« 笠松グルメ2008 | Main | 自問自答したかも(BlogPet) »

2008.03.16

2008 Jリーグ はじめの一歩

 2008.03.15     フクダ電子アリーナ

 ジェフ千葉  1  -  2 清水エスパルス

 いろいろあったオフから1から積み上げてきてどうにか間に合ったように見えた開幕戦。ガンバ戦は目指すサッカーをできなかったけれど、引き分けることで、「負けないサッカー」をすることもできるとした。そしてホーム開幕戦を迎えた。

 先発メンバーを見たとき、工藤と馬場の共存はできるのかという大きな疑問を持った。しかもボランチに中島が入ることでセンターライン上に守備の弱い選手が並ぶことにヤバさをかんじた。実際藤本の1点目のミドルシュートは相手があがってきたときに、守備でみんな下がった事で緩いスペースのできたバイタルエリアから打たれた物だった。このときどこかでここから打ってこないだろうみたいな雰囲気が見えたので、しっかりとチェックに行かない事にちょっとあきれた。4-1-4-1の1-4の部分の中盤でどう守備のポジションを取るのか、まだはっきりできていない様子が見えた。とくに馬場と工藤は同じようなリズムでプレーをするので、あがるときには2人で行ってしまうし、下がるとみんな下がってしまって、トップの巻が孤立する状態が続いた。攻撃にしても2人とも軽いプレーが目立つのには、この先が思いやられる。馬場と工藤を横に並べるのではなく、馬場を前で工藤を後ろで使って、2ボランチにしたほうがいいような気がする。それよりもレイナウドとフルコビッチを当てはめていくのだろうか。
 馬場と谷澤の戦術的交代が前半30分にあって、前目で勝負できる選手が入ったことで流れが変わってきた。プレッシャーが前からかけられるようになったし、運動量も上がって走れるようになった。ただこのリズムの良いときにしっかりとゴールに向かうプレーの精度が良くなかった。サイドからのクロスの精度とか、ゴール前のラストパスもそうだし、決めきれなかったシュートの数々、ワントップというシステムって難しいという感じもした。

 いろいろ問題点もあったが、ボスナーや立石のプレーで持ちこたえる場面もあったし。この2人のいない状況は内容に願いたいが、とりあえず今は若い選手を暖かく見守る雰囲気も出ていた。自分はメインスタンドにいるので前半は、マツケンしっかり頑張れ的な声があちこちから出ていた。後半は金沢の初っぱなのミスを心配して頑張れと声も上がっていた。出ている選手を応援して勝たせるという雰囲気でいつまで我慢できるのかという自問自答もあるが、とりあえずこのスタイルで頑張ろうと思う。試合後の挨拶の時の選手たちの悔しがり方が希望である内は、かもしれないけれど。

« 笠松グルメ2008 | Main | 自問自答したかも(BlogPet) »

ジェフ」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2008 Jリーグ はじめの一歩:

« 笠松グルメ2008 | Main | 自問自答したかも(BlogPet) »

March 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ