« February 2008 | Main | April 2008 »

2008.03.18

ジェフリザ 若造vs和多田(FC刈谷)

 JFLの開幕戦はジェフリザーブスvsFC刈谷に行った。気になるといえば国立霞ヶ丘での横河武蔵野の試合もあったが、成田でのおいしいうなぎが頭をよぎり中台にした。

 率直な感想でいえば、和多田はJFLだと強力なFWなんだと実感した。ジェフリザだと川上以外は太刀打ちできなかった。その川上も和多田のパワーにかなり押されていた。より若くなった今年の課題はパワーに負けないこと、負けているときにしっかり自分たちのプレーをすることじゃないかと思っていた。先に失点したことで、竹田とか中原とかがどうしっかりプレーできるのか見ることができると逆に楽しみだった。でも期待はずれだった。竹田は2枚目のイエローで退場になってしまったし、中原もちょっとがんばった上がりを見せたが散発で終わった。軸になる選手がいないチームのもろさばかりが目だった。
 そんな視野にボールボーイをしていた堀川が、ボールを抱きかかえてたそがれながら試合を見ているのが入った。バックスタンド組みがつまらね~という感じでボールをついて遊んでいるのとは対照的で、ちょっと笑えた。早く怪我を治してここのピッチで成果を出して、トップに上がってきてくれよと思った。

自問自答したかも(BlogPet)

きょうQooQooは、自問自答したかもー。

*このエントリは、ブログペットの「QooQoo」が書きました。

2008.03.16

2008 Jリーグ はじめの一歩

 2008.03.15     フクダ電子アリーナ

 ジェフ千葉  1  -  2 清水エスパルス

 いろいろあったオフから1から積み上げてきてどうにか間に合ったように見えた開幕戦。ガンバ戦は目指すサッカーをできなかったけれど、引き分けることで、「負けないサッカー」をすることもできるとした。そしてホーム開幕戦を迎えた。

 先発メンバーを見たとき、工藤と馬場の共存はできるのかという大きな疑問を持った。しかもボランチに中島が入ることでセンターライン上に守備の弱い選手が並ぶことにヤバさをかんじた。実際藤本の1点目のミドルシュートは相手があがってきたときに、守備でみんな下がった事で緩いスペースのできたバイタルエリアから打たれた物だった。このときどこかでここから打ってこないだろうみたいな雰囲気が見えたので、しっかりとチェックに行かない事にちょっとあきれた。4-1-4-1の1-4の部分の中盤でどう守備のポジションを取るのか、まだはっきりできていない様子が見えた。とくに馬場と工藤は同じようなリズムでプレーをするので、あがるときには2人で行ってしまうし、下がるとみんな下がってしまって、トップの巻が孤立する状態が続いた。攻撃にしても2人とも軽いプレーが目立つのには、この先が思いやられる。馬場と工藤を横に並べるのではなく、馬場を前で工藤を後ろで使って、2ボランチにしたほうがいいような気がする。それよりもレイナウドとフルコビッチを当てはめていくのだろうか。
 馬場と谷澤の戦術的交代が前半30分にあって、前目で勝負できる選手が入ったことで流れが変わってきた。プレッシャーが前からかけられるようになったし、運動量も上がって走れるようになった。ただこのリズムの良いときにしっかりとゴールに向かうプレーの精度が良くなかった。サイドからのクロスの精度とか、ゴール前のラストパスもそうだし、決めきれなかったシュートの数々、ワントップというシステムって難しいという感じもした。

 いろいろ問題点もあったが、ボスナーや立石のプレーで持ちこたえる場面もあったし。この2人のいない状況は内容に願いたいが、とりあえず今は若い選手を暖かく見守る雰囲気も出ていた。自分はメインスタンドにいるので前半は、マツケンしっかり頑張れ的な声があちこちから出ていた。後半は金沢の初っぱなのミスを心配して頑張れと声も上がっていた。出ている選手を応援して勝たせるという雰囲気でいつまで我慢できるのかという自問自答もあるが、とりあえずこのスタイルで頑張ろうと思う。試合後の挨拶の時の選手たちの悔しがり方が希望である内は、かもしれないけれど。

2008.03.13

笠松グルメ2008

今年のJ開幕戦は、大阪に行かなかったので笠松での水戸vsC大阪になった。

 水戸は監督が交代して、「新生ホーリーホック」としての門出の試合。去年よりも攻撃的でボール回しとか、プレッシャーとか頑張っていた。しかし守備での大きな欠点もあったし、FWの決定力のなさは相変わらずで、得点できなかった。C大阪は香川の個人技で勝ったような物だった。それでも水戸はこのサッカーを続ける事ができれば、おもしろいチームになりそうな感じだった。そのためには失点してもあきらめないと言うことが必要なのだから、サポーターとチームにはその気持ちを持ち続けて欲しい。

 担々麺で人気の「四川」がスポンサーから撤退してしまった。担々麺のない笠松なんてあり得ないよ。フロントは替わりの何かを提供できるようにして欲しい。

「ALTO」の菜の花ペペロンチーノ(右)とおなじみのパエリア(左)

「ALTO」のパフェ イチゴとキャラメル

 他にも唐揚げとかあったけれど行列がすごくて買うことができなかった。そういった意味でももう少しお店が増えて欲しいのだけれど、開幕戦の5000人が特別ということだと難しいのかもしれない。

2008.03.02

小瀬の空は青かったけど

 

巻が甲府との練習試合に出ると報道されたので、J1の試合では行かなかった久々の小瀬に行くことにした。

 ジェフ千葉

ヴァンフォーレ甲府

   1

   0


   得点者  巻

 基本的にメンバーはちばぎんカップのままで、右のアウトサイドMFが谷澤に替わって米倉に、ワントップが巻にという形だった。フォーメーションも4-1-4-1だった。
 甲府が羽地のワントップということで、このワントップを基本的にセンターバックのエドと齋藤で見ていた。この羽地がいまいちだったので、余裕のあるときはまだ右サイドの松本もあがれたのだけれど、守備で押し込められる場面ではかなりねらわれてしまっていた。他にも中盤の守備で守備のゾーンや役割がはっきりしないことも目立っていたが、甲府の攻撃がパス回しで終わってしまっていたのでさほどピンチに見えなかった。狭いところをつないでいくのはさすが甲府のサッカーという感じだけれど、ワントップの羽地が生きる場面はほとんどなくて得点チャンスになかなかならない。もっとシンプルにサイドからボールをあげたりという変化も必要ではないかと思う。
 この2列目の連携の悪さからトップの巻とスペースが空きすぎて、攻撃ではうまくつながらない事が多かった。2列目がフラットなラインを敷いている必要はないだろうとつぶやくくらい、工藤と下村ともに下がってしまう場面が多く少しいらいらした。この2人の役割とポジショニングは実戦の中で練度を上げるしかないのだろうな。
 それでも青木孝太の突破や下村の積極的な攻撃でどうにか形にはなっていた。下村のシュートの精度が高かったらかなり印象が変わっただろう。巻も最初は動きが鈍くて心配したが、ボレーシュートを打ったりと走っている内にだんだん取り戻してきたようだった。巻がくさびを受けるとサイドが生きると改めて思った。後はとにかくしっかりと攻撃して、得点を決めてくれればとりあえずここまで来た甲斐があるというもの。後半11分に巻が下村からのハイボールをドンぴしゃヘッドでゴールを決めると、お見事としか言いようがなかった。
 ハーフタイムで交代した米倉は右2列目のアウトサイドとしては、まだ攻撃と守備のバランスがうまくいっていない動きだった。米倉と替わった伊藤がボランチにはいって中島と2ボランチにした。そのあと中島にかわって市原が入ったがこの2人はかなりうまくいかなかった。フィードが悪くパスはつながらないし、甲府のパスワークに簡単に振り回されてしまうし、あげく立石に替わって入った岡本にオウンゴールかというバックパスをしてしまう状態。市原にボランチは無理じゃないかと思わざるを得なかった。青木に替わった谷澤のパワーとスピードはさすがだなと思うし、巻に替わった金沢もしっかり前を向いたプレーができてスピードの魅力を引き出せていたと思う。青木良太は合流して間もないこともあって、齋藤と動きの確認をしているのも見えた。やっぱり今年欠かせない選手の印象が強いのがエディ・ボスナー。近くにいた甲府サポもすごいと言うくらいぎりぎりの場面で、しっかりボールをけり出す的確なポジショニングなどで失点を防いでいた。この日無失点にできたのはエディのおかげも大きかった。

 

試合前に観光した武田神社と、試合後の見晴らしの良い温泉と、宝刀を食べてと短い時間だったけれど甲府を堪能した。夕焼けをバックにした八ヶ岳なんてかなり良い眺めでうれしかった。

« February 2008 | Main | April 2008 »

March 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ