« 久々の完封試合(vs京都パープルサンガ) | Main | 面白い?面白くない? 日本代表 vs ガーナ代表 »

2006.10.02

とりあえず連勝(ジェフvsトリニータ)

2006.9.30    Jリーグ第25節   フクダ電子アリーナ

P1200152

   ジ ェ フ 千 葉        大分トリニータ

       2                 1

 得点者  ジ ェ フ  結城  阿部

       トリニータ  高松

 調子の良い大分か、相性で優位に立つジェフかという戦いになったこの試合、結局相性って怖いなと思う結果に終わった。 どちらもボールを動かしつつ人が走るというサッカーで、相手の持ち味を消して自分達がどれだけ動けるかという対戦になった。 そういう意味で前半はがっぷり組み合った中で、少しだけジェフのほうに流れがあったけれど、 肝心なところでシュートを打てずに機会を失っていた。ゴール前で変に手数を掛けて、 巻までもシュートを打たずにパスをしたときにはものすごくがっかりした。 巻はとくに前半入らないファールをしてイエローカードをもらった後も、あぶないタックルをして注意ですんだからいいようなものの、 エネルギーの使い方をどこか間違ってしまっているようにみえた。 前半の終わりごろの岡本の判断の甘さからCKにしてしまったりとだんだん流れが大分に傾いていきそうだった。

 後半大分の深谷のクロスのクリアーにジェフの選手がかぶってしまって、後ろにいた高松にシュートを決められてしまった。 その後のジェフの動きは精彩を欠いて、ボールをカットして前に持ち出しても周りが走らずチャンスをつぶす場面が目立った。 大分の梅崎や高橋にひっぱられて下がり気味になっていたとはいえ、このまま0-1で終わりたいのかと怒鳴りたくなる動きの悪さだった。 そんな時間帯を何とか越えて、マリオハースが入って巻とのコンビネーションが良くなって、回りもうごけるようになったのが大きかった。 水野のFKから阿部がつぶれたところに結城が入ってボールを押し込んで同点。結城のJ初ゴールをやっと見ることができた。 そのあとまた水野のFKから巻が倒されてPKをゲット。このあといろいろもめて時間がかかったので、 阿部の様子が気になったが落ち着いていたので安心した。阿部がPKを決めて勝ち越し。 いくら攻めているからこそPKももらえるとポジティブにいこうと思うが、3戦連続で決勝点がPKというのはちょっとすっきりしないな。 次はすっきり勝ちたい。それにしてもこのいざこざの時間があってロスタイムが長引いたとは言っても、 手元の時計で50分を越えるとさすがに長いと文句を言いたくなった。しかも最後のFKのとき審判は急げというが、距離不足は明らかだし、 という狭間でのイエローカードは本当につまらないものだった。しかもこれでマリオはサスペンションだし、 今節サスペンションの羽生のカードも原因はつまらない遅延だったことを考えると、 空気を読んでもっと利口な立ち回りをしていくべきではないだろうか。

  

 

« 久々の完封試合(vs京都パープルサンガ) | Main | 面白い?面白くない? 日本代表 vs ガーナ代表 »

ジェフ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference とりあえず連勝(ジェフvsトリニータ):

« 久々の完封試合(vs京都パープルサンガ) | Main | 面白い?面白くない? 日本代表 vs ガーナ代表 »

March 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ