« 2006バージョンユニをゲット | Main | 中盤で負けるジェフなんて・・・(vsアビスパ福岡) »

2006.03.13

勝ち点2を失った(vs甲府)

  2006.3.11     フクダ電子アリーナ

  ジェフ千葉  2  -  2  ヴァンフォーレ甲府

 得点者  ジ ェ フ  マリオ   阿部

     ヴァンフォーレ  堀井   バレー

  どこか歯車がおかしかった。流れの良いときには目立たないが、押し込まれるとその狂いが明らかになって、失点へとつながってしまう。阿部が代表から帰ってきてから、おかしい感じがするのもどこかつながっているようだ。ただその代表で成果らしい物を得た巻は元気だし、今年こそブレイクすると予感している山岸も動けているのが明るい物だ。歯車の狂いを感じるのは、味方同士の接触の多いことだ。前半立ち上がりのディフェンス、後半巻と坂本の接触、声は出し合えていないような感じがした。
 たち上がり相手の出方の予想が狂ったのか、4バックの動きがまとまっていなかった。相手が3トップのような形でなかったので、マークがずれたままプレーが進んでいったようだった。どうにかマーカーがDFでははっきりしてきたが、中盤の石原、倉貫を中島、阿部が自由にしすぎて、甲府の攻撃をしのぐのがやっとの状況だった。それに気が付いて、ジェフの攻撃ができるようになるまで15分。この間失点しなくて良かった。
 ジェフの攻撃の早さに少しついて行けなくなっていた時間帯に、速攻で中島からマリオにつながってゴールになったプレーはよかった。すこしはジェフらしいプレーができるようになったかなと安心した。後半になって巻がペナルティエリアで倒されPK、阿部が決めて2点目。その後甲府の選手交代で流れが変わったことも考えると、このあたりの時間帯で、追加点が取れなかったのも引き分けにつながっていったようだった。
 甲府が宇留野に代えて堀井を入れて、石原をサイドに移すと、ジェフの中盤の守備の甘さが明らかになった。ジェフの左サイドの緩さや下がりすぎてできたスペースを、堀井や石原に使われてしまったようだ。1失点目はふられて後追いになったところをきめられてしまったし、2失点目は下げられたボールに寄せる人がいなくて、ゴール前にあげられてしまい、バレーに決められた。もっともこの失点の前、倉貫から鶴見の交代の時にジェフも中盤の守備にてこ入れをするべきだと思った。巻の後ろにスペースがあって、その後ろに5人が並んだ姿は、かなり変だった。このバランスの悪さが攻撃のスピードを奪い、守備が水際立ってくる悪循環を招いているようだった。
 同点にされて、要田を入れてもどこまで攻撃的になるだろうかと思った。それでもビジュの退場もあって、かなりゴール前に攻めてシュートをかなり打ったが、キーパーの正面ばかりで勝利の女神はほほえんでくれなかった。まぁ阿部がうつむいてプレーしているようではだめなんだろうなぁ。もっと前からプレスをかけていってリズムをつかむことを思い出して欲しいし、もっとしっかり走って欲しい。この甲府戦では(も?)走り負けてしまっているのもがっかりした。勇人も上から見て気が付いたようなので、これを生かして福岡戦では勝てるようにがんばって欲しい。

« 2006バージョンユニをゲット | Main | 中盤で負けるジェフなんて・・・(vsアビスパ福岡) »

ジェフ」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 勝ち点2を失った(vs甲府):

« 2006バージョンユニをゲット | Main | 中盤で負けるジェフなんて・・・(vsアビスパ福岡) »

March 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ