« とか言ってた(BlogPet) | Main | 無駄な時間にならなければ良いが(ナビ杯vs神戸) »

2007.04.24

内容はどうでも勝ち点3

 2007.3.21   フクダ電子アリーナ 

 ジェフ千葉 1 - 0 大宮アルディージャ

Img_0067

 前日岡本のリザーブズ行きが告知されて、ちょっとびっくりした。しかしその前の練習試合で立石を起用したこと、アマル監督の 「何かを変えなくてはいけない時期」と言うコメントが新聞に載っていたので当然だと思った。リザーブズも単なる若手の挑戦の場だけでなく、 調整の場にも使うようになると言うことなのだろうか。岡本のとっても、前に出ることに不安もあって、 プレーの不安定さが大きくなっていただけに、自分らしいプレーを取り戻す良いチャンスになるはずだ。

 この日の大宮は主力が欠け過ぎだった。小林大悟や藤本主税、吉原宏太がいなくて良かったと言う場面がかなりあった。 サーレスのワントップはいかにも苦肉の策という感じで、その周りの橋本や小林慶行、西村のフォローも上手く整理されていなかった。 それでジェフはDFでボール回しができてしまっていた。 本来ならこのDFのボール回しの間に中盤やFWが動いてスペースを作る動きをしているはずなのに、 動くのはせいぜい羽生と工藤くらいでラインの押し上げも含めて動きが足りない状態だった。前半は特に中途半端にボールをもててしまうことで、 攻撃に積極性が見られずシュートで終わって欲しい場面もシュートがなくて、もしかしたら大宮のペースなのかと心配になった。

 実際後半に大宮は積極的に交代をしてきて、気がつけば前線に背の高いのが3人。どうするのか見え見えな状況だけれど、 ジェフの方は守備しなくてはとばかり、下がりまくってだれもボールの出所を押さえる意識が薄すぎだ。放り込みに弱いのは、 ボールの出所をしっかり押さえようとしないのが大きいと思っているので歯がゆかった。 選手交代でサイドバックになっていた西村がロングボールを蹴るというジェスチャーをして蹴っているのに、 好きにさせることはないだろうと目の前だけにイライラしていた。2,3回もやるとさすがに山岸が上がってきて、止めに入ってきたけれど、 もっと早く気がついて欲しい。そういう判断も選手でしっかりできるようじゃないと失点は減らないよ。 交代で入った斎藤大輔のDFでボールをカットされるミスも、失点にならなかったから良いけれど勘弁して欲しいなとぼやいてしまった。 それでも立石の起用はコーチングも含めて安心して見られたし、DFも放り込みにしっかり耐えられたのは良かった。

 水野のミドルシュートからこぼれ球に羽生が追いついて工藤のオーバーヘッドでゴール、という一連の攻撃に粘りはすごかった。 攻撃の柱が羽生の運動量だったり、水野の突破、それに工藤が絡むことと言うのがはっきりした。ただ巻のワントップだとつぶれ役ばかりで、 得点できる気配がないので余計にそう思ってしまうのかもしれない。ただ羽生や工藤は下がってしまうことが多いので、 巻が孤立してしまう場面も目立つので2トップの方が得点機会が増えそうな気もする。そうすると山岸ももっと積極的に突破をはかって欲しいな。 そのためにはDFの押し上げも必要だし、全体的に運動量がないとできない。なかなかジェフらしいサッカーを進歩させる道は険しいものだ。

 つぎの川崎フロンターレ戦では、しっかり動いて守備にも攻撃にも積極的なジェフのサッカーが見られるかな。

« とか言ってた(BlogPet) | Main | 無駄な時間にならなければ良いが(ナビ杯vs神戸) »

ジェフ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 内容はどうでも勝ち点3:

« とか言ってた(BlogPet) | Main | 無駄な時間にならなければ良いが(ナビ杯vs神戸) »

March 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ