« 上位チームに勝てないなとしみじみじゃなく思う | Main | 俺たちの国立祭り・・・ジェフリザーブズvs横河武蔵野FC »

2007.11.01

失点と得点はあきらめと希望

 20071027_8139

行ってきました、広島に。飛行機での移動だったのだが、広島空港に着くとジェフサポがいっぱいだった。ユニ来て移動する人が増えたなと、近頃の若い者は的な気分でバスのチケット売り場を眺めながら思った。いままでだとちょっとしたグッズだけの人が多かったんだよな。いくつかの目的地の内の一つ横川のゴッドバーガーに行った。ここでもジェフサポがいっぱいだった。広島のアウェーグルメの新定番かもしれない。噂に違わずパテがものすごくおいしくて、単品のハンバーグとしてじっくり食べてもいい感じだった。腹ごしらえもすんで、ビックアーチに。代表戦で来たことはあったが、Jでは初めてで、これで今のJのスタジアムでJリーグを見ていないのは山形と徳島の2つとなった。

 それにしても、1失点目のプレーはものすごくがっくりした。岡本は自分の仲間を信用していないのではないかと言う飛び出しで、齋藤がかわされるのなら自分でいくと言うようにしか見えなかった。自分がかわされたらと言うことは思わなかったのだろうか。せめてゴールマウスをしっかり守る姿勢を見せてくれれば納得もできるのだが。
 GKの岡本、MFの楽山と伊藤がけがや出場停止の選手の代わりに入って、どうなるのかと思っていただけに、なんか今日は駄目みたいと思うのに十分なプレーだった。1点先行されて、攻撃は何となく前に行けているけれど、決定的なところまで持って行けずという焦れる展開が続いた。ただ広島はサイドからの攻撃にさえは多少あっても、中盤が結構緩くて、工藤が積極的にいけているところがあった。その流れは後半もあって、伊藤のワンボランチの守備もサイドにボールを振るパスも余裕が出てきて、結構やれているように見えた。ただリズムが良くなると今度はサイドをあがってからパスを出しそびれた楽山のボールをカットされて、広島がカウンターから駒野がゴールを決めた。いよいよ駄目なら、米倉とかみられればいいやという気分になった。米倉が青木とストヤノフを挟んでの守備の場面とかあったのは、ちょっと複雑な気分だったがよかった。しっかり走り回って、攻撃に積極的に行っているのも、守備の負担が軽かったらいけるじゃないかと進歩も見えた。まぁこのメンバーならこんな物とたかをくくっていたら、あれっというまに工藤から新居とボールが渡り、ゴールが決まった。ロスタイムのことだし、時間との勝負だけどもう1点あるかもとここでちょっと期待を持った。するとまた工藤がチャンスを作って、山岸が抜け出したところでもう1点いただきーと同点にした。この同点の意味をわかっていたので、広島さんごめんなさいだったのだけれど、思いっきり喜んでしまった。中盤を厳しく来るチームじゃなかったのが大きかったかもしれないが、後半の伊藤や米倉のプレーぶりにやればできるじゃないかと期待が持てた。

« 上位チームに勝てないなとしみじみじゃなく思う | Main | 俺たちの国立祭り・・・ジェフリザーブズvs横河武蔵野FC »

ジェフ」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 失点と得点はあきらめと希望:

« 上位チームに勝てないなとしみじみじゃなく思う | Main | 俺たちの国立祭り・・・ジェフリザーブズvs横河武蔵野FC »

March 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ