« アジアカップ カタール戦 | Main | 試合の終わらせ方 ナビ杯準々決勝川崎vs甲府 »

2007.07.14

残念なU-20W杯&やっぱり高原アジアカップ

 「調子乗り世代」がかみあってここまできたわけだが、流れが自分たちに向いていなくなったときにどうなるかと思いながら見ていた。チェコに2-0とリードしてきて攻め込まれ続けたときに、下がることしかできなかったことにがっかりした。相手はロングボールをけり込んできているのだから、落ち着いて早めにチェックをしてしっかりボールをつないで自分たちのサッカーをやって欲しかった。ここで自分たちのサッカーを取り戻すことができれば、本物だと思っていたのだが我に返ったのが追いつかれてからとは皮肉な物だ。その後の延長でも決めきれず、課題のPK戦で負けてしまった。ここからまた新しいチャレンジが始まる。

 さてアジアカップ。カタール戦の反省もあるのか巻と高原の2トップで始まった。UAEはカタールほどしっかりとした守備でなかったこともあって、結構あっさりと崩れた感じがした。そうはいっても立ち上がりは日本の方が危なっかしくって、簡単にカウンターを食らってしまう場面が続いた。そういう劣勢の中サイドにボールを散らして回していって、高原にピンポイントであわせたボールをしっかりと決めたのはさすがだ。この得点で流れががらっと変わったのも大きかった。前半で3-0とすると、心配なのは相手選手のラフプレーによるけがが気になってくる。多少苦戦してもなるべく早く高原とか俊輔を変えて欲しいなと思った。鈴木啓太が蹴られて負傷退場したときには、1枚交代カードを残しておいて良かった。最後の交代で入った水野がちょっと空気の読めないプレーが多くて、監督に怒られないかなと違う意味で心配になった。ミスから失点したときにはどうなるかと思った時間もあったが、うまく逃げ切れて良かった。これで次につながる結果となった。
 オーストラリアがイラクに負けて、決勝トーナメント進出がピンチになったように、何が起こるかわからないのがアジアカップだなと思い知らされた。

« アジアカップ カタール戦 | Main | 試合の終わらせ方 ナビ杯準々決勝川崎vs甲府 »

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 残念なU-20W杯&やっぱり高原アジアカップ:

« アジアカップ カタール戦 | Main | 試合の終わらせ方 ナビ杯準々決勝川崎vs甲府 »

March 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ