« April 2008 | Main | June 2008 »

2008.05.20

プレッシャー(BlogPet)

QooQooは運動するはずだった。
それでプレッシャーシュートしたいなぁ。

*このエントリは、ブログペットの「QooQoo」が書きました。

2008.05.18

やっと両目があいた ジェフvsトリニータ

1ヶ月以上のご無沙汰となりました。知人に会うと勝つまで更新しないのと聞かれてしまう状態でしたが、そこまで深い意味はなく気力の問題というかあまり悪口を書きたくないなと思ったら筆が進まなかった位の感じです。
 試合は見に行っていたし、反省会でいろいろ話をしてクゼ監督のやり方の穴を埋めるのはなんてことも言っていたくらい。そんな中で一つの簡単な処方箋は中盤の底には守備のできる選手、フォアリベロ的な選手をおいてバイタルエリアをしっかりとカバーすること、そのポジションには斎藤大輔が良いのではという考えがまとまっていました。DFとMFの間のゾーンで相手にやりたい放題されて、ミドルシュートも打たれ放題それでも対策の出てこないやり方にものすごく腹が立っていたのです。これくらいのこと何でできないのかと。

 監督が替わって澤入HCの出した答えが同じだったので、うれしかったし、信頼できるという確信も持てたのは良かった。でもそれだったら前の社長が言っていた戦術分析の人というのは何だったんだろうという疑問も出たけれどここまで来てはしょうがないのだろう。そうやってやってきた京都戦の日、持っていた期待以上のものを斎藤大輔のプレーは見せてくれた。今日の大分戦も同じ流れで中盤の底に斎藤大輔、2列目の右サイドに新居、左に谷澤、真ん中に下村、工藤、トップにレイナウドとそんなに布陣的に大きく変えたわけではないのに、プレーぶりは指示によってこんなにも変わるのかとびっくりしました。
 相手の攻撃の芽をしっかりと齋藤と下村・工藤でつんでそこから攻撃を組み立てる、それぞれのラインをコンパクトに保つことで守備の不安を減らすことができたような気がしました。ほかにも攻撃の時などのポジショニングの制約もかなり変わって、選手たちもかなりやりやすくなったのかなと京都戦の時以上におもえたのです。特に青木良太の攻撃参加をみてそんなことを感じられました。みんなやりやすい方に変わったのに、新居はワイドアタッカーという感じでサイドの守備をして組み立てる役割できついのではと思えました。相手が鈴木慎吾だしとかいろいろ心配していたら、切り込んでいって工藤とパス交換して、粘って折り返して、谷澤のゴールのアシストをして見せてくれました。みんながゴールで喜んでいるところ一人ハーフラインで水を飲んでいる姿が、やったぞという自信も見れて良かったです。
 後半疲れもあってかなり下がり気味になって、金崎にちょっとやられすぎたかなという感じもしたけれど、しっかり守り切れて1-0で勝つことができたのは収穫だったと思います。これからも今までの取りこぼしが多かった分、勝ち続けることで帳尻を合わせなくてはいけない状況に変わりはないので頑張っていくしかないでしょう。

« April 2008 | Main | June 2008 »

March 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ