« ここからまたがんばろう | Main | 迷走は続く・・・ »

2007.06.11

ポストイビツア・オシムは混迷期

 「湾岸対決 勝つのは昼も夜も横浜だ!」というイベントは、あおり文句の通り横浜の完勝となった。 まぁ昼の野球は一発に沈んだ感じで、しょうがないかなと思った。ただ、夜のFマリvsジェフは結果は1発に沈んだとは言っても、 こちらはちょっとひどかった。

 アマルのやろうとしているサッカーが、ジェフに合わないのではないかと思っている。 今の選手構成でポゼッションサッカーができるのかという疑問が一番大きい。今の主力メンバーはボールを主体的に動かすというよりも、 使われて生きるタイプがほとんどだ。パスの出し手としての中島や工藤なのだろうが、中島は判断は遅いしミスも多い、 工藤は前で使うにはあたりに弱くキープでの時間を稼げるところまで行かない。このマリノス戦でがっかりしたことの一つは、 左で山岸が3人に囲まれているのに、誰も声をかけずにボールを入れてしっかりボールをカットされたことだ。 そばにいた下村は声をかけるべきだったし、ボールの出し手はオープンスペースにボールを出すべきだった。 それには周辺は動いていないといけないし。なんか本当に去年までのことが遠い昔のように感じる。 どれも少し前にはしっかりできていたことではなかったか。そもそも中島はいままでの走ること重視のサッカーで、 急ぎすぎる周りとは違うリズムでプレーできていたから生きた選手で、 今のように動かなくなってしまうとウイークポイントばかりでてきて相手につぶされやすくなる選手だと思う。 この辺を乗り越えられる選手がいないと、結局パスミスからカウンターを食らって失点のサイクルから抜け出せなくなってしまう。

 キリンカップを見て一番強く思ったのは、ジェフに欠けているピースの重要性だった。ボールをしっかりつないで、 攻撃の基点になる選手がいると、羽生や山岸はこんなに動きが変わるんだと見せられた。 特に山岸はドリブルで積極的に突っかけていくタイプではないので、誰かにボールを預けたがる。 それでバックパスが多いと批判を食らいやすいわけだ。代表のモンテネグロ戦でも同じようにやっていた訳だが、 ここでしっかりフォローしていたのが中村憲剛で、チャンスになりそうな場合は、スペースにしっかりボールをだして突破させていた。 最初は単純にやればできるじゃないかと喜んでいたが、ジェフじゃこういうボールってほとんどでないなと寂しくなった。 コロンビア戦の羽生の動きも、ためてスペースにしっかりボールが出てきたからできたことだ。 補強ポイントはやはりパサータイプの攻撃的な中盤の選手が欲しい。そして何よりもガンバ戦の前半のような攻撃がジェフの持ち味なのだから、 ハーフカウンター主体でやって欲しいと思う。

« ここからまたがんばろう | Main | 迷走は続く・・・ »

ジェフ」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ポストイビツア・オシムは混迷期:

« ここからまたがんばろう | Main | 迷走は続く・・・ »

March 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ