« May 2006 | Main | July 2006 »

2006.06.28

ジェフクラvsHonda FC

2006.6.25      都田サッカー場
P1160907
 ジェフクラブ    vs    Honda FC

   1                4

 得点者 ジェフクラ    河野将吾
      Honda FC  鈴木滋  鈴木弘大×2  関雅至

 土曜日の例の人の話のおかげで、サッカー見に行かないと精神衛生上良くないと思わず出かけた都田でした。もっとも旧JFL時代から見続けている相方が、日本一の焼きそばくさい競技場と褒め称えていたところだった。ジェフクラがJFLに昇格して、大きくなっていた妄想から現実にするためにも良い機会に思えた。実際行ってみると、焼きそばは作り置きでスタンドには匂いが流れてこなかった。それでもキャラ好きとしてはマスコットのパッサーロというつばめがいて、グッズも買えてかなりうれしかった。

 試合自体は、出向組頑張れよにつきる。とくにボランチの君、ボールウォッチャーになるのはいいかげんにしなさい。もっとも後半交代してからましになったので、分かると思うけれど。それにしても前半はひどかった。守備は3人くらい攻撃も3人くらいでサッカーが成り立つわけがない。出入りが多いのでコンビネーションがうまくいかないのもわかるけれど、そこを上手く乗り越える力が欲しい。それは的確なコーチングであったり、状況判断だったりということかもしれない。コーチング・コミュニケーションという点では、失点するかというピンチの後淡々とポジションに戻る姿を見て少しがっかりした。もう少しおこったりポジションの確認とかして欲しかった。

 あまりに無惨な前半のあと、近くにいた本田の応援のおじさんから「ジェフクラってトップからの選手がいるのにひどいサッカーだね」と言われてしまった。こちらは最近5人もはいってこなれていないんですよと答えてみた。そのあとも自分らの会話を聞いているようで、その後はだんだんがっかりさせているような感じで申し訳なかった。そうでなくてもJFLのオフィシャルブックを開いている人たちが、実際のメンバーを見てなんでと固まっているのが分かった。いろいろな立場のチームがあるのがJFLの良いところだが、わかりにくくなってしまっているかもしれない。もっとも競り合いに負けまくっている市原がDFやっているのってコンバートされたばかり以来だから、あのころに比べればうまくなったよね。なんて言っているのだからどうしょうもないか。

 この試合での本当の収穫は、韻が結構いけるのではという期待の持てるプレーをしたことかもしれない。周りとのコンビがいまいちながら、パワーとかスピードを生かして裏をつく動きができていた。実戦でプレーの質を鍛えられれば、おもしろくなりそうな感じがした。気になったのはチームとして退場者の多いこと。GKは2試合連続だし、市原の退場のような暴言というのはとんでもないことだ。レフェリーの質にもいろいろ言いたいことがあるのかもしれないが、まず自分のプレーをしっかりすることを心がけるべきだ。調子に乗れれば味方につけることができるかもしれないと思うことも悪くない。

 今回ここまできて良かったと思えたのは、友人とサッカー談義をしながら帰れたことだ。それだけでも家でもやもやしているよりも気が晴れて楽しかった。勝利は気にしないよと自分なりのジェフクラの楽しみ方を見つけたが、やはり負けは負け。つらい物がある。

P1160904
つばめのパッサーロ


2006.06.25

まずはこの4年間の総括を!

 せっかくのオフの時期なのに、ワールドカップを純粋にサッカーとして楽しもうとしていたのに、 まったくこのJFA会長をキャプテンと呼ばせるこの人は無粋で無礼だと思う。次期監督をオシムと漏らしてしまったのが、 過失なのか故意なのか分からないけれどそういうことよりもやることはあるはずだろう。

 まずはこの4年間で日本のサッカーが、どうなったのか総括をするべき。それは技術委員会が出すテクニカルレポートとは違う物だ。 自分の言動でジーコに決まった訳なのだから、それがどういう結果になったのか語ることに何の問題はない。戦う体制を作れたのか、 戦う選手にしっかりとバックアップできたのかを語らずに、 選手個人の個の力を上げていけなかったことを言われてもただのいいわけにしか聞こえない。そこ代表がすべてではないと逃げてもらっても困る。 ジーコ代表監督の下で何があって、何が良くなかったから、今度はどういう方針を持ってやるということがよく分からないで、 監督選びができるのか。そんな物すらいえずにはぐらかすのはおかしいと思う。もっともFIFAのブラッター会長は。 日本は後退していると中間報告しているのだが。

 それはマスコミも同じで、予想されたことだがここにきてやっと代表のマイナス面がでてきた。ただいけるとばかり言っていたわけで、 そこのところをしっかりと反省して欲しい。そして協会や代表の事実をしっかりとつたえるべきだと思う。 それなのに川淵チェアマンの失言に乗って、次期代表監督だと踊ってしまっている。巷でいわれている、 日本協会による言論統制が本当のことのようで、信用できないでいる。

 そして名前の出てしまったオシム監督については、ジェフのサポーターである以上シーズン途中での交代には反対したい。 兼任を容認という話もあるが、8月のスケジュールが大変なことをどうするのかも含めてはっきりさせて欲しい。 そしてサポーターに対してもしっかりと説明して欲しいと思う。だいたいこの4年間の代表のサッカーはつまらなかったので、 代表よりもチームが大事という人も多くいることを理解しておくべきだ。そういう人たちにとって、 日本代表のためだからと言うのは理由にならない。きちんと筋を通した上でのことであれば、自分は理解をして応援していく気持ちはある。

2006.06.19

とりあえずセレッソを破り準決勝へ(BlogPet)

今日千葉でフクアリジェフ千葉とかを得点しなかった?
今日、gu-pinは、準々決勝とかをレグしなかった?
今日、古橋で広い山岸とか、準々決勝をvsしなかったの?
今日、gu-pinは、古橋で準々決勝とか、ジェフ千葉や、山岸とかあると、大きい柿本とかをvsしたい
今日大きい柿本と、山岸とか、緩く準々決勝などをナビされたつもりだった
QooQooが、山岸をナビされたつもりだった
と、QooQooが思ってるの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「QooQoo」が書きました。

2006.06.16

日本vsオーストラリア

2006年6月12日 ワールドカップGL第1戦  カイザースラウテルン

   日 本    vs  オーストラリア

     1             3

 得点者   日 本    中村

      オーストラリア  ケイヒル×2 アロイージ

 昨日ドイツから帰国した。多少時差ぼけ気味で、やっと書き込めるくらいに頭が回転するようになったところって、この時間なら当然か。 ドイツは楽しかったな、あの試合以外は。帰国時の税関を通るときに、どこからの帰国かってきかれたけど、忘れたいところからですと答えたら、 ドイツからですかといわれてしまった。こんな会話をする税関の人って変わったなぁと思った。
 出発は9日で、イングランドvsパラグアイと日本vsオーストラリアの観戦をするツアーに参加した。 自由時間にメキシコvsイランに行きたかったが、チケットがとれずボンやケルンに足を伸ばしたりした。そんな旅のことは分割して書くつもり。 もしこれからドイツに行く人に情報をと思うのは、クレジットカードはICチップ付きの物じゃないと使い勝手が悪かった。 特に電車の切符を自分で買って移動するのなら必需品だ。スーパーも磁気だけじゃ使えないところがあった。

 ツアーだったのでバスでカイザースラウテルンへ移動した。バスの駐車場は離れていてパークアンドライドになっていたので、 シャトルバスでスタジアムに向かうことになった。4時間くらい前だったが、もう青いユニを着た日本人でかなりの行列を作っていて、 あの嫌な宮城を思い出すことになった。シャトルバス待ちの列にいるときにテレビカメラと一緒に動いていた巻パパ・ ママに気がつき思わず声をかけてしまった。その後ろにはアレックス・パパや遠藤ファミリーもいたりして、 家族でもシャトルバスを使うんだと思ってしまった。 ようやくシャトルバスに乗れておろされたところはスタジアムからちょっと距離のありそうなところだった。 まだ時間があるので街のファンフェスタの会場の方に向かった。 サッカー選手の像のところからすでにカンガルーの人形を肩に乗せたオージーたちや青い代表ユニの日本人であふれかえっていた。 あちらこちらで日本やらオージーやら叫び声が起きて、W杯に着たという実感がわいてきた。おまけに知り合いに会ってしまって、 誰かに会いそうな気がしていたが実際にあうとちょっとした感動ものだ。もっともこちらの知り合いは2週間の滞在予定で、 日本戦3試合を観戦するうらやましい人たちだ。いろいろ見ていきたかったが、人が多すぎでスタジアムに向かうことにした。 スタジアムに向かう途中で、サイレンの音とともに日本代表を乗せたバスが通っていった。窓から見えた稲本は笑っていたし、 俊輔は自分の世界に入っていたり、巻も普段通りの感じでいよいよだと盛り上がってきた。
 スタジアムの入り口では荷物検査とチケットチェックがあったが、 それほど厳しくなくイングランド戦の時チェックに引っかかったカメラも持ち込めた。適当に混んでいるところの方がチェックが甘いようだ。 もしくはチェックする人によるところが大きいかもしれない。チケットチェックでは機械にICチップを読み取らせる関係で、 ICチップの状態で引っかかることがあるらしい。このときにパスポートをチェックするとのことなので、パスポートは各自持つ必要がある。 ただひっかかってもパスポートをチェックして入ることができると、引っかかったツアーの人が言っていた。無事入場すると、 グッズの販売所は長蛇の列だし、ビールはバドだし、プレッツェルは高いし、最低限必要な水だけ買って席に着いた。 この飲み物のカップリユースカップで1ユーロのデポジットが掛かっているので、返すかおみやげか考える必要があると思う。 席に着くと周囲が騒がしくなったと思ったら、久米さんが1ブロック前の席に着いていた。いわゆるサポーター席ではないのでミックス状態で、 じゃまなところに立っていた人を怒鳴りつけたら隣のオージーに感謝された。

 試合内容はいろいろ言われているのでもいいかなと思う。ただ暑さの中で先制し、 追いつかれたときにどうするのか決断すべき時にできなかったのを見守るしかなかったのはつらかった。 巻でも玉田でも使われていたら良かったが、小野ではなく稲本だったらまだ納得できたと思う。 近くの日本サポは巻を出せと叫んでいてうれしかったが、アップの姿が見えてはいても使われないだろうと思っていたので、 背中のMAKI11の文字が切なかった。後半電池切れの高原・柳沢や削られて動きの悪くなっていた俊輔、 ボランチ向きの動きではなかった中田あたりを見ると早く動けるやつを入れろと怒鳴り続けていたような気がする。小野の動きを見たときには、 前掛かりすぎでどうなっているのか分からなくなってしまった。大黒の投入時は今更4バック変更して、 また前入れて遅すぎるとしか思えなかった。良かったのはアレックスぐらいだった。逆転されて追加点まではいるとさすがに愕然として、 悔しくって泣きそうになった。試合が終わるとオージーたちのカンガルーや手に持ったいろいろな物が空に舞い、 自分らはいすに座りがっくりときた。選手達の挨拶はただ立って見ていた。がんばりは分かるのでブーイングはできないし、 かといって拍手もできないそんな状態はつらかった。 席を立って階段までくると近くの席のオージーのおじさんがうなだれる日本サポの肩をたたいていたのも、ちょっと悲しかった。 これから陽気なオージーとシャトルバスに乗り、ホテルでも呉越同舟かと思うと気が重たくなった。俊輔のゴールが決まったときは、 いけると思っただけに結果は残酷だった。

 

2006.06.09

頑張れ日本!頑張れ巻誠一郎!

これをきて日本対オーストラリア戦を思いっきり応援してきます。
これからドイツに向かって出発だ!

とりあえずセレッソを破り準決勝へ

2006.6.8   ナビ杯準々決勝2ndレグ フクアリ

ジェフ千葉   vs    セレッソ大阪

   3              2

得点者 ジェフ千葉   山岸   マリオ・ハース×2

     セレッソ大阪  柿本   古橋

 やっぱり余裕があると、どうしても緩くなってしまう物なんだろうな。前半の立ち上がり、 守備がゆるくて長居の1stレグを思い出させる内容だった。それでもちょっとしたプレーで、 セレッソのディフェンスが混乱しているというか自信がないのか、マークが簡単にはずれる不安定さを見せていた。 攻撃的には点を取るのが見えていたが、守備はどうしたいのかはっきりしていないようだった。 そこを上手く使えていたのが山岸の1点目だったようだ。山岸が決めたのは分かっていたが、アシストが水本だったのを家に帰って知った。 ここ最近の水本は結構良いタイミングであがっていて、この前のセレッソ戦でミドルシュートを打っていたりして、得点しそうな感じがしていた。 去年の結城といいストヤノフの攻撃参加に刺激を受けて、あたらしい表現の方法を学んでいっているらしい。今日は2アシストということで、 水本が得点できるのもそろそろかなぁ。そのあと、マリオ・ハースが立て続けに2ゴールを決めてこれで決まったという感じがしていた。 パスもおもしろいようにつながって、余裕があるように見えると興味はベンチ入りしている青木の交代はあるかという点になっていた。 ただ油断もあったように見えて柿本と古橋に決められてしまった。この得失点では青木の投入にはリスクもありぐだぐだな試合は、 交代では入った中島、楽山、工藤ともさえないまま終わってしまった。

2006.06.07

カップ戦は内容より結果!?(vsC大阪)

2006.6.4        長居スタジアム

  セレッソ大阪    vs    ジェフ千葉

     2                5

得点者 C大阪    ピンゴ  ゼ・カルロス

     ジェフ千葉 マリオ・ハース×3  山岸×2

 前半は中盤の守備のルーズさもあって、セレッソの速攻に後手に回ってしまっていた。 とくに攻撃の起点でもあった山岸のあがった裏を使われてしまうことが多かった。それでいて山岸が内に切り込もうとすると、 柳本とかが体を当ててくるので結構研究されているなと思った。マリオ・ハースのワントップということもあり、 前線でのキープがあまり期待できない中、それでも前半に同点で折り返せたのは大きかった。
 この試合のターニングポイントは、西澤の退場にあったことは明らかだった。 ボールとは関係のない場面でのポジション争いの競り合いで斎藤大輔と西澤のファールがあった。 大輔にはイエローで競り合いの後乱暴な行為があったということで西澤は一発レッドで退場となった。 このあたりのことは現地ではよく分からなくて、ビデオのレフェリーのジェスチャーでようやく分かった。 この後攻撃の拠点をなくしたセレッソは厳しい場面が増えるが、それでも一筋縄でいかないのがこの日のジェフで、やっぱり甘い中盤の守備から、 クルプニさぼるな!とおもったらもうペナ内で古橋のボールキープを大輔が引っかけてPK&大輔退場。このPKを決められて2- 1にされてしまった。ただその後10対10になってからのジェフの攻撃は見事だった。 ただこのPKの前に水本に代えて水野がはいっていたのでDFはストヤノフ一人になってしまった。その分坂本・ 阿部が下がることで対応していた。この守備の状況をセレッソがどう突っついてくるのかと思ったら、 森島に代えて柿本だったのでちょっとほっとした。その後徳重が入ってくるのを見て順番が違ったかな。
 ジェフの方は交代がうまくいっていた。マリオ・ハースが同点ゴール決めた後、クルプニに代わって楽山がはいり、 どうするのかなと思ったら山岸がFWに変更されマリオ・ハースと2トップになった。この変更にキターとなっていたら、 すぐに山岸がゴールを決めた。そしてまた山岸がゴールを決めても攻撃は最大の防御状態のジェフは追加点をねらっていたので、 ハットトリックはどっちだと盛り上がってしまった。マリオが何回か決定的なのをはずしたのも愛嬌かなと思える余裕もあって、 結局マリオがハットトリックを決めたときにはほっとした。これでアウェイゴールルールを考えるとかなり優位に立ったことになった。

 試合後大阪からの帰りは、選手と同じ飛行機になった。空港で山岸にサインをもらって、ゴールがすばらしかったと話しかけた。 またそばにいた斎藤大輔に今日は大変でしたと相方が話しかけると、笑って答えてくれたのでやっぱりチームの勝利が一番なんだなぁと思った。 しかも席まで選手とスタッフに囲まれてしまって、のどかな雰囲気の機内でやっぱり勝てて良かったと実感した。 席に着こうとしたマリオにナイスゴールと声をかけるとウインクをして返してくれた。やっぱりストヤノフ、 クルプニと併せて彼らはテンションたかすぎ。機内でも笑わせてもらいました。羽田に着くと今度は代表のマルタ戦が気になるらしく、 あちこちで時間を確認する声が上がっていた。早着していたこともあって、マルタ戦は家でしっかりみる事ができた。 ただこのセレッソ戦の楽しさは代表戦にはなかったし、巻の動きにくそうな表情や連携の状況を見ると寂しかった。

Continue reading "カップ戦は内容より結果!?(vsC大阪)" »

« May 2006 | Main | July 2006 »

March 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ