« ジェフ2年連続でナビ杯決勝へ | Main | とりあえず連勝(ジェフvsトリニータ) »

2006.09.25

久々の完封試合(vs京都パープルサンガ)

2006.9.23   J1リーグ第24節  フクダ電子アリーナ

  ジェフユナイテッド千葉    京都パープルサンガ

        2                0

 得点者  ジェフ  巻  阿部

 期待と切なさと疲れといろいろなものが、観戦するジェフサポにとって交じり合うことになったこの試合。先週西京極で見ていて、 このチームで林は生かされるのかなと思った。そう、気になって仕方が無いのが、先発の機会を求めて移籍した林の事だった。 スタメンが発表されると拍手、交代で退くときも拍手(これはちょっとやりすぎじゃないかと思ってやめた)、 みんな林の事が好きなんだなぁと思った。

 でも試合では、そんなことは言っていられない。結城が林のマークに付き止めた。それでも巧みにパスを出し、 裏を狙う姿はさすがだなと思わざるを得なかった。CKのときもキッカーとしてつくと、ニアに落とすかなと冷や冷やした。 でも京都はニアに飛び込む選手っていない感じなんだよな。ジェフのほうは攻め込むもののなかなか決定的なシュートにならない。 京都のGKはかなり当たっているようにも見えた。東京戦のときのコメントで鹿島のサポにへたくそと野次られて悔しかったので、 自分は下手じゃないと頑張ったとあったのを思い出した。その前節の頑張りが、この日も続いていた。やっと得点ができたのが前半25分、 山岸のグラウンダーのクロスを巻がシュートした見事なプレーだった。あまりにきれいなシュートだったので、ちょっとびっくりした。 ただそのあともジェフは攻めるものの得点までは行かない時間が続いた。ただ守備のほうはそれほど崩れていないので、 早く後1点取れればいける感じはしていた。そんな後半24分にPKをゲットする。このときは20日の試合とは違って、 選手のブラインドでよくわからなかったので良いのかなと思った。ただニュースで見たところ、しっかり倒されていてPKだとわかった。 阿部が冷静にきめて2-0。後は完封できれば最高だった。林が引っ込んで田原が入って高さと強さはあるが、 意外性のある動きができる選手がへって楽になった部分もあったかもしれない。山岸とのマッチアップの関係で交代で入った加藤大志が、 ちょっとうるさく思ったくらいだった。岡本もちょっとハンブルする場面もあってドキドキしたが、スーパーセーブもあってしっかりできていた。 パウリーニョを止めていた水本の頑張りもあって、やっと5月3日以来の完封試合であり、監督交代後のリーグ戦初ホーム勝利となった。

 見ていた自分としては20日に勝てたことが大きくて、今日の勝利についてはそれほど執着していなかった。 選手の今日勝てなくては意味が無いというコメントを見て、甘く考えていてごめんなさいと謝りたい気分になった。 これからは上を向いて行くだけだね。

« ジェフ2年連続でナビ杯決勝へ | Main | とりあえず連勝(ジェフvsトリニータ) »

ジェフ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 久々の完封試合(vs京都パープルサンガ):

« ジェフ2年連続でナビ杯決勝へ | Main | とりあえず連勝(ジェフvsトリニータ) »

March 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ