« 優勝報告会にも行ったよ | Main | 今更何を・・のアルビレックス新潟戦 »

2006.11.10

ピッチ上で寝るな! 天皇杯 vsコンサドーレ

 2006.11.8     天皇杯4回戦   フクダ電子アリーナ
Img_0936

  ジェフ千葉         コンサドーレ札幌

    0      -         1

 得点者 ジ ェ フ
      コンサドーレ  相川

 それにしても、コンサドーレには勝てない。2年前の室蘭の出来事が、試合前からずーっと頭の中から消えなかった。アウェイで味わった屈辱もかなりの物だが、今日の敗戦は5回戦でもフクアリ開催があるだけにつらい物になるだろう。ただ自分は負けた物は仕方ないと割り切って、岡山の桃太郎にでも行ってこようかなと思っている。

 立ち上がりからしてジェフのプレーぶりは最悪だった。きっちりマークを付けてカウンターをねらってくる、コンサの術中にしっかりはまっていった。きっちりマークをしてくる相手に、パスをゆったり回しているようでは詰められてミスをしてしまうのが落ちだ。特に詰めるところをしっかりやっていたコンサドーレの芳賀や大塚のプレーが光っていた。DFの曽田も巻をしっかり押さえていて、ジェフの攻撃をしっかりつぶしていた。ジェフの方はときおりサイドチェンジを交えて大きくプレーをすることもあったが、基本は細かいパスを回すポゼッションサッカーになっていて、足下にばかりパスをして、カットされてカウンターという状態から抜け出せないでいた。水本の故障による交代も影響がなかったとはいえないが、動きは鈍く運動量でもコンサに負けていた。
 柳下監督はジェフは前半20分ぐらい間で寝ていたといったが、後半30分ぐらいまで寝ていたのではないかという感じがした。後半20分過ぎぐらいの守備をしなくてはいけない場面でジェフの選手数人の前をボールが転がっていって誰も動こうとせず、コンサの選手が詰めて攻撃をつないだということがあったときに今日は本当に駄目なんだと思った。もうこいつら何でここにいるのか分からなくなっているのではないかとあきれてしまったぐらいだ。追いつめられたときのアイディアの不足はかなり深刻で、DFとGKの間にボールを入れてくる、コンサのプレーの的確さが目立った。ジェフの方こそこういうプレーをしなくてはいけないのに、相変わらずのボール回しが続いた。何回かあった惜しい場面が入っていればという感じもしたが、負けるべくして負けた試合だった。結局この1年間林の空白を埋められないままなんとかやってきただけだったのかもしれない。これからのリーグ戦は順位を上げることも必要だが、それよりも今の中心選手の15・6人の次の選手達にチャンスをあげてそだてることも必要だと思った。

« 優勝報告会にも行ったよ | Main | 今更何を・・のアルビレックス新潟戦 »

ジェフ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ピッチ上で寝るな! 天皇杯 vsコンサドーレ:

« 優勝報告会にも行ったよ | Main | 今更何を・・のアルビレックス新潟戦 »

March 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ