« QooQooは(BlogPet) | Main | がっくり、がっかり、ため息の新潟戦 »

2007.06.20

ジェフ千葉 3-2 ヴァンフォーレ甲府 フクアリ

 試合を終わっての感想は、トーナメントみたいな試合運びだった。肝心な甲府の3トップに3バックで対応していたことに、気がつかなかったというボケっぷりにテンパっていたなぁと思う。試合前のメンバー発表の時自分ではどうしようかなといろいろ迷ったあげく、傍観することになってしまった。監督の時にジェフ千葉コールをしたのは、ゴール裏もかなり考えた選択ではないかとちょっと感心した。そのあとスーパーサッカーのアウェイの女神未央ちゃんを見つけて、また負けフラグがと落ち込んだりいろいろと忙しかった。
 試合も忙しくて、前へとスペースにけり込む攻撃と人数が足りているのか足りないのかよくわからない守備でやっていた。得点もできそうだが、失点も覚悟の試合ぶり。アマル監督の白の麻のスーツ姿とあいまって、こっちのほうが「カミカゼシステム」じゃないのかと見守った。巻の1点目は、ボールキープに粘ってしっかり巻に出した新居のがんばりがすごかった。巻が相手のDFラインのところからシュートしたとき、さすがにGK構えに出ていても無謀じゃないかと声を出しそうになった。さすがにふわっと揚がったボールがゴールマウスに落ちていったときには、信用しなくてごめんと思いながら「まきー!」と叫んだ。正真正銘の巻のゴール。ものすごく欲しかった物がやっと手に入った。その後は追いつかれて、突き放してという攻め合いになった。巻がPKを外しても追加点が取れそうな気がしたので、まだまだいけると思った。時間も早いとまた追いつかれそうな気がしたのも大きかった。羽生の決めた決勝点は勇人にさわれってやったA3の得点を彷彿とさせた工藤の粘りもよかった。そういう一つ一つのプレーに気迫があって、ひさびさに気持ちでも負けていない試合を見せてもらった。

 まだまだ問題は山積中で、どれも解決していないし、代表にまた5人も選ばれて先行きの不安感は強い。これは勝っていくしか解決法はないので、サポも気合いを伝える応援をしていくしかないだろう。

« QooQooは(BlogPet) | Main | がっくり、がっかり、ため息の新潟戦 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ジェフ千葉 3-2 ヴァンフォーレ甲府 フクアリ:

« QooQooは(BlogPet) | Main | がっくり、がっかり、ため息の新潟戦 »

March 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ