« 日曜はサッカー三昧 | Main | 残念なU-20W杯&やっぱり高原アジアカップ »

2007.07.10

アジアカップ カタール戦

 芝が深くてボールが思うように転がらないのを見て、これは結構難しい試合になるなぁと思いながら見ていた。高原のワントップという布陣もより難しくしているようだった。中盤に憲剛・俊輔・遠藤とボールをもてる選手をおいたことも、中途半端なボールキープができていざ!というときにスピードが上がらない原因にも見えた。動きの良さを見せていた山岸も本当のところこのタイミングで欲しいなというときに、ボールをキープされてうまくかみ合っていなかった。そのうえ突破を試みていたのが山岸ぐらいというのもどこか単調で、もっと前後のポジションチェンジをして揺さぶって欲しいと何度も思った。ただ今野がオーバーラップしてくるようになって、変化が出てきたので得点につながったクロスの時にはきたーという感じがして、テレビに向かって山岸止まれ~って叫んでいた。本当に山岸が止まってできたスペースをボールが通って、高原が決めた時には肩の荷が下りた感じがした。逆に阿部がファウルをして失点した場面の前のプレーのヘディングの応酬では、しっかりつなぐ工夫をして欲しかった。ファウルの場面ばかり取り上げられるけれど、そうなるには原因があって今回のヘディングのやりとりが、しっかりリスクをコントロールしなくてはいけない時間でどこか軽率だったのではないか。
 采配という点でもシンプルな攻撃の方がよい時間帯には、巻や矢野といったターゲットにもなる選手を入れていたらしっかりと攻撃ができたはず。山岸を下げて羽生を入れて運動量という面ではよくなったが、前線でボールをキープできる場面が減って、羽生の運動量を本当の意味で生かすことができなかったように見えた。どういう風に調整していくのかが、監督の腕の見せ所だろう。

 それにしても通訳がびびって泣き出したという試合後のミーティングが「人格者」イビツア・オシムの別の姿なんて言われているけれど、ジェフ時代選手を結構泣かせていたのになぁ。それだけ「オシム語録」を薄っぺらにしか読んでいない証拠だろう。

« 日曜はサッカー三昧 | Main | 残念なU-20W杯&やっぱり高原アジアカップ »

サッカー」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アジアカップ カタール戦:

« 日曜はサッカー三昧 | Main | 残念なU-20W杯&やっぱり高原アジアカップ »

March 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ