« ジェフクラブ市原臨海にFC琉球をむかえた | Main | ガンバ大阪vsジェフ千葉 万博 »

2006.11.18

アジアカップ予選 日本vsサウジアラビア

Img_1106
11日のJリーグでの試合ぶりから、日本代表なんて辞退してしまえ!と思ったが、世の中そういうわけにも行かない。結局ジェフからは巻・阿部・羽生・山岸が選出された。もっともこちらはジェフから選ばれようがお構いなく、仕事の方を調整して札幌に向かった。朝早い飛行機で行ったので、試合前の時間どこに行こうかと考えて、結局円山動物園に行くことにした。雪が降るかもといわれた状況では、さすがに動物園に人は少なく元気なのはカラスばかりだった。暖房の効きまくった展示舎というのも、さすが寒い北海道らしい。

 ホテルにいったん戻って、少し休んでから札幌ドームに行こうとすると、このホテルがサッカー関係者の宿泊するホテルらしく、小野さんが記者に囲まれてたり、FIFAと背中に大きくかかれたジャージを着た審判団が移動するところだったりしてそれだけで盛り上がってきた。記者会見もこのホテルの宴会場でしていた。

 Img_1182
予想された通りのスタメンで、巻と我那覇の2トップ今野、闘莉王、阿部の3バック、鈴木啓太のボランチとジェフのシステムとほぼ同じなのでどうしても比べてしまう状況から離れなれない。代表でもワンボランチのフォローでききれないところをサウジが攻めてきていて、やっぱりワンボランチは難しいと思った。特にこの日は中村憲剛とアレックスの関係が守備の時に整理されていなくて、本当に鈴木啓太の孤軍奮闘ぶりが目立った。ただ攻撃の時にはパスがしっかりと回るので、全体的には悪く見えないかもしれない。ただ攻撃の時も中村憲剛が下がり気味なので、前でボールを納めてサイドにはたくといった組み立てを巻がすることになっていた。これは巻がこの不調ぶりを打開するのはゴールしかないと応援していた立場では、ゴールできそうもない感じがして少し悲しかった。この日の巻はシュートも積極的に打って1点目に絡んでいたり、うまく?スルーしてつぶれていたりとあったが、印象に残ったのはここまで戻って守備していたか!という地味な場面だったりした。
Img_1222
3-1になって山岸がアレックスに代わって入って、少しは動きの良いところ見せていて、今度は中村憲剛に代えて羽生を入れて巻に得点をとらせる巻シフトだ!なんて盛り上がっていたけれど、我那覇に代えて高松、巻に代えて羽生となってちょっと残念。高松がせっかくゲットしたPKも蹴りたがりの闘莉王が行って、はずしそうな雰囲気のままキックに行きステップでそれがはっきり分かると怒鳴る準備に入っていた自分がいた。蹴った瞬間上に行ったのが見えてすかさず「馬鹿野郎!」。ネタとしてはいいのだけれどという展開で試合終了。

 ホテルに帰る前にラーメンでも食べようと思ったのだが、札幌駅近くで10時過ぎにやっている店というのもそう思い浮かばず、結局いつもの「味の時計台」でみそラーメンを食べた。「味の時計台」は関東の行動している地域にもあるので、ありがたみが薄れてきている。それでも札幌のはやっぱりおいしいなぁとしみじみ感じた。次の日は帰るだけなので、北海道らしい物は結局これしか食べることができなかった。帰りの新千歳空港で話題になっていて興味津々の「じゃがポックル」が買えたので、これが最大の収穫だったのかもしれない。

« ジェフクラブ市原臨海にFC琉球をむかえた | Main | ガンバ大阪vsジェフ千葉 万博 »

ジェフ」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アジアカップ予選 日本vsサウジアラビア:

« ジェフクラブ市原臨海にFC琉球をむかえた | Main | ガンバ大阪vsジェフ千葉 万博 »

March 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ