« 内容はどうでも勝ち点3 | Main | 惨敗から何を学ぶ?(vsFC東京) »

2007.05.12

無駄な時間にならなければ良いが(ナビ杯vs神戸)

 このタイミングでの久々の書き込みとはと、がっかり気味になっているところ。GWは最悪だった。風邪を引いて、 スタジアムで大声あげて悪化、良くなるどころか悪化させると言う繰り返しだった。それでもスタジアム通いは止めなかった。 日頃スタジアムに行かないと病気になると公言してはばからない人間なので、やっと治って人目を気にしなくて良くなったのはとてもうれしい。 こんな事を書くこと自体終わっているなぁ。

 そんな最近多い風邪引きを悪化させるような内容だったのが、このナビ杯の神戸をホームに迎えた一戦だった。スタメンに青木・ 新居の2トップ、右に朴、左に楽山トップ下に工藤という感じで、サブ組が中心の攻撃陣にほとんどいつもの守備陣という構成で臨んだ。 立ち上がりからがっかりすることが多くて、新居や青木を生かそうというアイディアのあるプレーが見られずに、 ひたすらDFや中盤でパスを回し、サイドにボールを出してドリブルというプレーの繰り返しだった。そうやって手数をかけるから、 ゴール近くにボールを持ってくるとスペースがなくて下げるか、無理矢理シュートしか選択がなくなってしまう場面が目立った。 もっとも無理矢理のシュートすら打つことが少なくて、ただボールを回すことしかできなかった。見ている方もストレスがたまるし、 やっている方もたまるのか下村が切れてイエローカードを食らっていた。ハーフタイムにそんな下村に落ち着けと言っていたのが、 水野だったのにはちょっと笑えた。

 サッカーがひたすらボールを回すことでポイントを稼げるのなら、この試合はジェフの勝ちだっただろう。 だがサッカーはゴールに入れてこそ得点になる。そのことをしっかり実践したのは、神戸の方だった。 ポイントは大久保の投入と前線からのプレス。ハードワークをすることで少ないチャンスをものにした神戸と、結局巻・羽生・ 水野がいないと駄目なチームだと言うことを露呈させて、しかも後手に回ったためにすべての歯車が狂ってしまったジェフの差は大きかった。

 この試合でナビ杯予選突破を決めて欲しかったサポーターと、 主力を温存させたチームの温度差が大きかった分敗戦後のスタンドの荒れ方はひどかった。 この結果ナビ杯の次は必ず勝たなくてはいけない試合になったし、リーグ戦のFC東京戦も主力温存した以上結果が求められることになった。 そして予選突破して、リーグ戦も勝ってこそこの試合に意味があったことになるが、 うまくいかなかったら自分で首を絞めたことになり1試合を無駄にしたことになる。それはこの試合のために駆けつけたサポにとっては、 もっと意味のない時間過ごしたことにならなければ良いなと思う。

 一番印象に残ったのが、巻がとてもつらそうにサポに頭を下げていた場面というのではあんまりだ。

« 内容はどうでも勝ち点3 | Main | 惨敗から何を学ぶ?(vsFC東京) »

ジェフ」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 無駄な時間にならなければ良いが(ナビ杯vs神戸):

« 内容はどうでも勝ち点3 | Main | 惨敗から何を学ぶ?(vsFC東京) »

March 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ