« 中盤で負けるジェフなんて・・・(vsアビスパ福岡) | Main | チャンスの神様を取り逃がした夜(vs鹿島) »

2006.03.22

鬼門日本平で今季初勝利(vs清水)

 2006.3.21  Jリーグ第4節   日本平スタジアム
P1140889

    清水エスパルス vs  ジェフ千葉

         1     ―    2

  得点者 エスパルス  マルキーニョス

        ジ ェ フ      阿部    羽生

  土曜の福岡戦の不満いっぱいのまま、乗り込んだ清水・日本平。どうせ勝てないとかぼやきながらもジンクスを払拭しようと、去年のナビスコジュビロ戦になぞらえての18切符での各駅停車のたびをした。開き直ってマグロや桜海老・生しらすを食し、エスパルスチームショップに行きパルちゃん人形を購入した。スタジアムで焼きそばを食べて、パルちゃんショーをみるともう満足状態になってしまった。それでも戦わないと、という気持ちがあったのか、ゴール裏に行かないアウェイ潜入中にもかかわらずユニを着ての応援をした。
 その甲斐もあって試合運びがすこし慎重かなという感じだったが、今までに無い気合を感じた。それが形になったのが、阿部がPKを取った走りこんだ場面だった。ただそのすぐ後軽率なプレーでマルキーニョスにPKを与えてしまって、ここでアピール合戦になってしまうと変な流れになってしまうなと思ったがうまく踏ん張れてよかった。まずはDFのマンマーク、前線と中盤でチェイシングの動きができてきて攻撃もつながるように後半はなってきた。しかも、風が強くてボールが伸びる状態でエスパルスの守備が押されだしていた。巻もチャンスボールをもらったりしていた時間帯だった。相手が不安定なパス交換をしていたので、突っ込めば何か起こる予感はあった。案の定パスミスがあって、そこを羽生がうまくボールをとってキーパーと1対1でここで決めろと声が出たとき、ボールがゴールに転がっていった。もううれしくて立ち上がってガッツポーズ。やっぱり攻撃は前に出ないと始まらない。
 その後は慎重にボールをキープして、試合終了。選手もうれしそうだったし、サポも盛り上がった。いつもこのチームは昔から失望しそうになると、結果を出すんだよなぁと思わずぼやきも出てしまった。内容的には負けないサッカーをした雰囲気もあって、そんなに満足できるものではなかったが、しっかりとマークにつき頑張って押し上げてコンパクトなサッカーができたので次につながるものになったと思う。このシーズンはじめて行ってよかった試合になった。
 
 帰宅は静岡駅から東京行きに乗ることにしたので、選手達を新幹線の改札のところで見送った。

      


   

« 中盤で負けるジェフなんて・・・(vsアビスパ福岡) | Main | チャンスの神様を取り逃がした夜(vs鹿島) »

スポーツ」カテゴリの記事

ジェフ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 鬼門日本平で今季初勝利(vs清水):

« 中盤で負けるジェフなんて・・・(vsアビスパ福岡) | Main | チャンスの神様を取り逃がした夜(vs鹿島) »

March 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ