« 桜は見頃、ジェフのサッカーは?(vsフロンターレ) | Main | ベンチ組とスタメンの壁(ナビスコ杯vs新潟) »

2006.04.09

トラブル乗り越えリーグ戦ホーム初勝利!!(vsセレッソ大阪)

2006.4.8   Jリーグ第7節    フクダ電子アリーナ 

アウェイ側ゴール裏

 ジェフ千葉     vs     セレッソ大阪

   2        -         1

 得点者  ジェフ   羽生  山岸

       セレッソ  西澤

 試合開始前、突然「突然ですが・・・」と今シーズンのゴール集を見せられて始まった。かなりびっくりして、しかも開始早々、 プルクニのパスから羽生が抜け出してゴールを決めた。このときのセレッソのディフェンスぶりから、突っつけば崩れるのかと祭りを予感した。 山岸が切り込んでいって、ゴールを決めたときには大量点だと思ったが甘くはなかった。この立ち上がりの怒濤の攻撃時に、 3点目がとれなかったことでいつもの不安がよぎる。コーナーキックの流れから、西澤のボレーが決まると、またかという気持ちになる。 このときのコーナーにしたプレーで、水野の判断が甘いとか立石のコーチングがとか言いたいことがあるけれど、 セットプレーが苦手なんだからならないようにする必要もあったはず。でも、あの西澤のボレーはすごかった。

 このときのディフェンスの形や同じように失点する姿を見て、 今までのようにどこまでも密着のマンマークからゾーンのような受け渡しをするようになって、ミスが目立つようになった。 中盤でしっかり守り攻撃していく進歩を促すための2バックなのに、相手の攻撃を受けると下がりすぎてスペースを与えてしまう。 マーカーもどこまできっちりしているのかという疑問が浮かぶ、セットプレーの守備ぶりになって失点が増えてしまう。 試合全体を見るとジェフの鍵は羽生だという気がする。羽生が前でがんばっているとチャンスが増えて、下がってくると攻め込まれる。 羽生はしっかりと前でがんばって欲しい。

 後半それまで普通に攻めあがっているように見えた山岸が、監督に交代して欲しいとサインを送っていた。 異常が起きたのが分からなかったので、マリオか誰かなのかなと思っていたら山岸本人だったのでものすごくびっくりした。 そうしている間に今度はマリオが要田を指名して消えていってしまって、またまた混乱してしまった。これで攻撃のオプションが減ってしまって、 残りの時間が苦しくなることになった。特に山岸の攻撃面での存在感を思い知らされた。そのくらい水野が消極的だったという感じがした。 それでも3点目の大きなチャンスがあったが、巻がはずして追加点の遠いこと。ただ守備では山岸の代わりに水本が入って安定したのは良かった。 しかも危機的状況に阿部もしっかり動いて、キャプテンの存在感を示した。この勝利は苦しんでとれたという点では良かったが、 もっと簡単に追加点さえ取れていれば勝てた試合だったかもしれない。

勝利のばんざーい!

 今日の新商品のキャラクター炊き枕が、念願の「おやすみ」ということを出かける直前に届いたユナイテッドで知って、 買うぞと意気込んで購入。試合後仲間と飲んでいたら、会計中のジェフサポの目にとまり、 どうせグッズを買ってくれるというのならこれがいいと言っていた。ただこの口の赤さがいやらしいとも友人から言われてしまったが、 セクシーでいいよ。方々で注目を浴びつつ帰宅して、おやすみクッズ師匠のグランパス君と記念撮影。

 

« 桜は見頃、ジェフのサッカーは?(vsフロンターレ) | Main | ベンチ組とスタメンの壁(ナビスコ杯vs新潟) »

ジェフ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

« 桜は見頃、ジェフのサッカーは?(vsフロンターレ) | Main | ベンチ組とスタメンの壁(ナビスコ杯vs新潟) »

March 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ