« 巻千葉マリンで始球式 | Main | A3最終戦 vsガンバ大阪 »

2006.08.07

A3もいよいよ大詰め

 ここまでこのブログをずいぶんサボっていたが、ジェフの試合はず~っと見続けていた。J2も見に行ったりしたが、けっきょく比べるのはジェフのサッカーなわけで、ここが自分の居場所だと実感を深めた。フクアリでの名古屋戦が負けて、どうするジェフといろいろな思いを持って迎えたA3だった。
P1180069
 初戦の蔚山現代戦、職場から直行だったのでとにかくキックオフに間に合うように急いだ。スタンドに着くと黄色くてびっくりした。もっと余裕があると思っていたのでびっくりした。
 メンバーを見ると坂本・山岸がベンチ、結城・中島・楽山がスタメンということだった。そうなると最終ラインは阿部か中島かと友人達と話をした。阿部だといった自分は外れて、中島だった。こんな話をしていたら、近くの席の人からなぜ櫛野がいないのかと質問されたが、これにはよくわからないとしかいえなかった。とりあえずジェフのサッカーをしてくれれば良いなというくらいの気楽さで観戦した。

 結果面白かった。失点はよくあるパターンでミスからカウンターをされてという形でイチョンスに決められたとかあった。それでも攻め続け、走り続けてあとひとつ決められたら最高だったのだがそうならないのもジェフのサッカー。PKをとられての逆境もこれがアジアの対戦とわくわくしていた。立石が止めて神になる!と相方に言ったときそれは無いと一刀両断された。見事止めた時にはいったとおりになったと大喜び。よその思惑なんかに負けないぞ。3-2で勝利して、1戦目を勝利したガンバと並んでこのまま最終戦まで行くかと思っていた。

P1180186
 第2戦は土曜日ということもあって、第1試合のガンバ-蔚山現代から観戦した。この試合のガンバは何がうまく言っていないのかわからないけど、すべてがうまくいかない「駄目なときには何をやっても駄目」状態だったようだ。DFラインの宮本・山口もどうかという場面もあったが、中盤がすかすかでそっちのほうも問題だろう。最初敵の敵はという気持ちがあったので蔚山よりだったが、あまりの失点状況にガンバの応援をしなくてはいけなくなった。イチョンスのハットトリックなんかを見てしまうと、もう見事としか言いようが無くて0-6で終了すると蔚山に拍手を送った。そして最終戦は空気読めよガンバ大阪といってしまいたい。まぁジェフが自分のサッカーをしっかりできれば良いのだ。

 ジェフ-大連はもったいなかった。岡本のプレーが見られたのは良かったし、プレー自体も悪くなかった。ただ前半のメンバークルプニと工藤の組み合わせは動きがなさすぎた。マリオのワントップも、フォローするもう一人の存在の山岸ともかみ合わせが悪くて、がっかりすることが多かった。ただ後半に入る前に誰を代えるという話をして、巻と羽生が足りないと言っていたら後半頭から交代で入った。見違えるように動きが良くなったのでちょっと安心した。楽山が切り込んでPKをゲットしたとき、消極的なプレーが目立って野次が多かったのが賞賛に風向きが変わった。阿部が冷静に決めて流れに乗れるかなと思っただけに、2点目の失点は痛かった。もう少し冷静に中島が対応していれば防げたように見えた分つらかった。巻のゴールで同点にして引き分けとなった分、あの失点が無かったらというたらればの世界にはいってしまった。とはいってもこれで首位になったのだから、次のガンバ戦は勝利して、優勝と行きたいものだ。


 


« 巻千葉マリンで始球式 | Main | A3最終戦 vsガンバ大阪 »

ジェフ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference A3もいよいよ大詰め:

« 巻千葉マリンで始球式 | Main | A3最終戦 vsガンバ大阪 »

March 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ