得点者 エスパルス  マルキーニョス

        ジ ェ フ      阿部    羽生

  土曜の福岡戦の不満いっぱいのまま、乗り込んだ清水・日本平。どうせ勝てないとかぼやきながらもジンクスを払拭しようと、去年のナビスコジュビロ戦になぞらえての18切符での各駅停車のたびをした。開き直ってマグロや桜海老・生しらすを食し、エスパルスチームショップに行きパルちゃん人形を購入した。スタジアムで焼きそばを食べて、パルちゃんショーをみるともう満足状態になってしまった。それでも戦わないと、という気持ちがあったのか、ゴール裏に行かないアウェイ潜入中にもかかわらずユニを着ての応援をした。
 その甲斐もあって試合運びがすこし慎重かなという感じだったが、今までに無い気合を感じた。それが形になったのが、阿部がPKを取った走りこんだ場面だった。ただそのすぐ後軽率なプレーでマルキーニョスにPKを与えてしまって、ここでアピール合戦になってしまうと変な流れになってしまうなと思ったがうまく踏ん張れてよかった。まずはDFのマンマーク、前線と中盤でチェイシングの動きができてきて攻撃もつながるように後半はなってきた。しかも、風が強くてボールが伸びる状態でエスパルスの守備が押されだしていた。巻もチャンスボールをもらったりしていた時間帯だった。相手が不安定なパス交換をしていたので、突っ込めば何か起こる予感はあった。案の定パスミスがあって、そこを羽生がうまくボールをとってキーパーと1対1でここで決めろと声が出たとき、ボールがゴールに転がっていった。もううれしくて立ち上がってガッツポーズ。やっぱり攻撃は前に出ないと始まらない。
 その後は慎重にボールをキープして、試合終了。選手もうれしそうだったし、サポも盛り上がった。いつもこのチームは昔から失望しそうになると、結果を出すんだよなぁと思わずぼやきも出てしまった。内容的には負けないサッカーをした雰囲気もあって、そんなに満足できるものではなかったが、しっかりとマークにつき頑張って押し上げてコンパクトなサッカーができたので次につながるものになったと思う。このシーズンはじめて行ってよかった試合になった。
 
 帰宅は静岡駅から東京行きに乗ることにしたので、選手達を新幹線の改札のところで見送った。

      


   

2006.03.20

中盤で負けるジェフなんて・・・(vsアビスパ福岡)

 2006.3.18 Jリーグ第3節  フクダ電子アリーナ
P1140812

   ジェフ千葉  2 - 2 アビスパ福岡

 得点者  ジェフ  巻  要田

      アビスパ 薮田 薮田

 前半攻めている時に得点ができなくて、不意をつかれるとクロスから決められたり、セットプレーから失点したりとここのところのいつもどおりの試合だった。去年もそうやって先行されることが多かったけれど、去年とは違って勝てる気がしない。それはたぶん阿部を信頼し切れていないからなんだろう。ディフェンス面でも集中が切れている場面も多くて、存在感もあまり無いし。早く去年みたいな阿部に戻ってくれないとジェフらしい攻撃は無理があると思う。もうこれ以上中盤がすかすかで、走り負けているジェフのサッカーなんて見たくない。

 この試合で一番悲しかったのは、中島が斎藤と要田の後退の関係でDFラインに入って4バックになった時、クリアーボールを真上に蹴り上げて守備の混乱に拍車をかけたところだった。このときにこのチームはもう優勝なんていっていられるチームじゃないなと感じてしまった。第一マーカーではいるのに何で中島なんだろう。結城とか藤田は中島よりも信頼できないのか。幸いこの後攻撃的に行くことができて、しかも要田の同点ゴールと結果が出たから良かった。でも、引き分けで深刻さが薄れてしまうことも心配だ。こうなると頑張ることのできる新しい力の出現を待つしかないのか。


2006.03.13

勝ち点2を失った(vs甲府)

  2006.3.11     フクダ電子アリーナ

  ジェフ千葉  2  -  2  ヴァンフォーレ甲府

 得点者  ジ ェ フ  マリオ   阿部

     ヴァンフォーレ  堀井   バレー

  どこか歯車がおかしかった。流れの良いときには目立たないが、押し込まれるとその狂いが明らかになって、失点へとつながってしまう。阿部が代表から帰ってきてから、おかしい感じがするのもどこかつながっているようだ。ただその代表で成果らしい物を得た巻は元気だし、今年こそブレイクすると予感している山岸も動けているのが明るい物だ。歯車の狂いを感じるのは、味方同士の接触の多いことだ。前半立ち上がりのディフェンス、後半巻と坂本の接触、声は出し合えていないような感じがした。
 たち上がり相手の出方の予想が狂ったのか、4バックの動きがまとまっていなかった。相手が3トップのような形でなかったので、マークがずれたままプレーが進んでいったようだった。どうにかマーカーがDFでははっきりしてきたが、中盤の石原、倉貫を中島、阿部が自由にしすぎて、甲府の攻撃をしのぐのがやっとの状況だった。それに気が付いて、ジェフの攻撃ができるようになるまで15分。この間失点しなくて良かった。
 ジェフの攻撃の早さに少しついて行けなくなっていた時間帯に、速攻で中島からマリオにつながってゴールになったプレーはよかった。すこしはジェフらしいプレーができるようになったかなと安心した。後半になって巻がペナルティエリアで倒されPK、阿部が決めて2点目。その後甲府の選手交代で流れが変わったことも考えると、このあたりの時間帯で、追加点が取れなかったのも引き分けにつながっていったようだった。
 甲府が宇留野に代えて堀井を入れて、石原をサイドに移すと、ジェフの中盤の守備の甘さが明らかになった。ジェフの左サイドの緩さや下がりすぎてできたスペースを、堀井や石原に使われてしまったようだ。1失点目はふられて後追いになったところをきめられてしまったし、2失点目は下げられたボールに寄せる人がいなくて、ゴール前にあげられてしまい、バレーに決められた。もっともこの失点の前、倉貫から鶴見の交代の時にジェフも中盤の守備にてこ入れをするべきだと思った。巻の後ろにスペースがあって、その後ろに5人が並んだ姿は、かなり変だった。このバランスの悪さが攻撃のスピードを奪い、守備が水際立ってくる悪循環を招いているようだった。
 同点にされて、要田を入れてもどこまで攻撃的になるだろうかと思った。それでもビジュの退場もあって、かなりゴール前に攻めてシュートをかなり打ったが、キーパーの正面ばかりで勝利の女神はほほえんでくれなかった。まぁ阿部がうつむいてプレーしているようではだめなんだろうなぁ。もっと前からプレスをかけていってリズムをつかむことを思い出して欲しいし、もっとしっかり走って欲しい。この甲府戦では(も?)走り負けてしまっているのもがっかりした。勇人も上から見て気が付いたようなので、これを生かして福岡戦では勝てるようにがんばって欲しい。

2006.03.12

2006バージョンユニをゲット

 会場前にどうにか着いて、優先入場で売り場に駆けつけ、どうにか買えたユニ。
希望通りに行かなかった、ストヤノフのはアウェーになってしまったが他の人の話を聞くと仕方ないかなと思う。
帰宅して苦手な針と糸を持ち、君津住宅を縫いつけた!
PICT0001-1
このユニで今年一年戦うぞ。


市原臨海メモリアルターフ

やっと今日臨海に行ってメモリアルターフのプランターを受け取ってきた。
帰り道に五井グランドの前を通ったら、オシムの姿が見えて後援会の激励会だったなと思い出した。
PICT0019

大切に育てないといけないな。選手とおいらたちの汗と涙のしみこんだ芝。

2006.03.06

3月5日のこと

suica_35

 ☆追記☆
 きちんと書こうと思ったのだけど、遅くなってしまった。
この日行ったのはまず味スタのFC東京vs大分トリニータ。その後東京ドームのWBC 日本vs韓国を観戦。ということでさいスタの大宮アルディージャvsジェフ千葉は生観戦できなかった。というのもWBCであっても日韓戦という言葉に弱い自分は、間に合わないさいスタではなく近所の味スタを選択したのだった。
 ということでどちらかといえば東京よりなので1勝でWBCとさいスタで2敗という一日だった。
それにしても大宮の桜井には腹が立つ。
 


« February 2006 | Main | April 2006 »

March 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ