« ここにオフ終わり、シーズン始まる~ちばぎんカップ~ | Main | 笠松グルメ2008 »

2008.03.02

小瀬の空は青かったけど

 

巻が甲府との練習試合に出ると報道されたので、J1の試合では行かなかった久々の小瀬に行くことにした。

 ジェフ千葉

ヴァンフォーレ甲府

   1

   0


   得点者  巻

 基本的にメンバーはちばぎんカップのままで、右のアウトサイドMFが谷澤に替わって米倉に、ワントップが巻にという形だった。フォーメーションも4-1-4-1だった。
 甲府が羽地のワントップということで、このワントップを基本的にセンターバックのエドと齋藤で見ていた。この羽地がいまいちだったので、余裕のあるときはまだ右サイドの松本もあがれたのだけれど、守備で押し込められる場面ではかなりねらわれてしまっていた。他にも中盤の守備で守備のゾーンや役割がはっきりしないことも目立っていたが、甲府の攻撃がパス回しで終わってしまっていたのでさほどピンチに見えなかった。狭いところをつないでいくのはさすが甲府のサッカーという感じだけれど、ワントップの羽地が生きる場面はほとんどなくて得点チャンスになかなかならない。もっとシンプルにサイドからボールをあげたりという変化も必要ではないかと思う。
 この2列目の連携の悪さからトップの巻とスペースが空きすぎて、攻撃ではうまくつながらない事が多かった。2列目がフラットなラインを敷いている必要はないだろうとつぶやくくらい、工藤と下村ともに下がってしまう場面が多く少しいらいらした。この2人の役割とポジショニングは実戦の中で練度を上げるしかないのだろうな。
 それでも青木孝太の突破や下村の積極的な攻撃でどうにか形にはなっていた。下村のシュートの精度が高かったらかなり印象が変わっただろう。巻も最初は動きが鈍くて心配したが、ボレーシュートを打ったりと走っている内にだんだん取り戻してきたようだった。巻がくさびを受けるとサイドが生きると改めて思った。後はとにかくしっかりと攻撃して、得点を決めてくれればとりあえずここまで来た甲斐があるというもの。後半11分に巻が下村からのハイボールをドンぴしゃヘッドでゴールを決めると、お見事としか言いようがなかった。
 ハーフタイムで交代した米倉は右2列目のアウトサイドとしては、まだ攻撃と守備のバランスがうまくいっていない動きだった。米倉と替わった伊藤がボランチにはいって中島と2ボランチにした。そのあと中島にかわって市原が入ったがこの2人はかなりうまくいかなかった。フィードが悪くパスはつながらないし、甲府のパスワークに簡単に振り回されてしまうし、あげく立石に替わって入った岡本にオウンゴールかというバックパスをしてしまう状態。市原にボランチは無理じゃないかと思わざるを得なかった。青木に替わった谷澤のパワーとスピードはさすがだなと思うし、巻に替わった金沢もしっかり前を向いたプレーができてスピードの魅力を引き出せていたと思う。青木良太は合流して間もないこともあって、齋藤と動きの確認をしているのも見えた。やっぱり今年欠かせない選手の印象が強いのがエディ・ボスナー。近くにいた甲府サポもすごいと言うくらいぎりぎりの場面で、しっかりボールをけり出す的確なポジショニングなどで失点を防いでいた。この日無失点にできたのはエディのおかげも大きかった。

 

試合前に観光した武田神社と、試合後の見晴らしの良い温泉と、宝刀を食べてと短い時間だったけれど甲府を堪能した。夕焼けをバックにした八ヶ岳なんてかなり良い眺めでうれしかった。

« ここにオフ終わり、シーズン始まる~ちばぎんカップ~ | Main | 笠松グルメ2008 »

ジェフ」カテゴリの記事

サッカー」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

March 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ